12月の沖縄旅行は体調管理に要注意!楽しむためのポイントは?|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 12月の沖縄旅行は体調管理に要注意!楽しむためのポイントは?

12月の沖縄旅行は体調管理に要注意!楽しむためのポイントは?

2019.11.07更新

コラム記事トピック画像

  • 12月
  • 天気
  • 服装
  • 家族

年末年始もあり、まとまった休みを取りやすい12月は旅行にうってつけのシーズンですね。このタイミングで普段はなかなか行けない沖縄旅行を計画している人も多いのではないでしょうか。厳しい寒さが訪れる本州などとは違い、沖縄は12月といえども平均気温が18度を超える温暖な気候です。冬の沖縄旅行を快適に楽しむには、沖縄ならではの特徴を知っておくことが重要です。今回の記事では、12月の沖縄の天気や適した服装、混み合う時期に予約をする際のポイントなどについて紹介していきます。

12月の沖縄の気候と紫外線情報

コラム記事イメージ

日本の中でも温暖な気候で知られる沖縄は、そのイメージ通り12月であっても比較的暖かい気温を保っています。12月の平均気温は18.7度もあり、最高気温の平均は21.2度と、本州にお住まいの方にとってはまるで春のように穏やかな環境なのです。

一方で、周囲を海で囲まれている沖縄は風が強くなりやすいため、最低気温の平均は16.3度ありますが、実際の体感温度はもっと低く感じられるでしょう。時間帯などによっては肌寒さを感じることもあるので、半袖半ズボンといった服装で訪れるのはやめたほうが無難です。
冬至の時期になると寒波がやって来ることも多く、北風が強まって海が荒れるケースも珍しくありません。平均気温や最高気温が高いとはいえ、海の近くに出かけたり海沿いにあるホテルに宿泊したりする場合は、油断せず寒さ対策をしておいたほうが良いでしょう。
海水温は12月になってもまだ23度ほどあるため、晴れた日など穏やかな天気であればマリンスポーツを楽しむこともできます。海から上がったときに備え、しっかり寒さ対策を整えてから楽しみましょう。

長時間外を出歩くことも多い旅行では、紫外線も気になるところですよね。ほかの県と比べて沖縄では太陽光線が強烈です。そのため紫外線の照射量も多く、薄曇りの日でもしっかりと紫外線対策をしなければなりません。沖縄以外にお住いの方は、真冬になると紫外線対策をしない方も少なくありませんが、沖縄では12月も効果の高い日焼け止めをこまめに塗る、サングラスや帽子を身に着けるなどして、万全に対策しておきましょう。海で遊ぶ際も、露出の多い水着ではなくラッシュガードやTシャツなどを羽織ったほうが安心です。

12月の沖縄旅行に適した服装と持ち物

コラム記事イメージ

12月の沖縄は、ほかの県と比べて気温は比較的高いものの、強い風の影響で体感温度が実際の気温より低く感じられることも多いです。上旬なら日中に半袖で過ごすことも可能なので、寒波が襲来している場合や寒さに弱い人の場合以外は、日中であれば特別な防寒具がなくても良いでしょう。ただし、上旬でも朝晩は気温も下がりがちで寒さを感じることも多く、防寒具とまではいかなくてもジャケットや薄手のコートは持って行ったほうが無難です。

12月下旬に沖縄へ行く場合は、念のため薄手のアウターなどの防寒具があると安心です。冬至を過ぎると、沖縄でも特に寒さを感じるようになります。
クリスマスや年末年始に旅行を計画している場合は、海の近くに行くときなど耳や顔が冷えやすいため、ストールやニット帽など寒さを和らげるアイテムがあると便利です。また、沖縄は地理的に風が強くなりやすい傾向が強く、寒さだけでなく風対策もしたほうが良いでしょう。特に海沿いは風が強いので、ウインドブレーカーなど風をシャットアウトできる生地の服を着ると安心です。寒さ対策というとインナーを着込む人も多いですが、日中は気温が上がることも多い沖縄では、着込んでしまうと逆に暑くて辛い思いをしてしまうでしょう。気温が上がったときに温度調節しやすいように、インナーを着込むよりもジャケットやコートのように上から羽織るスタイルの服を持って行くほうがおすすめです。

釣りやホエールウォッチングなど船に乗って楽しむレジャーを計画している場合、酔い止めも持って行ったほうが良いでしょう。沖縄の冬の海は北風の影響で荒れやすく、船が大きく揺れて船酔いしてしまうことも珍しくありません。酔ってしまえば気分は最悪で、せっかくの沖縄旅行が台無しになってしまいます。普段は乗り物酔いをしないという人も、万が一に備えて乗船前に酔い止めを飲んでおくと安心です。

12月の沖縄旅行でおすすめのイベントと見どころ

コラム記事イメージ

沖縄といえば豊かな自然と美しい海、異国情緒漂うグルメや建物などが魅力の観光地として知られています。それだけでも見どころが満載ですが、12月ならではのイベントもチェックしておきたいポイントです。自然やグルメなどはどの時期に行っても楽しめますが、季節物のイベントはその時期の旅行でしかお目にかかれません。せっかく12月に沖縄に行くのなら、おすすめのイベントや見どころを押さえておきましょう。

体を動かすのが大好きという人には、12月のはじめに行われる「NAHAマラソン」がおすすめです。NAHAマラソンは沖縄の南部で開催されるマラソンイベントで、沖縄だけでなく国内外の幅広い地域から約3万人ものランナーが集まります。1年に1回、12月にだけ開催される沖縄を代表するイベントのひとつです。年を追うごとに人気も高まっており、参加するためには開催の半年前にエントリーし、抽選に当たらなければなりません。マラソンの道中では、黒糖や沖縄そばなど沖縄らしい差し入れもあり、観光気分を味わいながらマラソンを楽しむことができます。

クリスマスの時期に行くという場合は、「沖縄こどもの国クリスマスファンタジー」というイルミネーションもおすすめです。2019年で24年目の開催となる歴史あるイベントで、園内が約150万個もの電球で美しくライトアップされます。降雪ショーや沖縄の伝統芸能であるエイサーの披露、大道芸やビンゴ大会など面白い出し物のほか、雪そりやかまくらなどを楽しめる「雪のゆうえんち」もあります。日中も動物園やミュージアムなどで楽しめるため、子供連れの旅行にもピッタリですね。

「NAHAマラソン」が行われる那覇市内のホテルはこちら

12月の沖縄旅行を予約する際のポイント

コラム記事イメージ

一般的に寒さが厳しい冬の旅行は、いわゆるオフシーズンに当たります。沖縄旅行において1年の中でもっとも旅行代金が安い時期となり、節約しつつ沖縄を楽しみたいという人には最適です。

ただし、国内外からの観光客が多い「NAHAマラソン」が開催される12月最初の週末は、その人気の高さが影響して料金が高くなることが多いです。また、12月23日の祝日とクリスマス前後や、年末を含む週末から年末年始にかけて、カレンダーの並びによっては旅行する人が増えるので料金が高くなります。これらの時期はホテルなども予約で埋まりやすくなるため注意が必要です。NAHAマラソンに参加したい場合やクリスマスシーズンに旅行したい場合は、希望する日の2〜3カ月前から航空券などを予約したほうが良いでしょう。年末年始はさらに旅行者が増えやすいため、3〜4か月前から予約するのがおすすめです。

12月の沖縄旅行は早めの予約が大切

コラム記事イメージ

沖縄旅行のピークとされる春や秋や夏に比べ、訪れる人が少なくなる12月は、比較的旅行代金も安く狙い目です。ただし、12月であっても「NAHAマラソン」などの大きなイベントやクリスマス、年末年始など特別な時期にはピンポイントで料金が高くなることもあるので、注意しなければなりません。人気が高い時期は油断していると予約が取れない可能性もあります。安い時期やイベント時期など、希望するタイミングで沖縄旅行をしたい方は、できるだけ早く計画をたてて予約することが大切です。せっかくの旅行なので、後悔しないよう、余裕をもって早めに計画していきましょう。

お値段重視の方におすすめ♪1泊ずつホテルが選べるプランはこちら

服装 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

観光庁長官登録旅行業第155号/日本旅行業協会正会員
(c) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.