3月は沖縄旅行が人気のシーズン!服装のポイントや見どころは?|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 3月は沖縄旅行が人気のシーズン!服装のポイントや見どころは?

3月は沖縄旅行が人気のシーズン!服装のポイントや見どころは?

2019.06.20更新

コラム記事トピック画像

  • 3月
  • 天気
  • 服装

次第に暖かくなり、春らしさを感じられる3月。厳しい寒さが終わり活動しやすくなるため、沖縄への旅行を計画する人が増える時期でもあります。3月の沖縄は暖かく動きやすいものの、朝晩の気温差や月初めと月の終わりの気温差は大きく、まだ完全に暖かくなったとはいえない時期です。朝晩の冷え込みや真昼の日射しにうまく対応するために、旅行中の服装には注意が必要です。この記事では、3月の沖縄旅行の服装のポイントや見どころを紹介します。

3月の沖縄の気候と服装のポイント

コラム記事イメージ1

本州であれば3月はまだ肌寒い日が多く、雪が残っている地方もあります。一方、南方に位置している沖縄の3月は本州よりも暖かく、本州の4月中旬から下旬ほどの気温です。本格的なポカポカとした春の気候で、暖かな日射しを受けて草花が一気に成長します。とはいえ、3月前半はまだ気温が低い日もあり、3月の沖縄の最低気温は16.5度です。厳しい寒さではないものの、肌寒さを感じることがあります。分厚いコートやダウンジャケットは必要ありませんが、朝晩の冷え込みや天気の悪い日の肌寒さに備えて、長袖の上着があれば役立つでしょう。長袖・長ズボンに加えて、軽いコートやウィンドブレーカーなどの服装が適しています。
3月も後半になってくると、北風が南からの風に変わり、それとともに気温は高くなり日射しも強まります。3月の沖縄の平均気温は18.9度で、最高気温は21.7度です。暑いというほどではありませんが、日射しの下で活動していると汗ばむこともあります。よく晴れた日には、半袖一枚で過ごすこともできます。ただし、朝晩の冷え込みは残る時期です。気温が急激に変化しやすい時期でもあるので、3月後半でも羽織るものがあると安心です。長袖のシャツやパーカー、カーディガンなど寒さ対策になるものを持って行きましょう。大判のスカーフやストールなども、気温に合わせて調整しやすく便利です。
石垣島や宮古島では3月に海開きがあり、砂浜で遊んだり海の中に入って泳いだりできます。とはいえ、水着だけで長時間海で遊んでいると、肌寒く感じることもあります。ウェットスーツがあれば3月でもそれほど寒さを感じずに、海の中でゆっくり遊べるでしょう。 3月の降水量はというと、沖縄では1月や2月よりも3月のほうが降水量は多い傾向にあります。しかし、ほとんどの場合雨が降ったとしても、スコールのような短時間集中型の雨です。雨が降っている間は雨宿りをしていればすぐにやむことが多いので、観光ではそれほど降水量を心配する必要はありません。

3月は沖縄旅行が人気?

コラム記事イメージ2

沖縄旅行を計画するときは、旅行する時期にどれほど混雑しているかが気になるものです。そのシーズンの人気度によって、ホテルや航空券の予約のしやすさや料金、観光地の人出などが変わってくるからです。3月の沖縄旅行は、どれくらい人気があるのでしょうか。
3月の沖縄旅行は、前半と後半とで混雑具合が異なります。3月の前半はまだ観光客は少ない時期です。ポカポカとした陽気な気候を感じたくて沖縄へ行きたいという人の中には、より暖かい気候になる3月の後半まで待つ人もいます。3月前半は気温がやや低く海開きもまだ行われないため、ビーチ周辺のイベントが少ないことも観光客が少ない理由の一つです。
3月後半は沖縄旅行のニーズがどんどん増える時期で、前半に比べると観光客は一気に増えます。気候がよく動きやすいため、観光するのにはぴったりのシーズンだからです。学校が春休みに入ることもあり、学生のグループや家族連れが目立つようになります。思い出を残すための卒業旅行の行き先に、沖縄を選ぶ若者も多いです。さらに、沖縄の夏がスタートするのは3月といわれている通り、3月後半は沖縄の各地で海開きを迎えます。それとともに音楽ライブや花火など、ビーチ沿いで楽しいイベントがたくさん開催されます。海で泳ぎたい人やビーチで行われるイベントに参加したい人は、3月後半は大いに楽しめる時期なのです。週末などは宿泊施設の予約が混み合い、人気のホテルでは予約が取りにくくなることもあります。3月後半に沖縄旅行に行くのであれば、早めに計画して予約を入れておくと安心です。

3月の沖縄の見どころとは?

コラム記事イメージ3

3月に沖縄に旅行するのなら、ぜひ海開きをしたビーチに行ってみましょう。例年3月中旬から下旬にかけて、県内各地で海開きが行われます。日本一早い海開きといわれていて、この時期にビーチを満喫できるのはとても貴重です。海開きをしたビーチはたくさんの人が水着を着て集まり、リゾート感が漂っています。よく晴れた日や気温の高い日は、3月でも海を楽しむにはぴったりです。ひと足早く夏気分を満喫し、贅沢な気分を味わえるでしょう。砂浜で足を海につけてみるだけでも楽しいですが、シュノーケリングやダイビングなども楽しむことができます。せっかく海開きを迎えたのだから海を十分に満喫したいという人は、ぜひマリンスポーツに挑戦してみましょう。
3月の沖縄といえば、「つつじ祭り」も外せません。つつじ祭りとは、沖縄県国頭郡東村の「東村村民の森つつじ園」で開催されるイベントです。東村は昔からつつじの名所として知られている場所で、たくさんのつつじが植えられています。3月上旬から中旬にかけて美しいピンクや白のつつじが開花を迎え、いっせいに咲き誇ります。つつじ園には約5万本あり、それらがいっせいに春の訪れを告げるさまはまさに圧巻です。つつじ祭りの期間中は、アーティストのライブやパフォーマンスなどのイベントも開催されます。日本で一番早い開花を迎えるつつじのお祭りに参加して、春を満喫してみるのはどうでしょうか。
沖縄の街の風景をじっくり楽しみたいという人には、「ゆいゆいウォーク環金武湾ウォーキングフェスタ」がぴったりです。沖縄本島の東海岸に位置するうるま市で開催されるイベントで、毎年3月上旬に2日間にわたって行われます。うるま市の金武町や宜野座村を歩き、街の風景を楽しみながら文化や歴史を学ぶことができます。ウォーキングコースは、イモ畑やマングローブ、海岸線を楽しめるコースや、勝連半島の眺望を楽しみながら勝連城跡を巡るコースなどさまざまです。コースによって歩く距離も異なるので、各自の健康状態などに合わせて選べます。

今回紹介したオススメスポットはこちら!


東村村民の森つつじ園
住所:沖縄県国頭郡東村字平良861-1
アクセス:那覇空港から車で約1時間50分(高速道路使用)

3月の沖縄旅行で持っていきたいものとは?

コラム記事イメージ4

3月は気候が変わりやすい時期なので、寒さ対策に加えて紫外線対策も必要です。そこで、3月の沖縄旅行に必要な持ち物を紹介します。まず、Tシャツなどの薄手の洋服です。基本的に3月はこの薄手の洋服だけで過ごせる日も多いですが、それに加えて寒さ対策のカーディガンやパーカーも持参します。紫外線対策のために、日焼け止めや帽子、サングラスも必要です。沖縄の日射しは本州よりも強く、紫外線も強力です。特に、3月後半に訪れる場合や海開きしたビーチで遊ぶ予定がある場合は、日焼け止めを忘れないようにしましょう。海で遊ぶのなら、普段履く靴に加えてビーチサンダルも持って行きます。最後に、虫よけスプレーや虫刺されの薬も用意します。3月とはいえ、沖縄ではすでに虫たちが活動を始めていて、蚊などに刺されることがあるからです。普段使っていて慣れたものを持って行けば、旅行中も安心です。

旅行する時期と目的を考慮しよう!

コラム記事イメージ5

3月の沖縄の旅行事情は、前半と後半とで大きく異なります。混雑を避けてのんびりと旅行したいのなら前半、暖かい気候と海を楽しみたいなら後半を選ぶのがポイントです。 沖縄でどんなことをしたいかを考えて旅行する時期を決め、沖縄旅行を存分に楽しみましょう。

服装」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

観光庁長官登録旅行業第155号/日本旅行業協会正会員
(c) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.