沖縄旅行は1泊2日でも楽しめる!目的に合ったプランを練ろう!|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 沖縄旅行は1泊2日でも楽しめる!目的に合ったプランを練ろう!

沖縄旅行は1泊2日でも楽しめる!目的に合ったプランを練ろう!

2020.02.21更新

コラム記事トピック画像

  • 1泊2日
  • 旅行
  • 一人旅
  • おすすめ

「気分転換をかねて沖縄旅行を1泊2日で気軽に楽しみたい!」という人はいませんか。そうは思っていても、沖縄旅行は興味があるけれど日程的には難しいとあきらめてしまっている人も多いのではないでしょうか。実は1泊2日で十分沖縄旅行が楽しめます。沖縄には見どころがたくさんありますが、それぞれの旅の目的にあった具体的なプランを紹介します。

1泊2日の沖縄旅行を楽しむコツは?

コラム記事イメージ

1泊2日でも場所を絞れば沖縄旅行は十分楽しめます。たとえば、那覇エリアを集中的に観光するようにすれば、週末を利用して1泊2日でプランをたてることも可能です。那覇市内からそれほど遠くないリゾートエリアもあるので、そこでゆっくりと過ごすのもよいでしょう。また、飛行機は朝早い便を利用したり、ホテルを朝早く出発したりすれば時間が有効に使えるのでおすすめです。これらの方法であれば、仕事が忙しくてなかなか休みがとれない人もしっかり1泊2日でリフレッシュできるでしょう。

1泊2日の沖縄旅行プラン1:「ゆいレール」で散策する

コラム記事イメージ

沖縄にはすべての地域に電車がないため、一般的には移動手段としてバスやタクシー、レンタカーなどを利用するのが一般的です。しかし、那覇空港から首里を通り浦添までを約37分で移動できる18区間の「ゆいレール」と呼ばれるモノレールの活用も検討してみましょう。「ゆいレール」で効率的に観光や散策をするのがおすすめです。運賃は150〜370円ほどで、リーズナブルな価格で移動できるのも魅力。乗り降りし放題のフリー乗車券は、大人料金が800円です。購入後から24時間有効ですので、乗車直前に購入するようにしましょう。また、フリー乗車券には「ゆいレール」から徒歩圏内の観光施設などの割引券がついているので、お得に観光できるでしょう。
「ゆいレール」は、タクシーを利用するよりも料金が安くすむ可能性が高いですし、レンタカーを利用しないため自分で運転する必要がありません。さらに、渋滞に巻き込まれる心配がないのもメリットです。しかし、時間帯によって大きなスーツケースを持った観光客で車両がいっぱいになることもあります。空港に行くときなどは、時間に余裕を持って乗りましょう。料金がお得になった分で、観光中にお酒を楽しむこともできます。「ゆいレール」は那覇空港からオフィス街を走り、那覇の中心部国際通りを通過していきます。ゆっくりと那覇の景色を眺めているだけでも楽しめるでしょう。また、国際通り、大型のショッピングセンターや首里城公園なども徒歩で行ける場所に駅があるので便利です。そのほかにも沖縄県立博物館・美術館や壺屋やちむん通りなど、さまざまな観光スポットに行くことができます。
県庁前駅や牧志駅で降りれば、徒歩約1分で国際通りに到着です。沖縄でも有数の繁華街で、お土産を探したり、グルメを楽しんだりすることができるでしょう。お店の数も多いので目移りしそうなほどです。市場や沖縄風の居酒屋で沖縄グルメの食べ歩きも楽しめます。沖縄特有の焼き物「やちむん」に興味がある人は、窯元が集中している壺屋やちむん通りに足を運んでみましょう。牧志駅か安里駅から徒歩約10分以内で壺屋やちむん通りに到着です。「やちむん」を自分で作ることができたり、気に入った「やちむん」を購入したりできます。沖縄県内の様々な工房からやちむんを集めたセレクトショップもありますので、読谷村など空港から少し離れた場所まで行かなくても購入が可能です。散策に疲れたら、カフェもいくつかあるので安心です。白米とさんぴん茶で作り上げる泡を、玄米のお茶に浮かべて楽しむ「ぶくぶく茶」が楽しめるカフェもありますよ。沖縄ならではのドリンクですので、一度味わってみてはいかかでしょうか。
そのほかにも、赤嶺駅や那覇空港駅から200〜300円で運行されているバスを利用すれば、瀬長島ウミカジテラスなどの観光スポットに手軽に行くことができるので「ゆいレール」を上手に利用してみましょう。

瀬長島ウミカジテラス
住所:沖縄県豊見城市174番地6
アクセス:那覇空港から車で約15分

1泊2日の沖縄旅行プラン2:レンタカーで絶景を巡る

コラム記事イメージ

1泊2日で効率よく広い範囲を観光するなら、レンタカーを利用しましょう。多少距離があったとしても、観光したいスポットがあらかじめ決まっている場合にはレンタカーがおすすめです。たとえば、沖縄ならではの絶景を巡りたいと考えている人はレンタカーがあれば安心。1泊2日の沖縄旅行プランでは、レンタカーがあらかじめ付いているものもあるので利用してみましょう。時間が限られている場合は、訪れたいスポットまで一気に北上してしまいましょう。あとは気になる観光地やカフェを巡りながら、空港に向かって南下していけば効率よく沖縄観光ができます。 那覇市内からレンタカーを利用すれば、多くの絶景スポットを訪れることができます。絶景ポイントを3つご紹介します。
#「古宇利島」
高速道路を利用して約1時間半で行ける「古宇利島」には、橋を渡っていくと手軽に離島の雰囲気が味わえるでしょう。「古宇利島」には、美しいビーチがあり別名「恋の島」や「神の島」と呼ばれています。それを象徴するかのように有名な「ハートロック」があるのもこの島です。「古宇利島」は、レンタカーを利用すれば短時間で行くことができます。
#「青の洞窟」
恩納村真栄田岬にある自然の洞窟で、那覇空港でレンタカーを借りれば約1時間で到着します。洞窟内の海の色が深い青色をしている理由は、日光が海の底に反射するからです。時間に余裕があれば「青の洞窟」の中を泳ぐツアーに参加できます。幻想的で美しい洞窟内を堪能してみましょう。長距離の泳ぎに自信がない場合は、港からボートで入り口付近まで行くことができるでしょう。海に入る余裕がない場合は、青の洞窟の近くにあるbeach51にある高台がおすすめ。駐車場がないので真栄田岬の有料駐車場を利用する必要がありますが、撮影スポット満載なので穴場のビーチです。
#「沖縄美ら海水族館」
巨大な水槽があり普段はなかなか見ることができないジンベエザメや、ナンヨウマンタがゆっくりと泳ぐ姿を見ることができます。暑い日は、大きな水族館でゆったり過ごすのもよいでしょう。沖縄美ら海水族館は、本部町の海洋博公園内にありイルカもいます。屋外にはクジラの仲間のオキゴンドウのショーが見られる「オキちゃん劇場」もありますので、事前に見たいスポットをある程度絞っておくと良いでしょう。公園内は、とても広く散策するだけでも楽しめます。那覇空港からレンタカーで高速道路を利用すれば約2時間で行くことができるでしょう。

古宇利島
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利 古宇利島
アクセス:那覇空港から車で90分
沖縄美ら海水族館
住所:沖縄県国頭郡本部町石川424
アクセス:那覇空港から車で120分

1泊2日の沖縄旅行プラン3:リゾートホテルでくつろぐ

コラム記事イメージ

「1泊2日でゆっくり沖縄を満喫したい」という気分のときは、リゾートホテルでくつろぐプランも選択肢の一つです。リゾートホテルのバルコニーから穏やかで澄んだ青い海を眺めているだけで、非日常気分が味わえます。また、ビーチから近いリゾートホテルに泊まれば気軽に砂浜を散策したり、景色のよい大きな庭があったりするので、散歩しているだけでも十分リゾート感を満喫できるでしょう。 沖縄には、自然がしっかり保護されているビーチや、ホテルが所有しているプライベートビーチなどがあります。それぞれの好みや目的に合わせてホテルを選ぶことが可能です。さらに、1泊2日であれば比較的リーズナブルに宿泊できるプランが豊富にそろっています。レンタカーがついているものもあり、空港からリゾートホテルまで景色を楽しみながらドライブを楽しむことができるでしょう。 飛行機とホテルのみがセットになったプランもあるので、お気に入りのホテルを探して予約してみましょう。より価格を重視したい場合は、秋冬の期間でリーズナブルなプランを探すことで、抑えた費用で午前発午後帰りなどの良い時間帯のフライトを選ぶことが可能です。

1泊2日の沖縄旅行プラン4:買い物やグルメを楽しむ

コラム記事イメージ

沖縄で買い物やグルメを満喫したいときは、1泊2日の日程で可能なプランを考えてみましょう。日程がタイトなため、思う存分絶景を楽しんだりリゾートでゆっくり過ごしたりすることができない可能性もあります。そのため、買い物やグルメだけに集中してプランを立てることも一つの方法です。もし、買い物をメインに楽しむなら国際通りや、免税店(DFS)など買い物の内容にあわせて時間配分を考えるとよいでしょう。国際通りでは、やちむんやシーサーなど沖縄ならではのお土産が見つかりますし、DFSではブランド品などの品ぞろえが豊富です。 グルメをメインに楽しむとしても、1泊2日の場合は食事の回数が限られます。そのため、沖縄そばやチャンプルーなど伝統的な沖縄料理に的を絞って食べ歩きをするなどの方法もおすすめです。那覇市内の繁華街では、人気のステーキ店が夜遅くまで営業しています。食べたいものを事前に考えて計画を立てておきましょう。

1泊2日の沖縄旅行プラン5:サンセットに癒される

コラム記事イメージ

夕日を見て癒されたい人は、沖縄で美しいサンセットを満喫してみてはいかがでしょうか。沖縄の美しい海で見られるサンセットは、観光客の間でも人気が高いです。1泊2日の日程であわただしく過ごして疲れてしまうよりも、サンセットをメインにしてゆっくりお酒を楽しんだり、会話を楽しんだりすることでゆとりのある旅行をすることができるでしょう。 沖縄でサンセットが満喫できる絶景スポットは、沖縄県中部の北谷町にあるサンセットビーチがあります。海に沈んでいくサンセットが見たい人はサンセットビーチを訪れてみましょう。また、「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」にある万座ビーチのサンセットもおすすめです。リゾートホテルでゆっくりした後に、ビーチを散歩してサンセットを堪能して癒されましょう。首里城に立ち寄る予定がある場合は、首里城内にある「西のアザナ」と呼ばれている展望台で見るサンセットもおすすめです。こちらは、沖縄の街並みを一望できる場所から夕日を見られますし、無料区域なので気軽に立ち寄ることができるでしょう。

ホテルイメージ

おすすめのホテルはこちら

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

このホテルに泊まるプランを見る

1泊2日で沖縄旅行を楽しもう!

コラム記事イメージ

沖縄はビーチリゾートや沖縄グルメ、ショッピングなどさまざまな楽しみ方ができます。旅行に行く日程に余裕がないときは「沖縄は遠いし、最低でも3日休みがないと…」と諦めきらめてしまうかもしれません。しかし、忙しい人でも1泊2日あれば十分沖縄旅行を楽しめます。沖縄ツーリストでは、1泊2日の宿泊プランを豊富に取りそろえているだけでなく、飛行機とホテルの予約も簡単に取ることが可能です。思い立ったら1泊2日の沖縄旅行を計画してみましょう。

旅行 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

観光庁長官登録旅行業第155号/日本旅行業協会正会員
(c) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.