快適に観光できる!秋ならではの沖縄旅行の魅力って?|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 快適に観光できる!秋ならではの沖縄旅行の魅力って?

快適に観光できる!秋ならではの沖縄旅行の魅力って?

2019.12.27更新

コラム記事トピック画像

  • アクティビティ
  • 服装
  • イベント

夏休みになると多くの観光客が訪れる国内有数の南国リゾート・沖縄。常夏のイメージが強い沖縄ですが、少し時期をずらして秋に訪れてみてはいかがでしょう?夏に比べると日差しがやわらかくなり観光客が少なくなる秋の沖縄は魅力がいっぱい。この記事では、秋ならではの沖縄観光の魅力について説明します。

秋に沖縄旅行するメリットとは?

コラム記事イメージ

沖縄といえば、やはり“海”ですよね!青く美しい沖縄の海は国際的にも評価されており世界中から多くの観光客が訪れます。一般的に海で遊べる季節は夏に限られていますが、気温が高い沖縄では本州が秋めいてくる9月・10月になっても海を楽しむことが可能です。10月頃まで海に入ることができるので、海水浴はもちろんシュノーケリングをして楽しむのも良いでしょう。
秋の沖縄は夏に比べてビーチでのんびり過ごしやすいところが特徴です。夏休みシーズンになると、ビーチは海水浴やマリンスポーツを楽しむ人であふれかえりますが、夏休みが終わって秋になると、海に訪れる観光客は少なくなります。レジャーシートや飲み物などを持参して、ゆったりとした優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

沖縄は日差しが強いことでも有名です。真夏になれば紫外線の強さは本土の約1.5〜2倍になるといわれており、屋外にいるときはサングラスなしではまともに目を開けることも難しいでしょう。夏の沖縄は日焼け対策が欠かせず、きちんと対策を行わないとすぐに肌が赤くなってヒリヒリしてしまいます。
秋なら夏に比べて日差しが弱まり屋外でも動き安いので、観光を心ゆくまで楽しむことができます。ただ、秋であっても日焼け対策は必要です。弱くはなるとはいえ日中はまだ紫外線量が多いので、日焼け止めをこまめに塗る・帽子をかぶる・長袖の服を着て肌の露出を避けるなど、しっかり対策を行いましょう。

秋の沖縄旅行ではどんな観光ができる?

コラム記事イメージ

秋の沖縄は夏に比べて日差しが弱くなっており、外でのアクティビティや観光がしやすい季節です。せっかく秋に旅行をするなら、沖縄の自然を存分に味わってみてはいかがでしょうか。

沖縄の豊かな自然の中でも人気があるのがマングローブです。マングローブは真水と海水が混ざり合う汽水域と呼ばれるところに生えており、日本国内では鹿児島と沖縄でしか見ることができない貴重な植物群です。カヤックに乗って川からマングローブを見られる、カヤック体験が人気です。丁寧にレクチャーしてもらえるので初心者でも安心して楽しめますよ。また、遊歩道も設置されているので、マングローブの中を歩きながらここにしか生息しない珍しい生き物を探してみるのも楽しいでしょう。
沖縄でマングローブが見られるスポットはいくつかありますが、なかでも人気なのが「慶佐次湾のヒルギ林」です。国の天然記念物にも指定されている沖縄本島最大級のマングローブ群落です。広さが東京ドーム約2個分という広大な敷地に3種類のマングローブと多様な動植物が生息しています。

沖縄といえばサトウキビ畑も有名。一面に広がるサトウキビ畑を見ながらその中を自転車で走ると、のどかな風景に癒されるだけでなく爽快感も味わえます。日本最南端の有人島として知られる波照間島には、サトウキビ畑はもちろんおしゃれなマンホールや日本最南端の碑、透明度が高く青い海がどこまでも続く北浜(ニシハマ)というビーチなど、見どころがたくさんあります。気温が下がった秋だからこそ、ぜひさまざまな観光地を訪れてみてはいかがでしょうか。

慶佐次川マングローブ
住所:沖縄県国頭郡東村字慶佐次
アクセス:那覇空港から車で110分

気軽に参加できる沖縄の秋のイベント

・那覇大綱挽(おおつなひき)まつり/那覇市
毎年10月の体育の日を含む土・日・月の3日間で開催されるお祭りです。市民演芸・民族伝統芸能パレードなど魅力的な企画が多い中、なんといってもメインの大綱挽は一見の価値ありです。沖縄のメインストリートである国道58号の久茂地交差点で、直径約2メートル・全長200メートル・総重量40トンの大綱を1万5,000人が挽きあう、沖縄最大規模のビッグイベントです。
祭りの歴史は古く、発祥は西暦1450年頃だと言われています。まちの平和や交通安全・市民の繁栄・商売繁盛など、那覇市とそこに住む人々の幸せを願って開催される市を挙げたこの祭りは、今や「世界一のわら綱」としてギネスブックに認定され、祭りの様子を一目見ようと日本各地・海外からも多くの人が足を運ぶようになりました。

・壺屋陶器まつり/那覇市
毎年11月後半に開催されるイベントです。沖縄の窯元が集まり、ここでしか買えない焼き物が多数販売されます。窯元ごとに異なる多種多様な焼き物を楽しめるのが魅力です。人気があるのは、やはり沖縄の守り神の象徴であるシーサーでしょう。お土産に購入してみてはいかがでしょうか。もちろん、普段使いできる食器類も販売されています。オークションやその場で作品を作り上げる「カーミスーブ」など、日替わりのイベントも行われており、その日その日で異なる楽しみ方ができます。

秋の沖縄旅行で気をつけたい注意点

コラム記事イメージ

夏に比べて過ごしやすく、イベントも豊富な秋の沖縄旅行ですが、注意しておきたい点がいくつかあります。
一年中温暖なイメージの強い沖縄。確かに秋になっても日中の温度は高い傾向にあります。しかし、朝や夜の気温は低くなりやすく、秋らしい肌寒さを感じる場合があるでしょう。朝晩の温度差が大きく、雨が降っている日や風が強い日は特に肌寒さを感じやすいので、簡単に羽織れるカーディガンやパーカーなどを持ち歩くと良いでしょう。
秋になっても、沖縄はまだまだ日差しに注意が必要です。真夏に比べれば日差しは弱くなっていますが、長時間屋外にいると日焼けをする可能性があります。日中は半袖で過ごすことが多い季節なので、日焼けをしたくない人は日焼け止めをきちんと塗ったり、日傘を使用したりするなどの対策を行う必要があります。
さらに、海で遊びたいと考えている人は、ビーチの営業期間に要注意です。夏に比べて人が少なくのんびりできるのが秋の海の魅力ですが、多くのビーチが11月に入ると営業を終了してしまいます。海水の温度も低くなるので、11月になると海に行く人もぐっと少なくなります。秋の沖縄の海を楽しめるのは10月いっぱいまででしょう。

秋の沖縄旅行で快適な旅をしよう

コラム記事イメージ

秋の沖縄は夏のような暑さがなく、快適な気温の中で観光できるところが大きな魅力です。日焼け対策はまだ必要ですが、真夏に比べれば日差しも少し弱まっているので、外で行われるイベントやアクティビティも楽しむことができます。秋に開催されるイベントはたくさんあり、お祭りに参加したり、自然に触れたりすることで沖縄らしさを堪能することができるでしょう。夏休みが終わり、ビーチの賑わいも少しおさまるので、きれいな海を眺めながらビーチでのんびり過ごすのも良い楽しみ方です。過ごしやすい気温になった秋の沖縄で、快適な旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

アクティビティ 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

観光庁長官登録旅行業第155号/日本旅行業協会正会員
(c) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.