子供と海に行く前にチェック!持っていきたいグッズとは?|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 子供と海に行く前にチェック!持っていきたいグッズとは?

子供と海に行く前にチェック!持っていきたいグッズとは?

2016.11.04更新

女子旅

  • 子連れ
  • 持ち物

夏休みになると、海に行きたいと思う子供は多いですよね。泳いだり砂浜で遊んだりするなど、海には子供にとって楽しいことがたくさんあります。家族で海に行くと、とても良い思い出になるでしょう。しかし、十分な準備をせずに行くと、せっかくの海を楽しめない可能性もあります。重要なのは、持っていくグッズです。海で使うグッズは、プールに行くときと共通のものが少なくありません。ただし、海は人工のプールとは異なる点も多いため、準備が不足しているとケガや事故に遭ったときに困ってしまう恐れがあります。では、子供と海に行くときは、何を持っていけば良いのでしょうか。そこで今回は、最低限必要な持ち物や、赤ちゃんがいるときに便利なグッズなどをご紹介します。

最低限必要な持ち物とは

ニシ浜ビーチ

海には、できるだけ身軽な状態で行きたいと考える人も少なくありません。特に子供がいると、荷物が増えがちなので、最低限の必要な持ち物だけにしたいと思うこともあるでしょう。海に行くのに必須なのは、もちろん水着と着替えです。着替えは泳ぐ場合はもちろんですが、泳がない予定であっても持っていきましょう。砂浜にいるだけでも、海水の湿気や汗で体は濡れてしまいます。濡れた体を拭くバスタオルも必要です。天気が良ければ拭かなくても乾きますが、気化熱を奪われて風邪をひく可能性もありますから、用意しておくと良いでしょう。子供は海と砂浜を往復することが多いので、手軽に拭ける普通サイズのタオルも用意しておくと便利ですよ。そして、日焼けの対策グッズも重要です。日焼け止めを持っていき、定期的に塗りましょう。海に入ると日焼け止めがとれやすいので、ラッシュガードもあると良いですね。砂浜にいることが長い人は、帽子やサングラスもバッグに入れておくと重宝します。また、薄手の長袖があると、日差しを遮るとともに泳ぎ終わった後の体温低下を防ぐこともできるので、おすすめです。

赤ちゃんと行くときに持っていくと便利なグッズ

石垣島

子供がまだ赤ちゃんの場合は、持ち物の準備に特に注意が必要です。赤ちゃんは体が未熟で、できないことも多くあります。そのため、海では大人は多くのことに気を配らなければなりません。しかし、持っていくグッズによっては、その負担を減らすることも可能です。まだオムツを履いている赤ちゃんの場合は、水遊び用のオムツを用意しましょう。普通のオムツと異なり、水に浸かっても膨らんだり重くなったりしにくい構造になっているので、過ごしやすくなります。腕浮輪やライフジャケットもあると安心できます。常に着用させておけば、水に沈むことがないので安全を確保できますし、保護者の心の負担を軽減できます。そして、赤ちゃんを海で積極的に遊ばせたい場合には、ベビーボートを使うと良いでしょう。遊び疲れると赤ちゃんはお昼寝をすることが多いです。タオルをレジャーシートの上に敷いて寝かせる方法もありますが、砂浜の熱がダイレクトに伝わってしまうので、携帯できる折り畳み式のベビーベッドを持っていくのがおすすめです。

ケガや事故に遭う可能性も踏まえた荷造りを

離島

海で遊んでいると、運悪くケガをしてしまうこともあります。その対策を考えて、荷造りすることが大切です。たとえば、サンダルがあれば足のケガを防ぎやすいです。プールとは異なり、砂浜にはさまざまな物が落ちています。尖った石のような自然物やガラスのような人工物など、危険な物も多いです。素足で踏むと出血したり、それにより感染症にかかったりする可能性があります。そして、ケガや事故に遭った後のケアを想定することも重要です。絆創膏やガーゼ、消毒液などを携帯しておきましょう。ケガがきっかけで発熱することもあります。その場合、体温計や熱さましの薬があると心強いです。発熱すると脱水症状になりやすいので、飲み物も多めに用意しておくと安心です。また、事故に遭った場合などに、病院で受診する可能性もありますから、周辺の病院の場所や電話番号をメモして持っておくと、いざという時には重宝します。子供の保険証や母子手帳を持っていくのも忘れてはいけませんよ。

」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

Copyright (C) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.