期間限定キャンペーン

今、7月〜10月出発 の沖縄旅行を申し込むと、
すべてのお客様(適応条件を満たした)「欠航補償付き国内旅行傷害保険」がついてくる!

キャンペーンのご案内

沖縄ダイビング体験ツアー・旅行特集 | 沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

今おすすめのツアー/ 沖縄ダイビングツアー・旅行

Cカードライセンス

Cカードライセンスを取得したい方はこちら。
沖縄でダイビングのライセンスを取ろう!

  • Cカード

ダイビングのライセンスがほしい。体験ダイビングでは物足りない!と言う方へのおすすめのライセンス取得プラン。透明度抜群の沖縄の海で楽しくチャレンジしてください。

Cカードライセンス

ライセンスを持っている方はこちら。
ダイビングだけでなく、ショッピングも楽しめる那覇市内ステイ。

  • ファンダイビング
  • 那覇市内

ライセンスをお持ちの方はこちらのプランがおすすめ!初心者から上級者までお客様のレベルやニーズにあったダイビングポイントをお楽しみいただけます。

Cカードライセンス

アドバンスライセンスを取得したい方はこちら。
さらに深く、さらに未知の世界へ…。

  • ステップアップ
  • アドバンス
  • 那覇市内

講習に必要なレンタル器材は全て貸出いたします!基本はビーチダイビングですが、追加代金でボートダイビングに変更も可能。おきなわトロピコ利用プラン。

目的から選ぶ/ 沖縄ダイビングツアー・旅行

ファンダイビング
ファンダイビング
Cカードライセンスをお持ちの方はこちら。
アフターダイビングも楽しめる沖縄本島エリアはもちろん、石垣・宮古などの人気離島や与那国などのニッチな離島まで豊富なラインナップ。
体験ダイビング
体験ダイビング
ライセンスを持っていなくても楽しめる「体験ダイビング」付きツアー。せっかく沖縄へ行くならちょっとダイビングでも…という方におすすめ。
経験豊富なインストラクターと一緒に海の中の世界を楽しみましょう。
Cカードライセンス取得
Cカードライセンス取得
これから本格的にダイビングを楽しみたいあなたへ。学科講習や海での実地講習を行いダイバーの証「Cカード」を取得しましょう。PADIやNAUIの最短4日間で取得できるプランをご用意。
ステップアップライセンス
ステップアップライセンス
より深く海の感動を楽しめるアドヴァンスなどの上位資格を取得できるコース。これを取得することによりいろいろなダイビングスポットを体験することができます。

沖縄旅行おすすめダイビングスポット

体験ダイビング

沖縄では魅力的なダイビングスポットが複数存在します。その中でも特におすすめのダイビングスポットをいくつか紹介しましょう。
神秘的な雰囲気を満喫できるのが「青の洞窟」です。一般的に青の洞窟というとイタリアのカプリ島にあるものが有名ですが、それ以外にも、青の洞窟と呼ばれる場所は世界各地にあります。それらの景観は様々ですが、いずれも海水が青いことからそう呼ばれています。沖縄本島近くにある青の洞窟も例外ではなく、日常では見られないような綺麗な青色を見ることができるでしょう。さらに、那覇市内から高速船を使って1時間程度で行けるため、沖縄旅行が初めての人でも訪れやすいことも人気の秘密です。
同じように非日常的な体験を楽しみたいなら、宮古島もおすすめです。宮古島は大きく分けて伊良部島、下地島、八重干瀬、宮島エリアに分かれています。そして、それぞれがダイナミックな地形で、太陽の光がカーテンのように地上にふり注ぐのが特徴です。独特の形状をしている洞窟なども存在するので、普段とは少し違うダイビングを楽しみたい中級者以上の人にはうってつけの場所といえるでしょう。なお、中ノ島というエリアなら、潮の流れも少なく水深も浅いため、初心者の人でも楽しめます。
ダイビング経験者に人気なのが万座ドリームホールです。こちらは、観光地として有名な万座毛の近くにあるダイビングスポットです。ドリームホールという名称の通り縦穴となっており、垂直に落ちていくようなダイビングを楽しめます。水深は深い所で30メートルを超えるといわれているので初心者の人は難しいですが、中級者以上の人なら問題なく潜ることができるでしょう。最後に水面に戻るときには、途中にある横穴の出口を使い脱出します。このように、沖縄には多数のダイビングスポットが存在するのです。今回紹介したのはファンダイビングスポットといわれるライセンスカード取得者向けのところですが、中には未経験者向けのスポットもあるので色々探してみると良いでしょう。

沖縄旅行ダイビング体験の魅力

体験ダイビング

沖縄旅行に限らず、ダイビングを楽しむというとライセンスが必要と考える人がほとんどです。しかし、初心者向けのダイビングスポットならライセンスがなくても楽しむことができるのです。特に沖縄はスポットそのものも豊富に存在するため、初心者の人でもさまざまな場所でダイビングを体験することができます。このような未経験者向けのダイビングを総称して体験ダイビングと呼びますが、これは健康な人なら誰でも参加することが可能です。そのため、これまでダイビングを経験したことがなくても、旅行の際に気軽に楽しむことができます。
カップルや友達同士はもちろん、場合によっては10歳程度から参加できるダイビングも存在するので、子供連れでも体験可能なのが嬉しいところです。また、よくある勘違いとして、泳ぎが苦手だと体験ダイビングも楽しめないと考える人もいます。これは一言でいうと間違いであり、泳ぎが苦手でもダイビングは楽しむことができます。なぜなら、泳ぎとダイビングは別物で、酸素タンクを使用する息継ぎは誰でもできるものだからです。同様にウェットスーツも浮力のあるものなので、水が苦手な人でも比較的容易に水中を進むことができます。
もちろん、人によって向き不向きは多少あります。しかし、ライセンスが必要なく、泳ぎが苦手な人でも楽しめるところが体験ダイビングの魅力です。それに加えて、沖縄は数えきれないくらいのダイビングスポットが存在するので、自分に合った場所も見つけやすいでしょう。具体的な体験コースとしては、例えば2泊3日で楽しめるプランなどが存在します。1名から参加可能で、専用クルーザーを使って慶良間諸島で体験ダイビングを楽しむプランです。集合場所も那覇空港から車で20分の場所なので、比較的参加しやすいといえます。この他にも3泊4日の日程で体験できるものもあり、自身の日程や目的によって柔軟にプランを選ぶことができるのです。

ファンダイビングの魅力(Cカードライセンス必須)

ファンダイビング

ファンダイビングの魅力を一言でいえば、自由度が高いということです。ダイビング自体はライセンスの必要ない体験ダイビングでも楽しめますが、自由度という点ではファンダイビングに劣ります。ファンダイビングは講習を受けて一定のスキルがあると認められている状態なので、より自由にダイビングを楽しめるのです。具体的には、潜ることができる深さが変わってきます。体験ダイビングでは、最大潜水深度といわれる潜れる距離が12メートルまでと制限されていますが、ファンダイビングでは12メートル以上潜ることが許可されます。したがって、海の中をより深くまで潜って楽しむことができるのです。
沖縄をはじめとした数々の海は体験ダイビングでも充分に楽しめます。ただ、ファンダイビングのライセンスを取得すれば、より濃密なダイビングの体験ができるといえるでしょう。ファンダイビングを楽しむのにも最適な場所といえます。さらに、ライセンス発行団体によっては世界各国で使用できるため、将来的には海外の海でダイビングをすることにも挑戦できるようになります。その最初の一歩として、綺麗な沖縄の海でライセンス取得を目指すのは最適な選択となるでしょう。
具体的に、沖縄でファンダイビングのライセンス取得を目指す方法はさまざまなものが存在します。例えば3泊4日の日程で取得を目指すものでは、MIC21やおきなわトロピコなどのダイビングショップを利用してライセンスを取得できます。また、利用するショップによって集合場所なども変わってくるので、事前に確認しておくと良いでしょう。体験ダイビングに比べると少し難易度は上昇しますが、本格的にダイビングを楽しみたいならCカードライセンスは必須といえます。なお、今回紹介したライセンス取得ツアーはこちらです。
ツアーの詳細はこちら

ダイビング付きツアーQ&A

ダイビング付きのツアーを利用する際によくある質問をQ&A形式でまとめてみました。誰でも最初は不安があると思いますが、ここで疑問を解消して安心してツアーに参加しましょう。

Q1シュノーケリングとダイビングは何が違うのでしょうか?
A1シュノーケリングとダイビングは一見似ていますが、まったく違うものです。具体的には、ダイビングは酸素ボンベを背負って潜りますが、シュノーケリングはシュノーケルと呼ばれる用具を利用する部分が大きく異なります。シュノーケルは潜ることには適さないため、主に水面に顔を付けて海を楽しむ方法です。対して、ダイビングは酸素ボンベを利用するため、海に潜って楽しむことができるのです。どちらにも利点はありますが本格的に海を楽しみたいなら、ダイビングのほうが適しているといえます。
Q2泳げないのですが、ダイビングに参加しても良いのでしょうか?
A2結論からいうと、泳げなくてもダイビングに参加することはできます。泳ぎが苦手な人は主に息継ぎに苦戦する傾向がありますが、ダイビングでは酸素ボンベがあるために、その心配が少ないからです。未経験者の人の中には酸素ボンベの息継ぎも難しいイメージがあるかもしれませんが、指示通りに行えば誰でもできるものです。そのため、泳げない人でもしっかりとインストラクターの指示を守るなら、参加することが可能です。
Q3雨でもダイビングはできますか?また、冬の時期はどうなのでしょうか?
A3雨のような悪天候のときでも、波が荒くなければダイビングを行うことはできます。重要なのは天候よりも、海に潜るので、海そのものの状態になります。また、沖縄の海は一年を通して比較的暖かいため、冬でもダイビングを楽しむことが可能です。さらに、保温効果の高いウェットスーツを着用しているということも、冬でもダイビングが楽しめる理由です。

沖縄でのダイビングをお考えなら、沖縄ツーリストにおまかせ。沖縄の離島を中心に、東京・関西・福岡から出発するツアーを販売中。体験ダイビング・ファンダイビング・Cカードライセンス取得・ステップアップライセンスなど、目的に合わせたダイビングツアーを取り揃えております。


ページTOPへ