沖縄ツーリスト

新しい旅のかたち〜withコロナで安心・安全に旅行を楽しむために

沖縄旅行を
ご検討されているお客様へ

沖縄県から5つのお願い

  1. 日常における新しい生活様式の徹底をお願いします。
  2. 沖縄に来る際の「旅前(タビマエ)」の体調管理の徹底をお願いします。
  3. 発熱があり、感染の懸念がある場合は、渡航自粛の検討をお願いします。
  4. 沖縄滞在中「旅中(タビナカ)」に、検温等で発熱などがあった場合は、TACOを活用した 感染拡大防止策にご協力をお願いします。
  5. 「旅後(タビアト)」の体調等に関する情報提供のご協力をお願いします。

※TACO(旅行者専用相談センター)の設置

水際対策の強化を図るため、那覇空港内に県民を含む旅行者を専用としたTACO(旅行者専用相談センター/Traveler’s Access Center Okinawa )を設置し、発熱等がある旅行者への支援等、感染症の予防・拡大防止対策を行う。

TACOの詳細はこちら

withコロナで
感染しない・させない
ために旅先でできること

沖縄ツーリストが提案する
新しい旅のエチケット

  • 旅先の情報集め・旅行前の体調管理

    滞在先ホテルの情報、旅先の気候、レストランの事前予約、名産品やお土産は?

    地域の感染症対策や旅行中の体調管理も忘れずに!

  • さぁ出発! みんなマスク着用!

    列に並ぶときは距離をとって、乗り物でのおしゃべりは控えめに!

  • 行程中はあまり騒がずゆったりと!

    混んでるところは後からゆっくり見学
    おしゃべりよりも食事を楽しもう!
    お土産はあまり触らず選ぼう!?

〜旅行者の安全・安心アクションプラン〜

沖縄Tour Style with コロナ

ご旅行中の
シーン別感染予防について

  • アイコン:空港・飛行機内 空港・飛行機内

    • マスクの着用

    • 搭乗手続き、手荷物預け入れ時

      搭乗手続きは自動チェックイン機の利用や、webサイトやスキップサービスを活用し、人との接触を避けて手続きが行えます。手荷物を預ける際は、自動手荷物預け機のご利用がおすすめですが、未対応の場合はなるべく代表者1名がまとめて手荷物を預けるなど、密集・密接を避ける行動を心がけましょう。また手荷物が機内持ち込み可能なサイズであれば、手荷物預け入れの手続きを行わずに保安検査場に進めます。

      新型コロナウイルス感染予防に関する航空会社の対応

      ■日本航空
      日本航空
      ■全日空
      全日空
  • アイコン:ホテル滞在時 ホテル滞在時

    • マスクの着用

    • チェックイン/チェックアウト時

      ホテルチェックイン/チェックアウト時やレストラン、付帯施設等をご利用の際は、他のお客様とのソーシャルディスタンスの確保(約2メートル)を心がけましょう。

    • ホテルの感染症予防対策に協力を

      フロント、レストラン等で検温や消毒等、ホテル毎に様々な感染症対策を講じております。ホテル滞在中は感染症対策にご協力をお願いいたします。また、ホテルの公式webサイト上で、感染症予防対策を紹介しておりますので、お客様ご自身でもご旅行前にご確認をお願いいたします。

    • 客室内の換気について

      客室内の窓を開けるなど、こまめに換気を行いましょう。ホテルによっては構造上の問題や高層階などは客室の窓が開かない場合もございますので事前のご確認をお勧めいたします。

    • 備品の貸し出しについて

      空気清浄機、加湿器などの備品については、室内に常備ではなく、貸出での対応を行っているホテルもございます。貸出の場合は数が限られていたり、予約制の場合もございますので、事前にご確認をお願いいたします。

  • アイコン:レンタカー利用時 レンタカー利用時

    • マスクの着用

    • 携帯用のアルコール消毒液や除菌グッズの持参

      レンタカー会社でもハンドルや車内の除菌・清掃を行っていますが、レンタカーはご旅行期間中を通して利用しますので、携帯用のアルコール消毒液や除菌シートなどを持参して、お客様ご自身でも消毒、除菌を行うことをおすすめいたします。

    • こまめに換気を

      レンタカーでの移動中は窓を開けるなど、定期的な換気を心がけましょう。

  • アイコン:観光施設滞在時 観光施設滞在時

    • マスクの着用

    • 施設の見学時

      他のお客様とのソーシャルディスタンスの確保(約2メートル)を心がけ見学を行いましょう。

    • キャッシュレス決済、非接触型ICカードを活用してお支払い

      支払いをする際には、キャッシュレス決済や非接触型ICカードなどを活用し、人との接触を減らしましょう。