天気やイベント情報をチェック!5月の沖縄旅行を満喫しよう|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 天気やイベント情報をチェック!5月の沖縄旅行を満喫しよう

天気やイベント情報をチェック!5月の沖縄旅行を満喫しよう

2019.07.31更新

コラム記事トピック画像

  • 5月
  • 天気
  • 服装
  • イベント

5月はゴールデンウィークがあるため、沖縄旅行を検討している人も多いのではないでしょうか。期間中は各地でイベントも開催され、家族連れや友達同士のグループで盛り上がりたい人にピッタリな時期です。しかし、梅雨入りも重なるこの時期は、旅行に行こうか迷っている方もいらっしゃいますよね。
そこで、沖縄の天気や季節のイベント、海には入れるのかなど、5月に沖縄旅行をする際に押さえておきたいポイントを紹介します。

5月の沖縄の気候とは

コラム記事イメージ

5月の沖縄の気候は4月と比較しても気温が上昇する時期であり、那覇と東京の平均気温差はおよそ4〜5度ほどあります。東京の平均最低気温は16度ですが那覇の最低気温は22〜23度、平均最高気温は東京が25度で那覇が27度です。最高気温に関してはあまり差がないものの、最低気温の差が大きく、沖縄は朝晩が冷え込みます。ただし、日中は暖かく青空も広がるため、上旬であれば1日を通してリゾート気分を味わえるでしょう。

4月29日〜5月6日までに梅雨入りした割合は35%、5月7日〜5月13日の1週間は23%、5月14日以降以降は47%となっています。数字だけで見ると、ゴールデンウィーク明けから梅雨入りする可能性が高いといえるでしょう。また、沖縄の梅雨は長雨が続くのではなく、降ったり晴れたりといった天気を繰り返すことも特徴です。旅行中に雨が降ったとしても、晴れ間を上手に活用すれば屋外の観光スポットも十分に楽しめるでしょう。

5月の沖縄旅行では海水浴もできる

コラム記事イメージ

5月の沖縄の平均水温は24度と、本格的な海水浴シーズンとしてはまだ早い時期だといえます。天気のよい日であれば、短時間の海水浴は楽しめるでしょう。長時間海水浴をする場合にはウエットスーツを着用する方法が有効です。また、日焼け対策として、水着だけではなくラッシュガードも用意しましょう。

5月の沖縄旅行に適した服装

コラム記事イメージ

5月の沖縄は、湿度が80%前後と非常に蒸し暑いため、夏服でも問題ありません。Tシャツやショートパンツ、薄手のスカートなどでもよいでしょう。しかし、日差しが強くなったり風が吹いたりと、体感温度が頻繁に変化することが5月の沖縄の特徴です。そのため、日焼け対策や、季節風が吹いた場合の防寒対策としてカーディガンなど羽織れるものを持参する必要があります。もしも、羽織るものを持ち歩きたくない、荷物になって不便であると感じる場合には、ショートパンツの下にスパッツを履いたり、長袖のシャツを着用するなどコーディネートを工夫しましょう。

先述したように、全国に先駆けて沖縄では5月に海水浴ができます。その際も服装の工夫が必要です。屋外で長時間を過ごすことになる海水浴では、強い日差しをたっぷり浴びますし、海からあがると肌寒く感じることもあるでしょう。気軽に羽織ることができる長袖のシャツやカーディガンなどを用意すれば、散策時だけでなく海水浴の際にも活躍してくれるますよ。せっかくの沖縄旅行で風邪など引かないように気を付けてくださいね。

また、5月後半の沖縄は梅雨の時期になるため、足元はサンダルが最適です。パンプスや運動靴などでは、雨が降った際に靴の中が蒸れたり、濡れたりしてしまいます。万が一、靴下まで濡れてしまえば、不快な気持ちで観光をしなければなりません。サンダルは蒸れることがなく、雨に濡れてもすぐに乾かせるうえに、パンプスや運動靴よりも濡れていることも気にならないでしょう。

5月の沖縄旅行では、出発のときには晴天でも途中で雨が降るということも少なくありません。そのため、突然雨が降った場合に備えて雨具を持っていくことも大切です。晴れ雨兼用の折りたたみ傘や雨合羽を持参しましょう。晴れの日にも使える折りたたみ傘であれば、紫外線対策としても使用できます。5月は夏本番の日差しではないものの、比較的日差しが強くなる時期です。紫外線対策をせずに屋外にいると、皮膚トラブルや熱中症を起こす可能性があります。帽子と日焼け止めで紫外線対策をしっかりと行いましょう。

5月沖縄旅行の費用目安

コラム記事イメージ

5月の沖縄旅行では、ゴールデンウィークの前後とゴールデンウィーク中の宿泊費や飛行機代が高騰することが特徴です。また、価格が高騰するだけではなく予約も取れなくなるため、可能な限り早く計画を立てることが重要です。ゴールデンウィークを過ぎたあとは、飛行機代も宿泊費も下がる傾向にあります。日程を調整できるのであれば、ゴールデンウィーク後の平日など、比較的費用が抑えられる日に沖縄旅行を検討するのもよいでしょう。さらに、飛行機とホテルをそれぞれ手配するのが面倒だと感じる場合には、飛行機のチケットと宿泊がセットになったパックツアーなどを利用しましょう。

5月の沖縄旅行で行きたいイベント

コラム記事イメージ

那覇ハーリーとは、5月3日〜5日のゴールデンウィーク中に那覇市那覇新港で開催されるイベントであり、来場者数は20万人以上にのぼる沖縄県最大級のイベントです。一般的に、ハーリーは旧暦の5月4日に開催されるものですが、多くの人に参加してもらえるようにという願いを込め、毎年ゴールデンウィーク中に行われます。ハーリー以外にも、アーティストによるライブや花火大会なども行われるため、イベント会場で1日中過ごせることが特徴です。観光客と地元の人とが一体となって盛りあがるイベントだといえます。また、その日ごとで演目も異なるため、事前にスケジュールをチェックして参加しましょう。
ハーリー会場内ではハーリー競漕や乗船体験、琉球相撲なども行われます。通常、ハーリーは小型の手漕ぎ漁船であり10人前後が乗船しますが、沖縄のハーリーは約40人乗船することも特徴です。迫力のあるイベントであるため、ゴールデンウィーク中に沖縄旅行を検討している際には足を運んでみましょう。

伊江島ゆり祭りは、100種類の世界のユリと100万輪の純白のテッポウユリの祭典です。特設ステージでは民謡やライブなどのショーを楽しめます。奥ヤンバル鯉のぼり祭りは、子供の健やかな成長を願う目的のイベントであり、川の上空に700匹ほどの鯉のぼりが泳ぐ姿は圧巻です。

本島北部・国頭村の奥ヤンバルの里の前に流れる河川公園で、ゴールデンウィーク期間中に実施されます。また、河川敷では鯉のぼりを鑑賞しながらピクニックなども楽しめるほか、公園内のステージでは民謡やエイサーなどの演舞も楽しめることが魅力です。さらに、地元の沖縄グルメや特産品などの販売もあるため、お土産を購入するにもよいでしょう。

ホテルイメージ

近くのホテルはこちら

沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ

このホテルに泊まるプランを見る

ホテルイメージ

近くのホテルはこちら

オクマ プライベートビーチ&リゾート

このホテルに泊まるプランを見る

5月の沖縄旅行で外せないスポット

コラム記事イメージ

那覇の台所とも呼ばれる「第一牧志公設市場」は、5月に本マグロの旬を迎えるため、新鮮なマグロ料理を楽しみたい人に最適です。クール便でお土産を送りたい人にとっても外せないスポットだといえます。ビオスの丘ナイトツアーは、うるま市にある亜熱帯の森でアクティビティを楽しめる施設です。巨大なシダと5月に旬を迎える季節の花などを鑑賞できます。子どもも大人も飽きずに過ごせるため、沖縄旅行のメイン観光スポットとして訪れてもよいでしょう。

識名園は、琉球最大の別邸とされています。世界遺産に登録された庭園もあり、池の周囲には季節の移り変わりを実感できる散策路も整備されています。5月の暖かい気候の中で、自然と気品ある庭園の風景をゆっくりと見られます。

第一牧志公設市場
住所:沖縄県那覇市松尾2-10-1
アクセス:那覇空港より車で約16分、ゆいレール「牧志駅」から徒歩約9分
ビオスの丘
住所:沖縄県うるま市石川嘉手苅961-30
アクセス:那覇空港から車で約45分(高速道路使用)
識名園
住所:沖縄県那覇市字真地421-7
アクセス:那覇空港から車で約30分

5月ならではのポイントを押さえて沖縄旅行を楽しもう

コラム記事イメージ

5月はゴールデンウィーク中に開催されるイベントも多く、海にも入れるためアクティビティも楽しめる時期です。晴れている日はとても過ごしやすく、リゾート気分も十分に味わうことができます。イベントへの参加やマリンスポーツなどでアクティブに沖縄を満喫したい人は、5月の沖縄旅行を検討してみましょう。

天気 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

観光庁長官登録旅行業第155号/日本旅行業協会正会員
(c) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.