3泊4日の沖縄旅行はどんな楽しみ方できる?好きなコースを選ぼう|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 3泊4日の沖縄旅行はどんな楽しみ方できる?好きなコースを選ぼう

3泊4日の沖縄旅行はどんな楽しみ方できる?好きなコースを選ぼう

2020.02.21更新

コラム記事トピック画像

  • 3泊4日
  • 旅行
  • おすすめ
  • ドライブ

常に訪れたい観光地のランキング上位に入る観光地の一つ、沖縄を3泊4日で旅行するならどんな楽しみ方ができるでしょうか。もちろん、いくつもの島々がある沖縄全域を旅行するには、かなりの日数がかかります。しかし、エリアを絞れば、3泊4日で自分たちの希望に合わせた好み通りの過ごし方が可能です。そのような沖縄旅行を実現するために、3泊4日でしっかり楽しめるコースの例をエリアごとに紹介します。

3泊4日ではどんな沖縄旅行ができる?

コラム記事イメージ

沖縄には、美しい海や景色、歴史的建造物などたくさんの観光スポットがあり、ある程度の日数をかけて巡るのが理想的です。そのため、3日以上かけて旅行する人が多く、まとめて休みが取得できるゴールデンウィークなどの長期休暇の際に訪れる人も少なくはありません。その際によく選ばれる日程が3泊4日です。ところが、沖縄には本島をはじめ、人気のある離島がいくつもあり、それらを1回の旅行で巡るのは現実的ではありません。そこで、おすすめしたいのが、巡るエリアを絞ることです。
そうすることで、3泊4日でさまざまなスポットを巡ったり、遊んだりしてもしっかり時間をかけて楽しむことができます。ただし、そのためにはきちんと計画を立てさまざまな手配をしておくことが必要です。しかし、現地の事情に詳しくない場合、予定が未定になる可能性も否定できません。そのような可能性がある場合は、3泊4日の沖縄旅行ができるツアーもあるため、上手に活用するとスムーズな旅が実現できます。

本島を楽しむ沖縄旅行の3泊4日コース1:観光地巡り

コラム記事イメージ

沖縄本島は、沖縄の島のなかで最も大きく多くの観光施設があるため、本島全体を自分たちのペースで巡るならレンタカーでの移動が便利です。また、本島内の3つのエリアを存分に楽しむなら、エリアごとに日を分けて観光することをおすすめします。まず、1日目から2日目の午前中に巡りたいエリアは、空港や首里城のある沖縄本島南部です。このエリアには、樹齢150年のガジュマルの大樹がある「ガンガラーの谷」や「斎場御嶽」など沖縄の歴史や太古からの自然を感じさせるスポットが多く存在します。
2日目の午後から夜にかけては、恩納村周辺から浦添市周辺の本島中部がおすすめです。このエリアには、大海原を見渡せる「万座毛」や両側に海が広がる「海中道路」など、沖縄の海を堪能できるスポットがあります。また、買い物や食事などが楽しめる北谷町の「美浜アメリカンビレッジ」は、昼夜を問わず遊べる場所としても人気です。
そして、3日目は、本島北部エリアに移動します。北部は、やんばると呼ばれる国頭村から名護市周辺までの神秘的な森が広がる地域やリゾート施設が多い地域です。北部エリアには、「沖縄美ら海水族館」や「OKINAWAフルーツらんど」などの大人も子どもも楽しめる施設があります。そのほか、世界文化遺産の「今帰仁城跡」や国頭村の「やんばる学びの森」なども貴重な体験ができる観光名所です。
帰りの出発時間までの限られた時間を有効に使いたい4日目は、空港までアクセスするのに時間を想定しやすい本島南部を観光すると安心して過ごせます。特に、おすすめしたいスポットが「瀬長島ウミカジテラス」です。沖縄グルメやおしゃれなカフェ、スパ、ショッピングなどが楽しめるうえ、空港から車で15分ほどと近いことも最終日に過ごすのに大きな魅力といえます。せっかくの沖縄旅行ですから、最後まで思い切り楽しみましょう。

ガンガラーの谷
住所:沖縄県南城市玉城字前川202
アクセス:那覇空港から車で30分
万座毛
住所:那覇空港から車で60分
アクセス:沖縄県国頭郡恩納村字恩納
OKINAWAフルーツらんど
住所:沖縄県名護市字為又1220-71
アクセス:那覇空港から車で100分

本島を楽しむ沖縄旅行の3泊4日コース2:リゾートホテル

コラム記事イメージ

沖縄といえば、青い海と空をイメージする人が多いのではないでしょうか。そのため、沖縄旅行をする際、海の美しさを求めて訪れる人は少なくはありません。しかも、ビーチの数が多いので、どんなホテルに泊まっても海を楽しむことは可能です。何度か沖縄本島を訪れている人でも滞在するホテルを変えたら、また違った楽しみ方ができるでしょう。リゾートホテルなら、プライベートビーチやオーシャンビューなどで海と触れ合える機会が多くなります。また、マリンアクティビティのプログラムを用意しているホテルも多く、シュノーケリングやダイビング、クルージングなど海でのさまざまな体験が可能です。
加えて、プライベートビーチや海が近いリゾートホテルはレンタルサービスが充実していることが多いので、少ない荷物ですぐに海へ出られることが利点です。なお、多くのリゾートホテルのビーチはスタッフによりきちんと管理されているため、安心して利用できるのも魅力の一つです。せっかくの沖縄旅行ですから、リゾートホテルで少し贅沢に、そして優雅に過ごしてみてはいかがでしょうか。

離島へ行く沖縄旅行の3泊4日コース1:石垣島周辺

コラム記事イメージ

人気の離島の一つである石垣島は、沖縄本島から南西400kmほどの場所にある八重山諸島の中心となる島です。訪れる際は、ほとんどの便が那覇空港で乗り継ぎになるため、旅行初日は、ホテルやホテル周辺で長旅の疲れを癒すことをおすすめします。石垣島は、本島に比べてのんびりとした雰囲気があり、ゆっくりとした時間の流れが楽しめる場所です。また、本島より少し暖かいこともあり、冬の旅行先としても人気があります。
2日目は、海が穏やかな場合、八重山諸島巡りがおすすめです。島々のなかで人気の高い西表島や由布島、小浜島、竹富島の4島を巡る際は、現地のオプショナルツアーを利用すると効率的に島巡りができます。一方、行きたい島が一つの場合、現地ツアーを使わず石垣島と離島をつなぐ離島定期船を利用すれば、じっくりと一つの島で過ごすことも可能です。
3日目は、石垣島の象徴ともいえる美しい「川平湾」や石垣島と西表島にしか生息しない「米原ヤエヤマヤシ群落」などを巡る観光をおすすめします。石垣島には、さまざまな場所に観光スポットが点在しているため、観光をする際は、レンタカーや観光バスを利用すると便利です。また、シュノーケリングスポットとして人気の「米原ビーチ」をはじめ、石垣島周辺では、シュノーケリングやダイビングなどのマリンアクティビティも楽しめます。
4日目は、帰りの飛行機までの時間が少ない場合、ホテルでゆっくりと過ごしてから空港に向かうと良いでしょう。ただし、石垣島市街地から空港までの道は、観光客が多い時期は渋滞する可能性があるため、早めに空港に着いておくほうが無難です。空港では、ショッピングや食事ができるほか、展望デッキからは海や山、発着する飛行機を眺めることができます。飛行機の出発時間まで余裕がある場合は、マングローブの林のなかを進むカヌーツアーや、波が穏やかなら石垣島から船で約10分の場所にある竹富島散策がおすすめです。最後までじっくりと石垣島を満喫しましょう。

川平湾
住所:沖縄県石垣市字川平1054
アクセス:石垣空港から車で30分
米原ヤエヤマヤシ群落
住所:沖縄県石垣市字桴海
アクセス:石垣空港から車で20分

離島へ行く沖縄旅行の3泊4日コース2:宮古島

コラム記事イメージ

宮古島は、那覇から280kmほど南東にある、宮古ブルーと称される透明度の高い海が魅力の島です。石垣島と同じく、多くの便が那覇空港経由になっているため、ほとんどの場合、到着は昼過ぎになります。宮古島は、たくさんの観光スポットを巡るよりのんびり過ごしたい人に適している場所でもあるため、初日は何もしない時間を過ごすのも楽しみ方の一つです。また、沖縄のなかでもひときわ美しい海を眺めながら過ごす時間は、日常の心身の疲れを癒すとともに翌日以降の活力を与えてくれます。
そんな宮古島を訪れる多くの人が好むのは、ホテルでの滞在を楽しみながら、天気が良い日にレンタカーで観光スポットを巡る気ままな旅です。そのため、リゾートホテルの中でも客室の少ないプライベートな雰囲気のホテルも人気を集めています。そんな宮古島での観光でおすすめのスポットが、東洋一のビーチとして名高い「与那覇前浜ビーチ」や絶景スポットの一つ「砂山ビーチ」、無料で通れる日本一長い橋「伊良部大橋」などです。これらのスポットでは、美しい海に囲まれたこの島の魅力を存分に味わうことができます。
一方、活動的に宮古島の海と触れ合いたい場合におすすめしたいのが、シュノーケリングやダイビング、シーカヤックなどのマリンアクティビティです。特に、ウミガメと高い確率で遭遇できる現地ツアーは、高い人気を誇ります。そんな観光やアクティビティを楽しむ際にぜひ食べておきたいのが、「宮古そば」などの宮古島ならではのグルメです。そして、最終日の朝は、ホテルでゆっくりと過ごし、ドライブしながら空港へ向かうと、最後まで宮古島の魅力を満喫できます。また、帰りの便まで時間があるときに立ち寄りたい場所は、観光客にも地元の人にも人気がある「あたらす市場」です。空港から車で4〜5分ほどの場所にあり、マンゴーやパッションフルーツなどの地元の農産物や加工品が手に入ります。

与那覇前浜ビーチ
住所:沖縄県宮古島市下地与那覇1199
アクセス:宮古空港から車で10分
砂山ビーチ
住所:沖縄県宮古島市平良字荷川取 705
アクセス:宮古空港から車で15分
伊良部大橋
住所:沖縄県宮古島市平良久貝
アクセス:那覇空港から車で10分

他にもある!3泊4日の沖縄旅行の楽しみ方

コラム記事イメージ

3泊4日の沖縄旅行を楽しみ方は、日によって泊まるホテルを変えたり、過ごし方を変えたりするなど、これまで紹介したコース以外にもいくつものコツがあります。たとえば、3泊4日すべて同じホテルに宿泊すると往復の時間を考慮する必要がありますが、観光するエリアに合わせて別々のホテルを選べば、その必要はありません。また、リゾートホテルでビーチやアクティビティを楽しんだ翌日は、さまざまな観光スポットを巡るといった過ごし方の組み合わせでホテルを選ぶこともできます。
このような思い通りの沖縄旅行をしたい場合、ホテルや飛行機の予約ができるツアーを利用すると便利です。また、レンタカー付きのプランを選び、現地での移動手段まで事前に手配することでスムーズに観光がスタートできます。

3泊4日で希望に合った沖縄旅行をしよう

コラム記事イメージ

沖縄旅行は、3泊4日あれば、じっくりと観光したり、ビーチやマリンアクティビティを満喫したりといった思い通りの過ごし方ができます。また、沖縄ツーリストが扱っているツアーを選ぶと、ホテルや飛行機の予約とともにレンタカーも一緒に手配できるので、効率的に観光を楽しむことが可能です。せっかくの沖縄旅行ですから希望に合った3泊4日の旅にしましょう。

旅行 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

観光庁長官登録旅行業第155号/日本旅行業協会正会員
(c) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.