イルカと一緒に遊びたい!触れ合う方法や場所って?|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > イルカと一緒に遊びたい!触れ合う方法や場所って?

イルカと一緒に遊びたい!触れ合う方法や場所って?

2020.03.06更新

コラム記事トピック画像

  • イルカ
  • 水族館
  • 観光スポット
  • アクティビティ

沖縄旅行といえば、きれいな青い海と白い砂浜で思いっきりアクティビティを楽しみたいと考えている人は多いのではないでしょうか。では、沖縄旅行でイルカと触れ合い、一緒に遊ぶことができることをご存じでしょうか。この記事では、イルカと触れ合える施設をいくつかご紹介し、沖縄旅行の新たな魅力をお届けします。

沖縄旅行でできるイルカとの触れ合いって?

コラム記事イメージ

イルカとの触れ合いというと、水族館でショーやパフォーマンスを見ることを想像する人も多いかもしれません。しかし、沖縄旅行ではもっと近くでイルカと触れ合うことができます。たとえば、「イルカに直接エサをあげる」「イルカと握手ができる」「近くでジャンプする姿が見られる」というプランなどがあるのです。水に入らずに触れ合えるプランだけではなく、イルカと一緒に水の中に入って遊ぶことのできるアクティビティを用意している施設もあります。
イルカと一緒に泳ぐことができるため、より近くでイルカを見たり触れたりできるので、イルカ好きにはぴったり。イルカのしつけ体験ができる施設もあります。インストラクターのようにイルカをしつけたり、飼育を体験できたりと旅行の貴重な体験になるでしょう。もちろんイルカと触れ合う際には、事前にしっかりとイルカの生態や性格についてレクチャーを受けることができるので安心して楽しめるだけでなく、勉強にもなるでしょう。

沖縄旅行に行く前に知っておきたいイルカの特徴

コラム記事イメージ

沖縄旅行でイルカとの触れ合い体験をしたいと思っているのなら、前もってイルカの特徴を知っておきましょう。イルカの大きさは、1.3〜10m、30〜300kgと個体によって大きなバラつきがあります。イルカの多くは肉食で、タコや魚類などを好んで食べたり、群れを成して生活したりすることが特徴です。その群れを成して生活する習性のため、コミュニケーション能力が高いとされています。イルカのコミュニケーションは音を用いてを行いますが、約30種類以上の音を巧みに使い分けて意思の疎通を図っています。

沖縄旅行でイルカと遊べる場所1:もとぶ元気村

コラム記事イメージ

もとぶ元気村は、沖縄北部の本部町に位置しています。沖縄美ら海水族館からも近いため、観光しながら訪れやすいのが特徴です。イルカと遊べるプログラムはもちろんのこと、カヌーやオーシャンランドなどのそのたマリンプログラムも充実しています。また、沖縄文化に触れられる文化体験プログラムなども楽しむことができるため、1日中飽きずに遊ぶことができます。イルカと触れ合えるドルフィンプログラムにはいくつかの種類があります。
#ドルフィンロイヤルスイム
このプログラムではイルカについて学んだ後に、実際に水の中に入ってイルカと遊ぶプログラムです。イルカの背中にさわったり背びれに捕まって泳いだりして楽しめます。体験時間は70分でいちばんイルカとたくさん触れ合えるプログラムです。ただし、7〜8月は開催していないので、次に紹介するドルフィンスイムになります。
#ドルフィンスイム
ドルフィンロイヤルスイムと同じように、イルカについて学んでから全身水の中に入って「背中に触れる」「背びれに捕まって泳ぐ」などの体験ができます。それに加えて、後半にはダイナミックなイルカパフォーマンスを見ることも可能です。体験時間は50分で、開催時期は7〜8月となっています。 #ドルフィンウォーキングツアー
イルカの部屋に行って自由に観察できるプランです。上記2つとは違い、水に入らずにイルカの見学ができます。写真撮影も自由に行えるので、かわいいイルカをたっぷりと撮影することが可能です。洋服も濡れないので、時間に余裕ができたときに手軽に体験できるのが魅力です。

もとぶ元気村
住所:沖縄県国頭郡本部町字浜元410
アクセス:那覇空港から車で120分

沖縄旅行でイルカと遊べる場所2:ルネッサンスリゾートオキナワ

コラム記事イメージ

沖縄の西海岸リゾートエリアに位置するリゾートホテル、ルネッサンスリゾートオキナワでは、ビーチで楽しむことのできるアクティビティを豊富に用意しています。たとえば、パラセーリングやジェットスキー、カヌーやバナナボートなどを楽しむことが可能です。イルカと触れ合えるアクティビティの種類も多いため、好みに応じて選ぶことができるでしょう。
#ドルフィンオーシャン アドベンチャー
このプランでは船で沖合に出て、沖合で暮らすイルカと一緒に泳ぐことができるため、野生のイルカと泳いでいるような感覚を味わえるのが特徴です。
#ファミリードルフィン
1頭のイルカと浅瀬で遊ぶプログラムです。身長が110cm以上ある人なら、イルカの背びれに捕まって一緒に泳ぐことも可能です。
#ドルフィンphoto
イルカたちの暮らすラグーンの近くへ行き、イルカを間近で見ることのできるアクティビティです。カメラマンが撮影した写真を1枚プレゼントしてもらえるので、沖縄旅行の思い出にはぴったりでしょう。海の中に入る必要がないため、子どもや泳げない人でも安心して楽しむことができます。

ホテルイメージ

おすすめのホテルはこちら

ルネッサンスリゾートオキナワ

このホテルに泊まるプランを見る

沖縄旅行でイルカと遊べる場所3:石垣島ドルフィンファンタジー

コラム記事イメージ

石垣島ドルフィンファンタジーは、石垣島でイルカと触れ合うことができる施設です。集合場所で受付や清算を済ませた後に、イルカが住む「イケス」まで送迎してもらうことができます。石垣島ドルフィンファンタジーでは、夏季と冬季によって異なるプログラムが用意されているため、季節を問わずに楽しむことが可能です。
#ドルフィンスイム
ドルフィンスイムでは、ウェットスートを着用し、海の中でイルカと一緒に泳ぐという本格的な体験ができます。イルカに直接エサを与えることもでき、密接な触れ合いが可能です。
#イルカとのふれあい
水中には入らずにイルカに直接エサをあげたり、握手やジャンプの合図を出したり、トレーナーになった気分で楽しくイルカとふれあう事ができます。水中には入らないので、「泳げない」「海に入りたくない」という人でも楽しく体験できるプログラムです。
#イルカトレーナー体験
イルカトレーナー体験ができるのも、石垣島ドルフィンファンタジーの特徴でしょう。体験時間は4時間と結構長めですが、合図出しのトレーニングや餌やり、そして普段は見えない裏方作業まで、イルカとのコミュニケーションを重視した本格的なプランでトレーナーの疑似体験ができます。開催期間は12月〜3月の冬季限定プログラムなので、参加したい場合には時期に注意しましょう。

石垣島ドルフィンファンタジー
住所:沖縄県石垣市八島町1丁目
アクセス:石垣空港から車で30分

冬の沖縄旅行でイルカを間近に感じるには?

コラム記事イメージ

冬の沖縄旅行でイルカを間近に感じたいと思っているのなら、冬でも体験できるアクティビティを探すといいでしょう。イルカと直接触れ合うようなアクティビティであっても、海に入らずに行えるものなら冬場でも体験することが可能です。たとえば、イルカのトレーナー体験や海に入らずに触れ合うことのできるプログラムなら、問題なく楽しむことができるでしょう。冬の沖縄旅行なら、水族館でイルカと触れ合うのもおすすめです。観光客に人気の高い沖縄美ら海水族館では、イルカショーを見ることができます。また、美ら海水族館でもイルカの体験プログラムを展開しているので、冬でもイルカと触れ合うことが可能です。 デッキ上からイルカにエサをあげることのできる体験プログラムやイルカ観察会などがあります。ただし、イルカへのエサあげ体験は、先着順で時間帯によっては整理券を配布しているので注意しましょう。12月下旬から4月上旬にかけては、ホエールウォッチングも楽しむことができます。船に乗って野生のイルカやクジラが泳ぐ姿を間近で見ることができるので、迫力のある姿を楽しむことができるでしょう。ホエールウォッチングは、沖縄のさまざまな地域で行われているため、観光する地域に合わせて選ぶこともできます。

沖縄美ら海水族館
住所:〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町字石川424
アクセス:那覇空港から車で120分

沖縄旅行でイルカとの触れ合いを楽しもう

コラム記事イメージ

沖縄ではさまざまな場所でイルカと触れ合うことができます。イルカと泳ぐことができたりエサをあげたりすることができるので、より間近でイルカのかわいい姿を楽しむことが可能です。せっかく美しい海が特徴の沖縄を訪れるのですから、イルカと一緒に遊んでみてはいかがでしょうか。普段は触れ合うことのできないイルカと目いっぱい遊んで、楽しい思い出を作りましょう。

アクティビティ 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

観光庁長官登録旅行業第155号/日本旅行業協会正会員
(c) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.