2泊3日で沖縄旅行がしたい!計画の立て方や訪れたい場所は?|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 2泊3日で沖縄旅行がしたい!計画の立て方や訪れたい場所は?

2泊3日で沖縄旅行がしたい!計画の立て方や訪れたい場所は?

2020.02.21更新

コラム記事トピック画像

  • 2泊3日
  • 旅行
  • おすすめ
  • 一人旅

せっかく沖縄旅行をするなら、1泊だけなく2泊以上でゆったり旅行したいと考える人は多いかもしれません。2泊3日の旅行であれば、沖縄を思う存分楽しむことができます。では、2泊3日で沖縄旅行をする場合どのように計画を立てたら良いのでしょうか。この記事では、2泊3日の沖縄旅行計画の立て方や訪れたい場所について紹介します。

2泊3日の沖縄旅行の計画の立て方は?

コラム記事イメージ

沖縄本島は南北に長い地形で、観光エリアは北部・中部・南部に分かれているのが特徴です。2泊3日で旅行すれば、北部・中部・南部をそれぞれ1日かけて周ることができるのでじっくり観光できます。北部・中部・南部のエリア別に行きたい観光地をピックアップし、行く順番を決めると良いでしょう。沖縄は多くの観光客が訪れるので、観光客向けの観光施設やテーマパークも多いです。沖縄ならではのシュノーケリング体験や、自然を散策するツアーを実施しているところもあります。 そういった施設を上手に活用するのがおすすめです。また、2泊3日であれば沖縄本島だけでなく離島に足を延ばすこともできます。離島も沖縄本島とは違った雰囲気と静けさ、海の透明度の高さから人気です。

2泊3日の沖縄旅行に適した交通手段

コラム記事イメージ

2泊3日の沖縄旅行では、どのような交通手段が適しているのでしょうか。沖縄の基本の交通手段は、車です。レンタカーを借りて観光する人が多く、レンタカー付きのプランも多数あります。車の免許をもっていない場合は、バスを利用することで沖縄観光が可能です。沖縄は、バス便が発達しており那覇空港からは約20ものリムジンバス・路線バスが発着しています。また、那覇中心部の移動についてはモノレールの「ゆいレール」の利用も可能です。ゆいレールは、那覇空港から首里を通り、てだこ浦西までの18区間で運行されています。首里城、免税店のTギャラリア、国際通りなどへ行く際に便利です。

2泊3日の沖縄旅行で行きたい北部の観光スポット

コラム記事イメージ

ここでは、沖縄本島北部エリアのおすすめ観光スポットを5つ紹介します。
#北部の超人気スポット、沖縄美ら海水族館
沖縄美ら海水族館は、本部町(もとぶちょう)の海洋博公園内にあります。特に有名なのは、ジンベエザメがいる巨大アクリルパネルの水槽です。深さ10m・幅35m・奥行き27mと日本最大級の巨大水槽は迫力満点。その他にもイルカショーやサンゴ礁、熱帯魚、ウミガメなど沖縄の海の魅力を気軽に味わえます。

#エメラルドビーチ
エメラルドビーチは、美ら海水族館と同じ海洋博公園内にある人口ビーチです。真っ白なコーラルサンド(珊瑚砂)が敷き詰められています。コーラルサンドは、見た目に美しいだけでなく歩きやすいので家族連れにもおすすめです。トイレやシャワーなどの設備もあり、遊泳期間中は監視員もいるので安心して遊ぶことができます。

#熱帯ドリームセンター
美ら海水族館・エメラルドビーチと同じく海洋博公園の中にあります。2000株以上のランの花を中心に、熱帯や亜熱帯の花やトロピカルフルーツを眺めることができるでしょう。また、高さ36mの「遠見台」からは園内と青い海を一望できます。園内のカフェでは、ゆったりくつろぐことができるので美ら海水族館やエメラルドビーチで思いっきり遊んだ後にのんびり過ごすのにおすすめです。美ら海水族館のチケットを提示すると入場料が半額になるのもうれしいポイントです。

#ナゴパイナップルパーク
ナゴパイナップルパークは、北部の中心エリアである名護市にあります。200種類以上のパイナップルを中心に、カラフルや花や植物を鑑賞することができます。パーク内には、パイナップル畑やパイナップルのモニュメント、ビッグパイナップルパフェなどインスタ映えしそうなスポット・グルメがたくさんあります。意外と知らないパイナップルの知識についても学ぶことができます。

#OKINAWAフルーツらんど
OKINAWAフルーツらんどは、マンゴーやパパイヤなど数多くの南国のフルーツを栽培している亜熱帯果樹園です。体験プログラムの「トロピカル王国物語」は人気が高くおすすめです。絵本のファンタジックな世界観に浸りながら、謎解きを楽しみつつ施設内をめぐることができます。大人でも充分楽しめるボリュームと作り込みは圧巻です。

沖縄美ら海水族館
住所:沖縄県国頭郡本部町石川424
アクセス:那覇空港から車で120分
ナゴパイナップルパーク
住所:沖縄県名護市為又1195
アクセス:那覇空港から車で80分
OKINAWAフルーツらんど
住所:沖縄県名護市字為又1220-71
アクセス:那覇空港から車で80分

2泊3日の沖縄旅行で行きたい中部の観光スポット

コラム記事イメージ

沖縄本島中部エリアのおすすめ観光スポットを5つみていきましょう。

#万座毛(まんざもう)
中部の西海岸、リゾート地として人気が高い恩納村(おんなそん)にあります。万座毛は、隆起サンゴ礁によってできている断崖で、東シナ海を一望できる景勝地です。万座毛は、夕景スポットとしても人気です。水平線へ沈む夕日を見ながらのんびり散歩をするのもおすすめです。

#海中道路
海中道路は、沖縄中部の東側に位置する浜比嘉島や平安座島などの離島と、沖縄本島側のうるま市とをつなぐ道路です。全長約5kmにまっすぐ伸びる道路の両側には、見渡す限り海が広がっています。まるで海上を走っているかのような感覚を味わえると、ドライブに人気のスポットです。

#座喜味城跡(ざきみじょうあと)
中部の西側に位置する読谷村(よみたんそん)にあります。琉球王国戦国時代の要塞で高い歴史価値が認められており、世界遺産に登録されていることも特徴です。入り口には、「ユンタンザミュージアム」という民俗資料館もあり、座喜味城跡や読谷村を中心とした沖縄の歴史について学ぶことができます。城壁の上に登れるので、他の城跡とは違った楽しみ方

#美浜アメリカンビレッジ
美浜アメリカンビレッジは北谷町(ちゃたんちょう)にある、広大な敷地内に買い物や食事を楽しめる店が立ち並ぶショッピングモールです。アメリカンテイストで統一された施設内は、まるでテーマパークのような美しさ。すぐそばには北谷サンセットビーチもあり、散歩しながらビーチの夕景を楽しむこともできます。

#琉球村
中部の西側エリア、恩納村にあります。琉球村は、琉球文化がまるごと楽しめる観光客向けのテーマパークです。琉球古民家や伝統舞踊のエイサーを見学できます。その他、シーサー作りやサーターアンダギー作り、三線演奏などの体験も楽しめるでしょう。

万座毛
住所:那覇空港から車で60分
アクセス:沖縄県国頭郡恩納村字恩納
座喜味城跡
住所:沖縄県読谷村字座喜味708-6
アクセス:那覇空港から車で70分
美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ
住所:沖縄県北谷町宇美浜
アクセス:那覇空港から車で45分

2泊3日の沖縄旅行で行きたい南部の観光スポット

コラム記事イメージ

沖縄本島南部エリアのおすすめ観光スポットを5つ紹介します。

#ガンガラーの谷
沖縄南部の東側、南城市(なんじょうし)にあります。ガンガラーの谷は、豊かな自然が残る亜熱帯の谷で、樹齢150年の大きなガジュマルの木がそびえています。ガンガラーの谷へは、ツアーでのみ入場が可能です。ツアーのあとは、鍾乳洞をそのままカフェにした「ケイブカフェ」でゆっくりお茶をするのもおすすめです。

#おきなわワールド
おきなわワールドは、ガンガラーの谷の道を挟んで向かい側にあります。国内最大級といわれる天然記念物の鍾乳洞「玉泉洞」は迫力満点で、園内でも最大の見どころです。その他にも、築100年以上の琉球古民家を移築して作られた「琉球王国城下町」やエイサー、ハブのショー、黒糖作りなどの体験も楽しめます。

#平和祈念公園
平和祈念公園は、第2次世界大戦の戦没者の鎮魂や平和を祈るために作られた施設です。沖縄本島の最南端に位置し、沖縄戦終焉の地でもある糸満市(いとまんし)にあります。平和記念像、平和祈念資料館、平和の礎など、さまざまな角度から沖縄戦の歴史を学ぶことができます。

#斎場御嶽(せーふぁうたき)
琉球王国時代に重要な祭事や祈りが行われていた、沖縄を代表する聖地です。大きな岩や木々に囲まれ、琉球王国神話で神の島と呼ばれる久高島(くだかじま)を臨むこともできます。世界文化遺産に登録されており、パワースポットしても有名です。本来は、儀式が行われていた神聖な場所なので厳かな気持ちで訪れるのが良いでしょう。

#沖縄アウトレットモールあしびなー
ブランド品やお土産をアウトレット価格で購入できます。那覇空港からの直通バスで約15分、車でもアクセスの良い立地で観光客に人気です。また、あしびなーの近くにある「道の駅豊崎」では、季節によっては地元農家のマンゴーやパイナップルなどがお手頃価格で購入できます。さらに、徒歩15分ほど足を延ばすと、ヤシの木が美しい「豊崎美らSUNビーチ」で遊ぶことも可能です。シャワー完備・監視員も常駐しており、買い物帰りにサッと遊ぶのに向いている快適なビーチです。

ガンガラーの谷
住所:沖縄県南城市玉城字前川202
アクセス:那覇空港から車で30分
おきなわワールド
住所:沖縄県南城市玉城前川1336
アクセス:那覇空港から車で30分
平和祈念公園
住所:沖縄県糸満市字摩文仁444
アクセス:那覇空港から車で45分

2泊3日の沖縄旅行で訪れたい離島

コラム記事イメージ

最後に、2泊3日の沖縄旅行でおすすめの離島を4つ紹介します。
#石垣島
沖縄本島から400kmほど離れており、飛行機で約1時間です。羽田空港や関西国際空港からの直行便で行くこともできます。石垣島には、沖縄の自然が残っておりさまざまなアクティビティを楽しめるでしょう。また、八重山諸島の中心となっているため周辺の離島めぐりの拠点とすることもできます。

#竹富島
石垣島から高速船で約10分です。昔ながらの沖縄らしい街並みが残る場所。竹富島名物の水牛車でのんびりと散策するのもおすすめです。それ以外にも夕日スポットである西桟橋、コンドイビーチでのシュノーケリングなど、離島ならではの海を存分に楽しむことができます。

#久米島
久米島は、沖縄本島から西に約100km、那覇から飛行機で約30分の場所です。沖縄の離島の中では観光客が少なめで、のんびり過ごすことができます。久米島観光で押さえておきたいのが、真っ白な砂だけで作られた無人島「はての浜」です。360度をエメラルドの海に囲まれたビーチはまさしく絶景で、離島ならではの醍醐味といえるでしょう。

#座間味島(ざまみじま)
那覇から高速船で約50分とアクセスも良く、日帰りで行くこともできます。2泊3日の旅でも行きやすくておすすめです。独特なコバルトブルーの海の青さは非常に美しく、世界のダイバーから「ケラマブルー」と評されるほどです。ケラマブルーを存分に楽しめるシュノーケリングや体験ダイビングなどのアクティビティがおすすめです。

2泊3日の計画を立て沖縄旅行を満喫しよう

コラム記事イメージ

2泊3日の沖縄旅行なら、沖縄のさまざまな場所を観光することができます。しかし、ホテルや飛行機の手配など旅行には面倒な手続きもつきもの。そんなときは、ツアーの旅行を選んでみることも一つの方法です。沖縄ツーリストのツアーを選べば2泊3日分のホテルや飛行機の手配を簡単に行えます。2泊3日の計画を立て沖縄旅行を満喫しましょう。

旅行 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

観光庁長官登録旅行業第155号/日本旅行業協会正会員
(c) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.