海・手作り体験・琉装…。沖縄でやるべき体験ツアーで素敵な思い出を!|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 海・手作り体験・琉装…。沖縄でやるべき体験ツアーで素敵な思い出を!

海・手作り体験・琉装…。沖縄でやるべき体験ツアーで素敵な思い出を!

2019.12.23更新

コラム記事トピック画像

  • 体験
  • アクティビティ
  • 伝統工芸品
  • 写真撮影

旅行に出かけると、自分の生活圏で目にするものとは違った美しい自然風景を見られます。風景だけではなく、その土地ならではの文化や風習に触れられるのも旅行の醍醐味です。沖縄へ旅行に出かけたらどのような体験ができるでしょうか。沖縄ならではの観光スポットを選べば、普段とは違うとっておきの体験ができます。この記事では、沖縄旅行際にぜひ体験してほしい、おすすめのアクティビティや体験プランを紹介します。

あらためてチェック!沖縄ってどんなところ?

コラム記事イメージ

沖縄県は日本の最も南に位置する県であり、沖縄本島は九州と台湾のほぼ中間に位置しています。沖縄列島はかつて大陸とつながっていて、石垣島や西表島をはじめとする八重山諸島は、実は本州や九州よりも台湾の方が近いのです。もともと沖縄は琉球王国という独立した国として繁栄し、中国をはじめとしたアジア諸国との貿易が盛んでした。江戸時代末期の薩摩藩による侵攻、その後の廃藩置県で日本の県のひとつになりましたが、歴史・文化・風習の面では日本の本土とはかなり異なっています。
亜熱帯に属していることもあり、気候は年間を通して温暖です。沖縄に住む人々は、沖縄の気候のように温かく陽気な県民性があり、ゲストのことも優しい笑顔で迎えてくれます。海に行けば珊瑚礁の間を泳ぐ色鮮やかな熱帯魚を見ることができ、リゾートの雰囲気が感じることができる南国の島です。内陸部の森林なども含めて動植物は本土に生息しないような珍しい種類が豊富です。歴史・風習、自然など、沖縄独特の雰囲気を楽しめるスポットはたくさんあります。ただ観光するだけでなく、実際に触れて・聞いて・体験することで忘れられない素敵な旅行になることでしょう。

マリンアクティビティで沖縄の海を満喫!

コラム記事イメージ

沖縄に旅行に出かけたら、まず体験したいのはやはり海のアクティビティです。青くて澄んだ美しい海が広がる沖縄では、海で楽しめるアクティビティが数多くあります。もちろん、海を眺めたりビーチ周辺で海水浴したりするだけでも、美しい沖縄の海を楽しむことは可能です。ただ、もう一歩踏み出してシュノーケリングにチャレンジしてみれば、間近でカラフルな熱帯魚を目にすることができます。
シュノーケリングは呼吸をするためのシュノーケルというパイプを口にくわえ、目に水中眼鏡をかけ、足にフィンと呼ばれる足ひれをつけるだけで挑戦することができます。海に潜るということはせず、簡単な装備を付けて海面近くを浮くだけなので気軽に水中を眺めることができます。最初のうちはシュノーケルでの呼吸の仕方に慣れるのに時間がかかるかもしれませんが、コツをつかんでしまえばあとは特に難しい技術も必要ありません。そのため、子どもから高齢者まで楽しむことができ、普段泳げない方でも大丈夫丈夫です。
沖縄本島でシュノーケリングをするなら、沖縄市の北に位置する恩納村の真栄田岬にある「青の洞窟」が有名なスポットです。多彩な珊瑚礁や熱帯魚が泳ぐ姿を見られるのはもちろん、青の洞窟と呼ばれるように洞窟内が青く見えることで知られています。宮古島は「宮古ブルー」と呼ばれるほど海がきれいなことで有名です。宮古島から伊良部大橋を通ってすぐの下地島にある中之島ビーチは、多くのダイビングショップがエントリーする場所として人気のスポットです。浅瀬にも美しいサンゴや熱帯魚がたくさん生息しており、深くまで潜らなくても海の中の生き生きとした世界を観察することができますよ。

さらに本格的なマリンアクティビティを楽しみたいという人には、ダイビングがおすすめです。シュノーケリングと同様に沖縄にはさまざまな場所にダイビングスポットがあります。初めての人でもインストラクターにがいるダイビングツアーに申し込めば、安心して気軽にダイビングを楽しむことが可能です。沖縄本島の西に浮かぶ慶良間諸島はダイビングスポットとして有名で、県外からも多くの人が訪れます。「慶良間諸島国立公園」として国立公園の指定を受けているほど貴重な自然が広がり、非常に透明度が高い海は「ケラマブルー」と呼ばれています。珊瑚礁が美しくエメラルドグリーンの海が広がっている石垣島も、人気のダイビングスポットとして多くの人が訪れます。周辺にはマンタが生息しているため、マンタに会いに行くダイビングツアーも組まれています。
シュノーケリングやダイビングのほかにも、カヌーやウォータースポーツとして人気が高まっているSUPを楽しめるツアーなども行われるようになってきました。SUPはボードの上に立ってパドルを漕ぎ、ゆっくり進むことができるスポーツです。SUPとヨガを組み合わせたツアーやSUPに乗りながら夕日を眺められるツアーなど様々な楽しみ方があるので、スケジュールと予算にあったツアーがきっと見つかるはずです!

伝統的な物作り体験で、琉球の美に触れる。

コラム記事イメージ

旅行先でその土地の伝統的な作品に触れるのも、旅行の楽しみの一つです。沖縄でおすすめの伝統工芸品は、琉球王国時代から作られている「八重山みんさー織」という織物です。八重山みんさー織は木綿を用いて織られるとてもカラフルな織物で、石垣島と竹富町で作られています。藍色一色で織られていた帯がもともとの八重山みんさー織で、白くて四角い餅の柄が5つ集まったものと4つ集まったものが交互に配されたデザインです。「いつ(5)の世(4)までも末永く」という意味が込められ、通い婚の時代にこの地の女性が男性に贈っていたといわれています。現代ではさまざまな色が織り込まれ、色鮮やかでカラフルなものがおみやげ屋さんに並んでいます。タペストリーやテーブルセンターなどのほか、簡単に20分程度でできるコースターを作る体験に参加することが可能です。簡単な作業であるため、大人から子どもまで旅行の合間の時間を使って八重山みんさー織を作ることができます。

沖縄ならではの楽器として「三線」を知っている人も多いはずです。沖縄音楽の象徴ともいえる三線を自分で作り、さらに弾き方まで教えてくれる施設もあります。音楽好きの人には、沖縄ならではの音楽に触れることができる貴重な体験になるでしょう。さらに、沖縄の言葉で焼き物を意味する「やむちん」を自分で作る体験のできる施設もあります。お店で売られているものを買って帰るのもいいですが、お土産として人気のあるやむちんを自分で手作りできれば貴重な体験になります。自分だけのオリジナル作品を粘土遊び感覚で、気軽に作ることができる体験です。シーサーを作れる施設やブルーが美しい石垣焼を体験できるところもあります。

みんさー工芸館…みんさー織体験 など
住所:沖縄県石垣市登野城909
アクセス:石垣空港から車で約25分

琉球王朝時代の正装に身を包み、はい!チーズ☆

コラム記事イメージ

琉球王国として栄えた歴史のある沖縄の伝統的な衣装は、通常の和服とは大きく異なります。琉球王朝時代から続く沖縄の伝統的な衣装の「琉装」は、かつては王族や士族だけが着用できたもので、色鮮やかで華やかな雰囲気が特徴的な衣装です。暖かい沖縄の気候に合うように袖が広めに作られているため風通しがよく、着物とは違って帯は使いません。着付けは腰紐1本だけで行います。国内にいながら違う国の衣装を着るような気分を楽しめるのも沖縄ならではの体験ですよね。

沖縄には琉装のレンタル・着付けをしているお店がたくさんあります。多彩な色の琉装を見ながら、どれを着るか選んでいるだけでもワクワクするでしょう。気に入った琉装が見つかれば、着替えてスタジオなどで記念撮影してもらえます。着付けはプロにしてもらえるため、慣れない衣装を自分で苦労して着る必要はありません。衣装に合う髪飾りや小物などが用意されていたり、メイクをしてもらえたりするところもあります。
琉装を着たまま散歩を楽しめるところもあり、普通に旅行するのとはまた違った雰囲気になるでしょう。男性用・女性用・子ども用の衣装が用意されているお店もあるため、友達同士はもちろん恋人同士や家族連れでも、琉球王国の王族になったような気分で観光を楽しむことができます。

沖縄でしかできないことを体験しよう!

コラム記事イメージ

沖縄には海のアクティビティを楽しめる場所が豊富にあるほか、文化や風習を感じられる体験スポットが充実しています。どれもほかの地域にはない、沖縄だからこそできる特別な体験ばかりです。もちろん、沖縄の青く美しい海を見るだけでも日常生活とは違う旅行気分を味わえるかもしれません。ただ、せっかく旅行にでかけるのなら、沖縄ならではの雰囲気を肌で感じられることをしないともったいないです。そんなとき、沖縄の美しい海を堪能できるアクティビティに参加したり、伝統的な物作りをしたり衣装を着たりと、体験型の観光をしてみるとまた違った沖縄の魅力を知ることができるでしょう。体験型のメニューが豊富な沖縄に旅行に行く際は、是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

お値段重視の方におすすめ♪本島の人気ホテルが1泊ずつ選べるプランはこちら

石垣島ではみんさー織のオプションメニューもご用意♪石垣島と宮古島の人気ホテルに泊まれるプランはこちら

アクティビティ 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

観光庁長官登録旅行業第155号/日本旅行業協会正会員
(c) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.