夏の沖縄旅行ではどこに行く?おすすめの観光をピックアップ!|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 夏の沖縄旅行ではどこに行く?おすすめの観光をピックアップ!

夏の沖縄旅行ではどこに行く?おすすめの観光をピックアップ!

2019.12.27更新

コラム記事トピック画像

  • 観光スポット
  • 水族館
  • アクティビティ

人気の旅行先としても知られる沖縄ですが、夏の沖縄ではどのような観光ができるのでしょうか。夏は沖縄に多くの観光客が訪れる時期であり、さまざまなスポットで観光を楽しむことが可能です。ここでは、沖縄に行ってみたいけれど、どこに行けば良いのかよく分からないという人に向けて、夏の沖縄旅行の魅力的な観光をピックアップして紹介していきます。

夏の沖縄旅行におすすめの観光1:シュノーケリング

コラム記事イメージ

沖縄の海を堪能するなら、気軽に体験できるシュノーケリングがおすすめです。キレイな海がある沖縄だからこそ、楽しむことができるマリンスポーツともいえるでしょう。シュノーケリングは、水中めがね、呼吸をするための用具であるシュノーケル、足に装着するフィンだけでできるので、気軽に体験することが可能です。ダイビングに必要な装備のようなものも特別な技術も必要ありません。そのため、子供でも安心してチャレンジできます。また、シュノーケリングは、泳ぐのが苦手な人でも楽しむことが可能なので、気軽に沖縄の海の雰囲気を味わえるのが魅力的といえます。
シュノーケリングをする際には、水着の上にラッシュガードもしくはウェットスーツを着用するのが基本的なスタイルとなります。水面や浅い海中を泳ぎながら、美しい魚や景色などを楽しめるところがシュノーケリングの特徴です。沖縄のように、水の透明度が高い海では、魚やサンゴが見えやすいため、初めての人でも楽しめるでしょう。

夏の沖縄旅行におすすめの観光2:おきなわワールド

コラム記事イメージ

夏におすすめの観光地は、おきなわワールドです。おきなわワールドは、沖縄の自然や歴史を楽しめる観光テーマパークです。1972年4月に最初のエリアが完成してから次々と拡大して、東京ドーム4個分もの広大な観光施設へと変化していきました。この広いテーマパーク内は、各エリアに分かれています。注目すべきエリアはいくつもありますが、まずは「玉泉洞」が挙げられるでしょう。玉泉洞では天然記念物としても指定されている鍾乳洞のことで、中にある鍾乳石の数は100万本以上となっていて、国内最多です。国内最大級といわれる鍾乳洞の全長は5000メートルですが、公開されているのは890メートルで、残りは研究用となっているので、見ることはできません。
また、国の登録有形文化財に指定されている「琉球王国城下町」では琉球王国の街並みが再現されていて、伝統工芸の体験も可能です。さとうきび染めや琉球ガラス作りなど、沖縄ならではの製作体験ができます。
その他にも、スーパーエイサーショーやハブのショーなどのパフォーマンス、100種類ほどある熱帯果樹園では珍しい花や果実を見ることができ、フルーツジュースも楽しめます。フルーツジュースは種類も豊富で、トロピカルフルーツや、ヤシの実ジュースなど南国のフルーツを使ったものを飲むことができます。このように、おきなわワールドは沖縄の魅力をたくさん体験することができ、大人も子供も楽しめる観光スポットです。
那覇空港から車で約30分の場所にあり、アクセスも良いので、気軽に遊びに行くことができるでしょう。なお、おきなわワールドは、すべてのエリアを楽しもうとすると半日以上かかってしまうので、時間に余裕をもって訪れるようにしてください。

おきなわワールド
住所:沖縄県南城市玉城字前川1336
アクセス:那覇空港から30分

夏の沖縄旅行におすすめの観光3:美ら海水族館

コラム記事イメージ

美ら海水族館も、夏の沖縄旅行の際に訪れるべき観光スポットです。館内には巨大な水槽があり、8.7mものジンベエザメが泳ぐ姿を楽しむことができます。また、ナンヨウマンタや色とりどりの魚たちが泳ぎ回る姿を一望できる巨大なアクリルパネルがあるため、まるで沖縄の海の中にいるような感覚で魚を観察できるのも魅力の一つです。
なお、美ら海水族館では、複数飼育が困難といわれているジンベエザメの飼育にも挑戦しています。ジンベエザメの複数飼育を実現したのは、美ら海水族館が世界で初めてともいわれていて、日々いまだに多くの謎が残っているジンベエザメの飼育をしています。
また、館内プログラムをはじめとして、水族館周辺や海洋博公園施設のプログラムなど、さまざまなプログラムがあり、観光客の人気を集めています。館内プログラムでは、飼育員の解説やえさやり解説が、水族館の周辺ではイルカのショーや、えさやり体験を実施しています。
イルカの生態についてもっと詳しく知りたいという人は、ダイバーショープールでおこなわれるイルカの生態を解説してくれるプログラムに参加するのがおすすめです。水中で泳ぐイルカをガラス面から観察しつつ、その生態についての解説を聞くことができます。さらに、美ら海水族館の近くにある海洋博公園では、園内にある植物についてガイドが解説する企画や、クラフト作り体験をすることができます。1日中楽しむことができる施設です。

沖縄美ら海水族館
住所:沖縄県国頭郡本部町字石川424
アクセス:那覇空港から車で120分

夏の沖縄旅行を計画するときの注意点

コラム記事イメージ

夏の沖縄旅行を計画する際に注意する点は、沖縄旅行のピークが夏だということです。沖縄に訪れる観光客は、年々増加傾向にあります。平成28年度に沖縄を訪れた観光客は870万人以上であるといわれていますが、特に夏休みシーズンに観光客が集中します。そのため、早めに飛行機やホテルの予約をしないと、希望している便やホテルが取れない可能性があります。泊まりたいホテルや狙っている日程があるならば、遅くても60日前までに予約を済ませておくようにしましょう。
また、沖縄を移動するときに車で移動したいという人は、レンタカーの予約も忘れないように気をつけてください。直前の予約になると、希望の車種が借りられなかったり、満車の場合があります。楽しい沖縄旅行にするためにも、飛行機やホテルなど、事前の予約はしっかりとおこなうようにしておきましょう。

沖縄旅行で夏を思い切り楽しもう

コラム記事イメージ

沖縄は夏に多くの観光客が訪れるため、観光スポットも賑わいます。夏の沖縄旅行を楽しむには、ホテルや飛行機、レンタカーなど早めの予約が必要です。夏に沖縄に行こうかと考えている人は、らんらんツアーに申し込んで沖縄旅行で夏を思い切り楽しみましょう。気になる人は、さっそくらんらんツアーをチェックしてみてください。観光客が多く訪れる夏に、沖縄旅行をする場合は、計画性のある事前準備が欠かせません。

観光庁長官登録旅行業第155号/日本旅行業協会正会員
(c) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.