冬の沖縄旅行の楽しみ方は?魅力や気を付けたいことを解説|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 冬の沖縄旅行の楽しみ方は?魅力や気を付けたいことを解説

冬の沖縄旅行の楽しみ方は?魅力や気を付けたいことを解説

2019.12.27更新

コラム記事トピック画像

  • 観光スポット
  • 服装

1年を通して暖かい気候の沖縄は、「夏に行く」イメージを持っている人も多いかもしれません。冬に沖縄旅行をする場合は、どのような楽しみ方ができるのでしょうか。冬ならではの魅力を押さえておくことで、沖縄旅行を存分に楽しめます。この記事では、冬の沖縄旅行の魅力や気を付けたいことについて解説します。

冬の沖縄旅行には魅力がいっぱい!

コラム記事イメージ

冬の沖縄旅行には、その時期ならではの魅力がたくさんあります。沖縄の夏は暑さが厳しく、強い日差しが降りそそぎます。少し外を歩いただけでヘトヘトになってしまうでしょう。しかし、冬になるとその暑さがやわらぎ、快適な気温で旅行が楽しめます。日中に寒いと感じることはほとんどなく、最も寒いといわれている12月や1月であっても、平均気温が15℃以上あるのです。本土でいうと秋のような気候であると考えれば、いかに過ごしやすいかが分かるでしょう。特に気温の高い日には、日中は半袖で過ごせてしまうほどです。夜になると肌寒いこともありますが、少し厚めのパーカーやジャケットで十分防寒できる寒さでしょう。
また、冬の沖縄は夏に比べると観光客が少なくなるため、観光スポットを巡りやすいというメリットがあります。夏には人でごった返していた定番の観光スポットも、冬になるとぐっと人が減るのです。待ち時間が少なくて済むうえに、人もあまりいないのでのんびり観光ができるでしょう。そのため、「マリンスポーツよりも水族館などの観光地を巡りたい」と考えている人にはぴったりの時期といえます。
さらに、冬は沖縄への旅行代金が安くなる傾向があり、夏の時期よりはリーズナブルにリゾート気分を味わうことが可能です。7月や8月は夏休みなどが重なることもあって、1年で最も料金が高くなり、9月に入ると安くなるのが一般的となります。土日と祝日が続いたり年末年始など、一時的に金額が高くなることはありますが、あくまで特定の日のみです。そのため、冬の沖縄は安く旅行するのに絶好のチャンスといえます。夏には高くて手が出せなかったホテルに泊まったり、食事を少し豪華にしてみたりといった楽しみ方ができるのは、冬の時期だけなのです。

冬の沖縄旅行の服装はどうしたらいい?

コラム記事イメージ

冬に沖縄旅行をする場合、どのような服装をしたら良いのか悩んでしまう人がいるかもしれません。一般的に、沖縄の冬というと12月の終わりから2月頃を指すため、時期は本土と変わりません。しかし、気候に関しては「本土とは全く違う」という認識をしておいたほうがいいでしょう。沖縄における冬の平均気温は15℃以上であるため、冬とはいえ本土に比べるとずっと暖かい場所です。ただし、沖縄は北風が吹きやすいため、実際にはそれより寒く感じることも多くなります。「実際の気温よりも体感温度は少し低くなる」ことを念頭に置いておくとよいでしょう。
風がなく晴れている日は、日中半袖で外を歩けるほど暖かくなります。ただし、風が吹いたり夜になったりすると急に肌寒くなるため、上着を持ち歩いたほうが安心です。用意する上着は、薄手のダウンジャケットやウインドブレーカーがぴったりです。沖縄は北風が強く、特に海沿いなどでは海風が吹くため、風を遮ることができるものが向いています。
また観光しているときに、外の風が少し肌寒く感じることがあるかもしれません。そのようなときには、カーディガンなどを羽織るだけでずいぶん変わってきます。薄手のものでもいいので、羽織るものを1枚は用意しておくようにしましょう。沖縄を冬に旅行する際のポイントは、温度調整ができるよう、着脱しやすい服装にすることです。それから、冬といっても日によっては日差しや紫外線が強いこともあります。そのため、帽子や日傘などを準備しておくとより安心です。

冬の沖縄旅行で気をつけたいこと

コラム記事イメージ

冬に沖縄旅行をする場合、気を付けておきたいいくつかのポイントがあります。
沖縄では、冬でも日差しが強い場合があります。真夏ほど常に気を付ける必要はありませんが、顔や腕などの露出する部分に日焼け止めクリームを塗る・帽子を被るなどの、基本的な紫外線対策はマストです。本土では「冬になるとあまり気にしていない」という人も、沖縄では日差しや紫外線対策をしっかりするよう気を付けてください。

真夏は海水浴やマリンスポーツを楽しむ人々でにぎわうビーチも、冬の時期は泳ぐことができなくなります。沖縄の海の水温は、どれだけ下がっても20度以上はあります。「寒くて泳げない」というほどではありませんが、他の時期に比べると冷たい感じる方の方が多いはず。旅行を楽しく健康的に楽しむためにも夏のように「海でおもいきり泳ぐ」ことはできないと思っておきましょう。ただ、1月頃ならウェットスーツを着用してのシュノーケリングなどが人気です。厚手のものを着たりインナーでしっかり防寒したりすれば、ダイビングも楽しめますよ。

本島周辺の小さな離島では宿泊施設が休業したり、船舶の運航が少なくなったりすることがあります。沖縄本島などでは冬にも楽しめるスポットが多いですが、小さな離島はマリンスポーツをメインにしていることが多いため、マリンショップなどはもちろん観光客が利用する宿泊施設・飲食店などが一斉に休みに入り、観光産業が縮小する傾向にあるのです。冬に沖縄の離島に行こうと考えている場合には、事前に商業施設の営業時間や船の運行状況などをしっかりチェックしておきましょう。

冬の沖縄旅行のおすすめスポット

コラム記事イメージ

冬の沖縄にも、魅力的な観光スポットがたくさんあります。まず注目すべきは、「沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館」です。沖縄でも有数の水族館で、特に夏の観光シーズンになると多くの来館者で混雑します。そのため、冬の平日などを狙って行けば混雑を避けることが可能です。美ら海水族館にはジンベエザメやナンヨウマンタといった人気の生物がおり、見応え十分です。「ジンベエザメのエサやりと解説」など迫力があるイベントも行われています。その他にも沖縄に生息するさまざまな海の生物たちが展示されているので、ゆっくりと見てまわりたい人は冬に行くのがおすすめです。
また、沖縄の伝統文化に気軽に触れることができるテーマパーク「琉球村」も外せないスポットです。ここでは、琉球衣装の貸し出しや織物、藍染、陶芸絵付けなど、多様な沖縄文化体験できます。三線体験では、実際に三線を手に取って簡単な曲を講師がレクチャーしてくれ、演奏することができます。
また、冬の沖縄旅行では「ガンガラーの谷」にも行ってみましょう。ガンガラーの谷では、ガイドの案内を受けながら自然豊かな森の中を散策するツアーに参加できます。距離は1kmほどですが、一歩足を踏み入れただけで太古の世界にタイムスリップしたような感覚が味わえるのです。ガンガラーの谷についてガイドが丁寧に説明をしてくれるので、満足度も高いでしょう。ただし、ツアーという特性上、前日までの予約が必須なので注意してください。

沖縄美ら海水族館
住所:沖縄県国頭郡本部町字石川424
アクセス:那覇空港から車で120分
琉球村
住所: 沖縄県国頭郡恩納村山田1130
アクセス:那覇空港から車で60分
ガンガラーの谷
住所:沖縄県南城市玉城字前川202
アクセス:那覇空港から車で30分

ポイントを押さえて冬の沖縄旅行を楽しもう

コラム記事イメージ

沖縄には、冬にしか味わえない魅力もたくさんあります。ただし、冬の沖縄旅行を楽しむには、魅力や注意点などをしっかり押さえておくことが大切です。しっかりとポイントを押さえて、冬の沖縄旅行を満喫しましょう。

観光スポット 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

観光庁長官登録旅行業第155号/日本旅行業協会正会員
(c) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.