沖縄旅行に役立つ気温と服装まとめ(出発月別) | 沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー>沖縄旅行に役立つ気温と服装まとめ(出発月別)

沖縄あれこれQ&A

月別に分かる沖縄の気温と服装
Okinawa's temperature & Recommended clothing

沖縄の特徴的な気候
Weather and Climate in Okinawa

沖縄の春

沖縄の春

沖縄では3月になると気温が上がり始め、4月にかけて草花が芽吹いて春の季節が到来します。気温とともに日差しが強くなるため、この時期から日焼け対策を考えなければならないでしょう。4月の平均気温は21.4度と国内の他地域に比べて高めです。冬の寒さは遠のき、高温多湿の夏本番までは期間が空いている過ごしやすい時期といえます。観光のピークである夏をあえて外して、沖縄をゆっくりと見てまわりたいという人にはおすすめの季節です。日中は半袖でも問題ない日が多いですが、寒い日もあるため長袖を用意しておくとよいでしょう。4月には宜野湾市で日本一早い花火大会「琉球海炎祭」が開催されます。琉球海炎祭を見に行くツアーなども多く発売され、毎年見に行く観光客も少なくありません。

沖縄の梅雨

沖縄の梅雨

沖縄の梅雨入りは、ちょうどゴールデンウィークが終わる5月上旬です。梅雨明けは6月下旬になります。梅雨の間も気温は夏に向けて上昇していき、平均気温は5月が24度、6月が27度と、海水浴やマリンスポーツを楽しむには十分な温度です。沖縄旅行は7〜8月がピークですが、その混雑期を外して梅雨の時期にマリンスポーツなどを楽しむ人も多いです。梅雨の時期になると、本州の多くの地域では1日中雨が降っていることもめずらしくなくなります。しかし、沖縄においては、雨が降っている時間帯もあれば、晴れ間がのぞいている時間帯もあるといった具合です。雨の降り方も違っていて、スコールのようにザァーと降ったかと思えばすぐに止み始め、いつの間にか晴れていることもよくあります。普段との天候の違いを楽しみつつ、折り畳み傘や河童などを用意して突然の雨にも対応できるようにしておくと良いでしょう。

沖縄の夏

沖縄の夏

梅雨が明けて7月になると、沖縄は平均気温が29度まで上がって夏本番の陽気となります。海水浴やマリンスポーツには最適の季節です。7月半ばまでは台風が比較的少ないため、観光するにもよい時期といえます。日差しが強く、日焼け止めクリームや肌の露出をおさえる長袖の用意など、日焼け対策を万全にする必要があるでしょう。8月の平均気温は28.7度、最高気温は31度を超えてきます。実は7月のほうが平均気温は高いのですが、これは8月に多い台風の影響です。沖縄の8月は、7月と比べても蒸し暑く、日差しは強いといえます。沖縄の蒸し暑さには、海から絶えず風が吹いてくるためにあまり湿気がこもらないという特徴があります。気温も東京などと比べると低めで、本州から沖縄にやって来て、過ごしやすいと感じる人もいるでしょう。ただし、過ごしやすいといっても、沖縄の夏は紫外線量が多く、日焼け対策は必須となります。通気性のよいかりゆしウェアなどを着て暑さ対策も行いましょう。

沖縄の秋

沖縄の秋

9月の秋口になっても沖縄では蒸し暑さが残ります。8月に比べて少しだけ気温が低くなる程度で、海水浴なども十分に楽しむことが可能です。台風の影響で降水量が1年間で最多となるため、蒸し暑さを感じる日は多くなります。10月になっても平均気温は25度で、日中は海で泳げるほど暑さが残ります。降水量が減ることで、蒸し暑さがなくなっていくでしょう。10月の下旬になると朝晩は肌寒さを感じる日も多くなり、長袖のシャツやカーディガン、靴下などが必要です。10月は天気が変わりやすい季節といわれています。台風情報も含めて、天気予報をチェックして着ていく服装を選びましょう。11月は平均気温が22.1度。まだまだ日中の気温は高く、半袖で過ごせる日もありますが、水温が低くなるため海水浴は厳しいです。降水量が少なくなり、湿気がこもらない過ごしやすい日が多くなります。11月の後半には寒気が入りこみ、日中でも上に羽織るものがないと過ごせないほど気温が下がるようになります。沖縄の秋は、穴場の時期とも言えます。普段なら混雑している観光地も観光客が少なくなっている分、落ち着いて周ることが出来そうです。

沖縄の冬

沖縄の冬

沖縄の12月は平均気温18.7度、海から吹いてくる風が強くなり、日中でも肌寒さを感じるようになります。本州の冬と比べればだいぶ暖かいですが、沖縄では冷たい北風が吹くようになることで体感温度が下がります。また、この時期は寒波の影響で海が荒れる日が多くなります。日中は薄着で過ごせる日もありますが、夕方から夜にかけて急に冷えてくるため、防寒対策を考えなければなりません。1月の平均気温は17度。12月に引き続き、海から吹いてくる強い北風が体温を奪っていきます。風のために気温よりも体感温度が下がり、防寒対策が必須となります。北風がおさまれば寒さも遠のくため、天候次第で服選びに苦労しそうです。そんな中、沖縄では全国に先駆けて1月に桜が開花し始めます。この地域に多いカンヒザクラの見頃は1〜2月です。2月になってもなかなか気温は上がりません。この時期が沖縄ではもっとも寒い時期となります。曇りの日が多く、1月よりも寒さを感じる人もいるでしょう。夕方から夜にかけて、風を防ぐコートなどが必要なほど冷え込みます。昼夜の寒暖差が激しいため、健康管理には気をつける必要があるでしょう。冬場は沖縄のホテルでもイルミネーションイベントが開催されます。イルミネーションを楽しむ際は、前述した通り夜はとても冷え込むので、防寒対策はきちんと行ないましょう。

目的別!沖縄旅行に持っていくと便利なアイテムはこれ。
Okinawa's Temperature and Recommended Clothing

観光するだけ

観光するだけ

  • 日焼け止め
  • サングラス
  • ビーチサンダル
  • 日傘
  • 帽子
  • 虫除けスプレー
  • 液体ムヒ
  • 圧縮袋
  • 延長コード
  • 折りたたみ傘
  • 情報ガイドブック
  • デジカメ

他のエリアへの旅行とは違い、日焼け止めやサングラスなどの日焼け対策グッズが必需品です。現地でももちろん購入できますが、普段から使用しているものを使うのがおすすめです。また、海に入るシーズンでなくても、沖縄の海はとっても綺麗なので、ビーチを歩くのがおすすめ。ビーチサンダルなどを持っていくと気軽にビーチ散策を楽しめます。やんばる地方など自然が多い地域に行く場合、虫が多いので虫除けスプレーがあると安心です。また、大人数でホテルに泊まる場合は延長コードなどがあると携帯やカメラの充電に困りません。

ホエールウォッチングに参加する

ホエールウォッチングに参加する

  • 濡れてもいい服装
  • マリンシューズ
  • 着替え
  • タオル
  • 防寒用の上着
  • 防水のバッグ
  • 水分補給の飲み物
  • 保険証
  • 酔い止め

沖縄の海でも冬は荒れているので、防寒対策グッズは必要です。また、揺れる船内で歩き回るのは意外と難しいのでスカートやハイヒールは避けてください。マリンシューズはかかとを固定できるサンダルがおすすめです。突然の揺れにも対応できます。さらに、乗り物酔いしやすい方は酔い止めが必要です。一度出航してしまうと移動も含めて2〜3時間は海の上です。体調管理には注意が必要です。

マリンメニューで遊ぶ

マリンメニューで遊ぶ

  • 水着
  • ラッシュガード
  • Tシャツ
  • ビーチサンダル
  • バスタオル
  • レジャーシート
  • ゴーグル
  • パレオ
  • 薄手の上着
  • クールジェル
  • 水中カメラ
  • クーラーバッグ
  • ミニ三脚
  • ミニスピーカー
  • 物干しロープ
  • 洗濯洗剤

海水浴を楽しむ場合、必需品の日焼け止めグッズのほかに日焼けをしてしまった後のグッズも必要です。また、水着だけで長時間ビーチをうろつくのは危険なので、ラッシュガードや上から着るTシャツ、パレオなどがあると安心です。音楽を流すのにミニスピーカーを持参したり、飲み物を冷やす小さなクーラーバッグがあるとさらに快適に過ごせます。浮き輪などのマリングッズは現地でレンタルできたり購入もできるので、持って行かなくても大丈夫でしょう。濡れた水着を干したり、洗濯するのに、洗剤やロープがあると便利です。

離島へ行く

離島へ行く

  • 懐中電灯
  • ドライヤー
  • 洗面道具
  • 常備薬
  • 望遠鏡
  • 船の時刻表

離島に行く場合、島やホテルによって、ドライヤーや洗面道具がない場合があるので事前に調べて持参が必要です。また離島は街頭も少ないので、星空がとてもキレイに見えます。夜間の星空ウォッチングに備えて懐中電灯があると便利です。

持ち物や服装に関するコラム記事を読む!
Columns about property & clothing