ダイビングやシュノーケリング、レンタサイクルなど、与論島でやってみたいアクティビティまとめ|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > ダイビングやシュノーケリング、レンタサイクルなど、与論島でやってみたいアクティビティまとめ

ダイビングやシュノーケリング、レンタサイクルなど、与論島でやってみたいアクティビティまとめ

2017.09.05更新

ビーチ

  • 与論島
  • ダイビング
  • シュノーケリング
  • アクティビティ

沖縄から飛行機でわずか35分のフライトで着いてしまう与論島。鹿児島県の最南端に位置し、奄美群島の一つに含まれているこの島は、まるで奇跡のような透明度の高さを誇る海が最大の魅力です。今回は、そんな与論島で体験できるマリンアクティビティやレンタサイクルなどについてご紹介しましょう。

与論島ではダイビングがおすすめ

コラム記事イメージ1

まるで海外のビーチのような白い砂浜と透き通るように美しい青い海を誇る与論島へ来たなら、存分にマリンアクティビティを楽しまないで帰るわけにはいきません。特におすすめなのが、ダイビングです。与論島は、神秘的なダイビングスポットがたくさんあることで知られています。島の北側では白い砂地が広がる穏やかなイメージを、島の南側のポイントではダイナミックで男性的な地形を楽しめます。全長51メートルという大型の沈没船や水中結婚式の舞台にもなる宮殿が見られたり、ロマンチックなアーチ状になっているポイントがあったりと、わくわくするような体験ができます。また、珊瑚の中に小魚が群れている様子もとても美しいもの。イソマグロやヒラアジなど大型の回遊魚に遭遇することもありますし、ジンベイザメの目撃情報もあるのです。また、かなり高い確率でウミガメの泳ぐ姿や眠っている可愛らしい様子を見ることもできます。

ダイビングツアーをさらに詳しく調べる

与論島ではシュノーケリングも楽しめる

コラム記事イメージ2

ダイビングはちょっと自信がないけれど、手軽に海中ウォッチングを楽しみたいという人におすすめなのが、シュノーケリングです。大金久海岸の沖合約1.5kmの距離にある百合ヶ浜は、別世界のような透明度の高さを誇り、シュノーケリングスポットもあります。また白い砂浜と岩場に囲まれた赤坂海岸もシュノーケリングができることで有名。色とりどりの熱帯魚と一緒に泳ぎながら、ゆっくりと美しい海を堪能しましょう。太陽の光を浴びながらのシュノーケリングも素晴らしいのですが、ナイトシュノーケリングもとても幻想的でスペシャルな雰囲気を味わえます。昼間と全く違った表情を見せる海の風景と満天の星空のコラボは、まさに感動的な体験です。アカマツカサやマンジュウカニ、ハリセンボウなどの海洋生物の姿を水中ライトで照らしながら観察できますし、水中ライトを消せば夜光虫の放つ神秘的な光も味わえます。

レンタサイクルorレンタバイクで体を動かして満喫

コラム記事イメージ3

海の中でのアクティビティも良いですが、陸の上から美しい海と空の織り成す風景を楽しむのも特別感があります。与論島の移動手段には観光タクシーやレンタカー、自転車やバイクなどがあります。ですが、自然の風を感じながら観光したい人におすすめなのが、レンタサイクルやレンタバイクという選択肢。レンタサイクルは1日1000〜1500円くらいでリーズナブルに借りることができ、春や秋などの気候の良いシーズンにはとても気持ちの良い移動手段です。島全体を回ったり、アップダウンのある場所にも行ったりしたいときには、レンタバイクのほうがよさそうです。レンタル料金は2〜3倍かかりますが、気温の影響をレンタサイクルほど受けないことと、体力の温存ができることがメリットです。与論島の美しい自然を肌で感じ、気になるスポットでは自由気ままに立ち止まることができるのは、レンタサイクルやレンタバイクならではの贅沢な楽しみ方です。日頃は車の移動が当たり前という人も、レンタサイクルなどを使って特別な旅を楽しむのはいかがですか。

プリシアリゾートヨロン

与論島のおすすめホテルはこちら

プリシアリゾートヨロン

  • 住所:鹿児島県大島郡与論町立長358-1
  • アクセス:与論空港から無料送迎バスで約3分
  • CHECK IN/OUT:15:00/10:00

このホテルに泊まるプランを見る

与論島をさらに詳しく調べる

与論島 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

記事のジャンル
女子
旅行
海水浴
国内
おすすめ
一人旅
パワースポット
家族
景色
子連れ
離島
ホテル
石垣島
宮古島
久米島
与那国島
与論島
西表島
人気記事

右カラム1

沖縄県にある与那国島は八重山諸島を構成する島で、日本の最西端に位置しています。与那国島の面積は28.95平方キロメートル、人口は約1,700人と小さな島ですが、自然豊かで南国の海を思…

右カラム2

沖縄県の八重山郡に位置する、日本最西端の地としても知られる与那国島。沖縄本島からは約509km、石垣島からは約127kmも離れており、台湾の方が近いというこの島には温暖な気候と…

右カラム3

日本最西端の島「与那国島(よなぐにじま)」。地元の人々には「どぅなんちま」と呼ばれています。一説では、渡航が難しい(渡難)という意味で「どぅなん」と呼ばれ始めたといわれていま…

右カラム4

旅行で楽しみなのは、観光だけではありません。その土地でなければ食べられない名物料理を食べたいと楽しみにしているグルメが目的の人も多いのではないでしょうか。沖縄はグルメの宝庫で…

右カラム5

与那国島に行くには、沖縄本島から飛行機、石垣島から飛行機または船を利用します。1日の便数が少ないため、アクセス方法が限られていることから離島感満載といえるでしょう。絶海の孤島…

行先を選択する
本島リゾート
那覇市内
石垣島
小浜島・西表島
竹富島
宮古島
久米島
与那国島・与論島
Copyright (C) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.