これだけは持っていきたい!沖縄旅行の持ち物まとめ|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > これだけは持っていきたい!沖縄旅行の持ち物まとめ

これだけは持っていきたい!沖縄旅行の持ち物まとめ

2018.04.25更新

一人旅

  • 旅行
  • 持ち物
  • 日焼け

待ちに待った沖縄旅行までもうすぐ!だけど、何を準備すれば準備すればいいんだっけ?とお困りの方に、今回は旅行時の基本的な持ち物や、沖縄旅行ならではの持っておくと便利なおすすめグッズをご紹介します。沖縄旅行が初めての方もそうでない方も、出発前の荷造りの参考にしてみてくださいね!

快適に過ごすための持ち物〜基本〜

コラム記事イメージ1

沖縄旅行も初めてだけどそもそも旅行自体が初めてで、着替え以外に何をもっていけばよいのか分からない、という方も少なくはないでしょう。非日常的な空間は刺激的で楽しい反面、事前に体調を万全に整えていたとしても体の不調やストレスが溜まってしまう場合もあります。無理をせず思いきり旅行を楽しめるように、事前に準備をしておくことが大切です。

・酔い止め薬
沖縄に向かう飛行機の中や、沖縄本島から離島に渡る船での移動中に、乗り物酔いを引き起こしてしてしまうことはよくあることです。酔いやすい人は酔い止めの薬を用意しておきましょう。船に乗る少し前に飲んでおくと効果的です。酔い止めを飲んだという安心感によって、船酔いが軽減されることもあるようなので、事前の準備が大切になってきます。

・胃腸薬
旅行の開放感もあって、おいしい沖縄料理やお酒をついつい食べ過ぎたり飲みすぎたりしてしまう人もいるでしょう。楽しい旅行中に胃もたれや胃痛を抱えてしまうのは避けたいところです。薬を現地で購入することもできますが、普段飲み慣れているもののほうが安心できます。胃腸が弱い人はもちろん普段は胃が強い人も、万が一に備えて用意しておくと安心です。

・虫よけスプレー
沖縄旅行で人気の観光コースには、海や山の美しい自然を体験できるものが多いです。ヤンバルクイナなどのめずらしい生物を観察するツアーやジャングル体験ツアー、カヌーでの川下りなど、一度の旅行ではまわりきれないほどのアクティビティが提供されています。ただし、そういった場所は虫が多いので予防のための虫よけスプレーや、万が一虫に刺された時のための消毒液やかゆみ止めなどを用意しておくと安心です。

快適に過ごすための持ち物〜日焼け対策〜

コラム記事イメージ2

沖縄の紫外線量は本州に比べて非常に多く、日焼け対策をきちんと行わないと肌トラブルの原因になることも考えられます。特に、旅行シーズン真っ盛りの夏は、さまざまなマリンアクティビティを楽しむことができることから、日中は外で過ごす時間が長くなるでしょう。旅行か終わってから肌トラブルで公開しないように、出発前にしっかりと準備して自分の体を守りましょう。

・日焼け止めクリーム
日焼け止めクリームを塗るのは、今や紫外線対策の基本ですよね。
女性は日常的にお化粧と一緒に日焼け止めクリームを塗る習慣のある方が多いですが、そうでない方や男性の多くは日焼け止めクリームを塗る習慣がないのではないでしょうか。塗った後のベトッとした感覚が苦手で日焼け止めクリームは塗りたくない、という方もいらっしゃるでしょう。そんな方には、ジェルタイプやスプレータイプなどの日焼け止めがおすすめです。さっぱりとした付け心地でクリームタイプ同様の日焼け防止効果があるものが、最近ではドラッグストアなどで手軽に買うことができます。自分好みの商品を用意しておきましょう。

・サングラス・日傘
太陽を直接見ていなくても、強い紫外線の下では目をしっかり見開くことも難しい時があります。しっかりと視界を確保するために、移動中はサングラスや日傘などで直射日光を防ぎましょう。

・薄手の長袖シャツ・カーディガン・ストール
簡単に羽織ることができる薄手のものがおすすめです。ストールは顔回りにふわっと巻いて、オシャレを楽しみつつ顔や首の日焼けを防止できます。カバンにしまっても余計なスペースをとることはありませんし、冷房が効いた屋内で寒さを感じた時にも使えます。

快適に過ごすための持ち物〜ビーチ〜

コラム記事イメージ3

・レジャーシート
ビーチで休憩中、砂が水着や服のなかに入ってくるのは気持ちがよいものではありません。そんなときにレジャーシートが1枚あれば、砂まみれとなるストレスをなくすことができます。また、沖縄では「スコール」と呼ばれる突発的な集中豪雨が降ることがあります。急に雨が降ってきた時には、雨避けとしても使うことができます。

・タオル
大きめのバスタオルは体を拭くのに使えるだけでなく、肩からかけることで日焼け対策にもなります。普段使いの小さなタオルもあると、顔や首筋の汗をおさえるのに便利です。

・ラッシュガード
本来はマリンスポーツ用のアンダーウェアで、砂浜や海底に腕や胸が当たって傷つくことを防ぐために、サーフィンをするときに着用したりウェットスーツのインナーとして着るものでした。最近ではパーカータイプのものやパンツタイプのものも販売されていて、体の冷えを防ぐために着用したり、カジュアルなファッションアイテムとして使われることも多いです。日焼け防止グッズとしての役割もあるので、用意しておくと色々な場面で使えるのでおすすめです。

・スマホ用防水ケース
水中で撮影を行いたい場合には水中カメラを利用するのが一番ですが、スマホを防水ケースに入れて使うことも可能です。スマホのボタンが押しやすくなっている商品もあって、その用途ごとに防水ケースの形を選ぶことができます。防水ケースはスコールへの対策にもなります。ただし、商品ごとに防水性能が異なるため、無理な使い方をしないように気をつけましょう。

・ビーチパラソル
ビーチでのんびり海を眺めたりする時に、直射日光を防ぐことができるおすすめのグッズです。ビーチや宿泊するホテルによっては、ビーチパラソルの貸し出しを行っているところもあるので、事前に調べていくと良いでしょう。

「沖縄の気候とおすすめの服装」はこちらをチェック

「子供と沖縄の海を訪れるときに必要な持ち物」はこちらをチェック

旅行 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

観光庁長官登録旅行業第155号/日本旅行業協会正会員
(c) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.