沖縄旅行の際のスーツケースはどのくらいの大きさにすれば良い?|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 沖縄旅行の際のスーツケースはどのくらいの大きさにすれば良い?

沖縄旅行の際のスーツケースはどのくらいの大きさにすれば良い?

2019.11.14更新

コラム記事トピック画像

  • スーツケース
  • 持ち物
  • 旅行

旅行の必需品と言っても過言ではない“スーツケース”。スーツケースと一口にいっても、とにかく大きくて荷物がたくさん入るものから、使うたびに胸がときめくような素敵なデザインのものまで、機能性・大きさ・デザインがどれも様々で、選ぶのに迷ってしまいますよね。また、購入はしたものの旅慣れていない方は「何をそれくらい持って言った方が良いの…?」と、荷造りの仕方にあたまを悩ませてる方も少なくないはず。そこで今回の記事では、沖縄旅行の際におすすめのスーツケースの特徴や、荷造りの際のコツについて詳しくご紹介します。

沖縄旅行の際のスーツケースの選び方

コラム記事イメージ

スーツケースの容量は、2〜3泊であれば30〜40リットル程度、5泊以上であれば50〜59リットル程度の容量のものが良いでしょう。本州に比べて一年を通して温暖な気候が続く沖縄では、厚手の服をもっていく必要がないので、荷物にだいぶ余裕が生まれるかもしれませんね。行きの荷物がぴったり入る大きさではなく、少し余白が生まれるくらいなら、旅行中に買ったお土産を収納できるので、帰るときの手荷物を少なくすることができますよ。

スーツケースを選ぶときは「機内に持ち込めるサイズにするかどうか」を事前に決めておくことをおすすめします。機内に持ち込むスーツケースの大きさと重さは、航空会社によって制限がされています。「ベルトコンベアーで自分の荷物が流れてくるのを待つのが面倒だ」という方は、スーツケースを選べる際に機内持ち込みができるものを選びましょう。「機内の頭上の棚に、スーツケースを出し入れするのが手間だ」という方は、あまり大きさにこだわらなくても大丈夫です。ただ、荷物の重さによっては追加料金が発生する場合もあるのでご注意ください。

海外旅行では防犯の目的で鍵つきのスーツケースを利用する人が多くみられます。一方で、沖縄は海外に比べて治安が良いとされているため、鍵がかからないスーツケースの利用を検討するのも良いでしょう。

おすすめのスーツケースブランド

コラム記事イメージ

働く大人のマストアイテムでもあるスーツケースは、洋服や腕時計と同じように様々なブランドがあります。デザイン性や機能性に優れているのは大前提として、持っているだけで旅行中のテンションや出張のモチベーションを上げてくれるような高級ブランドは、大人だったら一度は憧れてしまいますよね!

シルバーのスーツケースがあまりにも有名な「リモワ(RIMOWA)」は、ドイツで誕生した最高級ブランドで、“スーツケースの王様”と称されることもあります。航空機にも使われるジェラルミン製のスーツケースは耐久性が良く、キャスターの滑りが抜群なのも人気の要因の一つです。

「サムソナイト」は、市場で圧倒的なシェアを誇る、言わば定番ともいえるアメリカのブランドす。重量がわずか1.7kgという超軽量タイプや、キャスターを固定できるブレーキシステム搭載タイプ等があり、斬新なデザインと使いやすさを併せ持っています。

日本人ならではの細やかな配慮がにじみでる国産メーカー「プロテカ」も人気です。360度どこからでも荷物の出し入れが可能な開閉方式、移動時のガラガラとした音が気にならないサイレントキャスターの開発など、ディテールへのこだわりが満載のユニークなブランドです。

これらのブランドの商品の相場は、およそ3万円〜10万円です。なかなか大きなお買い物ですので、お値段や使用頻度・保証期間・保証内容をしっかり吟味したうえで自分に合ったものをお選びください。ただ、耐久性や使いやすさは、ある程度は値段に比例するので、極端に値段の低い商品はあまりお勧めします。

スーツケースはレンタルもできる!

コラム記事イメージ

頻繁に旅行をしない人であれば、わざわざスーツケースを買わなくてもレンタルを利用するという方法もあります。大きなスーツケースは存在感があり、部屋のインテリアを邪魔してしまうこともあるかもしれません。その点、レンタルなら保管場所に悩むこともなく必要なときだけ使うことができます。また、行先に応じてサイズ調節もできるので、手持ちのスーツケースが大きすぎたり小さすぎたりすることなく、ちょうど良いスーツケースを持ち歩くことが可能です。

スーツケースのレンタルは、サイズや利用する日数によって選べます。お届けや回収の往復送料、保証料込みでリーズナブルな価格で借りられるのでとても便利です。1〜3日程度の旅行であれば、コンパクトサイズのスーツケースが3,000円程度でレンタルが可能です。有名ブランドのスーツケースも豊富ですし、スーツケースと一緒にスーツケースベルトや携帯用モバイルバッテリーなどの旅行アイテムも借りられるレンタルショップもあり、旅行に必要なものを一カ所でそろえたい人におすすめです。人気のサービスなだけに直前の予約ができない場合があります。検討されている方は、早めにレンタルショップに連絡しましょう。

スーツケースのレンタルショップを利用する際には、品ぞろえはもちろん料金やサービス内容も要チェックです。ほとんどのレンタルショップでは、多少の傷や汚れに対しての追加料金等は発生しませんが、レンタルショップによって対応は異なるので、念のため事前に確認しておくと良いでしょう。
不特定多数の人が使うレンタルスーツケースだからこそ、衛生面にも配慮しているかも前もって確認できると良いでしょう。スーツケース内を洗浄したり、オゾン消臭や殺菌をしているレンタルショップなら、安心してスーツケースを利用することができます。

宅配便を利用するのも◎

コラム記事イメージ

沖縄旅行を身軽に楽しみたいという人は、事前にスーツケースを宅配便で送ってしまうのも一つの手です。東京から沖縄までスーツケースを送る場合、縦×横×幅=170cm以下で25kg以下のものであれば、高くても3,060円で郵送が可能です(日本郵便の場合、2019年11月時点)。身軽さを優先するなら宅配便を利用しない手はありません。

ただし、宅配便の荷物として運べないものもあるため、注意が必要です。沖縄への配送は航空便で行われるのでX線検査が必須となります。その際荷物に香水・スプレー缶・ライター・ライターオイル・マニキュアなど含まれていると運ぶことができません。パッキングをするときには、禁止されているアイテムが入っていないかを確認してください。小さなスプレー缶一つで楽しみにしていた旅行のスケジュールが変わってしまうことがないように気をつけましょう。また、予備用のモバイルバッテリーを旅行に持っていく場合、PCなどに収納されていない単体は宅配できないので要注意です。

宅配便を利用する場合、到着するタイミングを考えて数日前に荷物を発送しておきます。航空会社によっては宅配便を利用する人向けの集荷サービスを行っているところもあります。他の宅配サービスと比較しながら、自分に合った方法を選びましょう。

沖縄旅行に適したスーツケースを選ぼう!

コラム記事イメージ

沖縄へ旅行するならスーツケースの大きさやパッキングする中身にも気をつけましょう。スーツケースは購入かレンタルのどちらか選ぶことができます。お気に入りのスーツケースを購入して愛用するも良し、旅行頻度が少なければ収納に悩む心配がないレンタルを利用するのも良いでしょう。快適な沖縄旅行を楽しむためにも、スーツケース選びは慎重に行う必要があります。

知って役立つ!沖縄の気温と服装まとめはこちら

持ち物 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

観光庁長官登録旅行業第155号/日本旅行業協会正会員
(c) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.