沖縄旅行では気温差重視!おすすめママファッション5選|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 沖縄旅行では気温差重視!おすすめママファッション5選

沖縄旅行では気温差重視!おすすめママファッション5選

2019.07.31更新

コラム記事トピック画像

  • 服装
  • ママ
  • 子連れ
  •       
  • コーディネート

沖縄の夏は長く、7月から10月上旬ごろまで暑さが続きます。この時期に旅行を計画しているのなら、服装選びに注意しなければなりません。
沖縄では、猛烈な暑さに対処できる「通気性・速乾性・吸汗性」に優れた生地やデザインの服がベストです。汗を拭くためのタオルやハンカチ、着替えも必要になります。さらに紫外線対策も重要ですね。
そこで今回は、沖縄旅行に最適なママファッションを紹介します。リゾート感満載のコーディネートを5つ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

沖縄旅行に適したファッションとは

コラム記事イメージ

沖縄旅行の楽しみの一つが、なんといってもマリンスポーツ!
日常では見ることのできない真っ青な海での遊泳やダイビングなど、それを目的に沖縄を旅行先に選ぶ方も多くいらっしゃいます。

しかし、7月・8月の沖縄は日差しが非常にきつく、海での遊びは長時間日差しを浴び続けることが考えられます。
直射日光をまともに浴びてしまうと、あっという間に全身が真っ赤になり、場合によっては紫外線の影響で、皮膚が炎症したり水膨れや皮むけをおこす可能性もあります。海へ行くなら、必ず日焼け対策が可能な服装を選びましょう。

対策としては、市販の日焼け止めを塗ることはもちろんですが、地元住民の服装が参考になりますね。
彼らは日中、上は長袖、下は半ズボン、半ズボンの下にはくるぶし丈のスパッツを履き、極力肌の露出面をなくしています。さらに、つばの広い帽子やサングラス・日傘・夏用スカーフといったグッズも活用しています。体の日焼けには注意しても、目や髪のダメージには気づかない人も多いのではないでしょうか。紫外線を浴びてしまわないように、きっちりと対策をしましょう。
一般的な海水浴気分で、半袖Tシャツやタンクトップ・ショートパンツのような恰好をしてしまうと、熱中症になることもあり非常に危険です。
沖縄旅行では、万全の日焼け対策を肝に銘じてください。

沖縄旅行のママファッションその1:清楚なホワイトのワンピース

コラム記事イメージ

ママになると落ち着いたファッションを楽しみたいという人も多いでしょう。
そこでイチ押しなのが、ホワイトのワンピースです。

沖縄の青い海に映えるシンプルなホワイトのワンピースは、夏らしく爽やかで年代を問わずきれいに着こなすことができます。やや張りのあるコットンやリネン生地を選べばカジュアルに、光沢のあるシルクなら上品な印象になります。素材やデザイン・織地によっては、白一色でもずいぶんと印象が変わります。
ホワイトのワンピースを一段上のファッションにしたい場合は、日差し除けにも使える黒の帽子がマストアイテムです。ホワイトのワンピースに差し色のように黒の小物が使われることで、全体がグッと引き締まり、明るいながら大人の女性らしいモードな印象を与えます。ワンピースに飾りなどがなくシンプルなデザインなら、帽子は少し凝ったものや変わったフォルムのものを合わせてみてもいいでしょう。コーディネートに動きが出て、おしゃれ感がアップします。

沖縄旅行のママファッションその2:ハーフパンツとロングカーディガン

コラム記事イメージ

「短パンを履きたいけれど、露出はなるべくしたくない」という人におすすめなのが、ハーフパンツとロングカーディガンです。

この組み合わせは夏らしいファッションでありながらも、日焼け防止や露出を考えたコーディネートです。ロングカーディガンが鮮やかな色柄であれば、白いTシャツとジーパンの短パンであってもパッと華やかになりかわいい雰囲気を作れます。大花柄やボタニカル柄であれば、いかにも南の島といった印象でリゾート気分を楽しめるでしょう。

ロングガーディガンは、目の詰まった生地は重い印象を与えてしまいます。選ぶ際はオーガンジーのように透けている生地や、シフォンのような柔らかく薄手の平織であれば、ロングであっても軽やかに見せてくれるのでおすすめです。また、カラフルな原色が苦手な人は、落ち着いた色地に小花柄やダマスク柄を選べば、「ロングカーディガンだけが悪目立ちしてしまう」といった失敗も防げるでしょう。

沖縄旅行のママファッションその3:柄物トップスにモノトーンのボトムス

コラム記事イメージ

すっきりとしたリゾート・コーディネートの代表が、派手目のタンクトップにモノトーンのパンツとカーディガンの組み合わせです。

カーディガンの着脱で気温差にも対応できるため、人気の高いコーディネートです。柄はトップスだけなので、リゾート感を楽しめる動物模様やカラフルなものを選んでも、ボトムとカーディガンのモノトーンが全体をコンパクトにまとめてくれます。タンクトップは濃い色は落ち着きが出ますが、明るい色も夏らしくておしゃれですね。

このファッションはトップスがメインであるため、柄やデザインによっては雰囲気がガラリと変わります。替えのタンクトップを数枚用意しておけば、簡単にイメージチェンジを楽しめますよ。

沖縄旅行のママファッションその4:ロールアップタイプパンツスタイル

コラム記事イメージ

抜け感と軽やかさ・機能性を併せ持つのが、ロールアップパンツです。海辺で子どもと遊ぶ際や、動きやすさを重視したい人向けのファッションです。カプリパンツでも、足首が見えるので着やせ効果が期待できますね。

ロールアップパンツはデニムが人気ですが、カラーパンツ・チノパン・ワイドパンツでもかまいません。重要なのは、「ロールアップの位置」「幅の広さ」「丈感」です。このバランスが悪いと、野暮ったく垢ぬけない印象になってしまいますので、靴との相性を意識すると見栄えがグッと良くなりますよ。
例えば、ハイカットスニーカーの場合は、足首がぎりぎりに見える位置で折り返すと、足首の細さが強調されてきれいに見えます。きっちりとしたドレスシューズやローファー・パンプスの場合は、細めの幅でくるぶしが見えるところまで上げると抜け感が出ていいですね。暑い沖縄で履くことの多いサンダルは、ストラップの上で細めに折り返せばスマートな印象になるでしょう。

パンツのデザインや素材に注目すると、ダメージジーンズは無造作に上げるとこなれた様子に、ストレートパンツは幅広にアップするとマニッシュに、ワイドパンツはもたつきがなくなって軽やかになります。ボトムと組み合わせるトップスは、パンツのカラーと合わせると統一感が際立ちますが、リゾート感満載のカラフルな柄物であっても、無地のボトムとロールアップ効果がラフな魅力を演出してくれるのでおすすめです。

沖縄旅行のママファッションその5:仲良く親子コーデ

コラム記事イメージ

子どもと同じコーディネートを楽しめるのも、リゾート地ならではの楽しみ方ですね!
半袖または長袖Tシャツに薄手のコートや、半袖または長Tシャツに長袖のシャツ、半ズボンの下にスパッツを履くなど季節に応じたスタイルでおそろいにしましょう。防水機能のあるパーカーは、ちょっとした小雨のときに重宝します。重ね着は寒暖差に対応しにくい旅行先であっても便利ですので、ぜひ親子で取り入れてみてください。

季節に合わせたママファッションで沖縄旅行を楽しもう

コラム記事イメージ

沖縄の気温は、本土とはまったく違います。本土を旅する気持ちで備えを怠ると、風邪をひいたり病気になってしまう可能性もあります。

まずは、旅行時期の沖縄の気候をしっかりと調べてから、着ていく服を選びましょう。服のほかにも、帽子・サングラス・靴・タオルなど、季節にマッチしたアイテムをそろえて、ぜひ沖縄旅行でのリゾートママファッションを満喫してください。

服装 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

観光庁長官登録旅行業第155号/日本旅行業協会正会員
(c) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.