シニア向け!沖縄旅行を楽しむためのポイントとおすすめ観光地!|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > シニア向け!沖縄旅行を楽しむためのポイントとおすすめ観光地!

シニア向け!沖縄旅行を楽しむためのポイントとおすすめ観光地!

2019.05.28更新

コラム記事トピック画像

  • シニア向け
  • 家族
  • ホテル
  • 観光スポット

沖縄には老若男女が楽しめるスポットがたくさんあります。特に南国の自然豊かな風土は、シニアの方でも楽しめる沖縄旅行の醍醐味のひとつです。また、自然スポットだけでなく、落ち着いて楽しめる施設が充実しているところも沖縄の良いところです。せっかく沖縄へ旅行に出かけるなら、シニア世代が特に楽しめる施設や観光スポットはなるべく押さえておきたいところ。そこで今回は、シニアの方が沖縄旅行を存分に満喫するためのポイントとおすすめ観光地について紹介します。

シニア世代が沖縄旅行を満喫するために

コラム記事イメージ1

シニア世代が沖縄旅行を楽しく過ごすためには、健康にも配慮した旅程を組むことが何より大切です。沖縄には楽しめそうな観光地がたくさんあるだけに、あれもこれもと予定を詰め込んでしまいがちです。しかし、一日にいくつもの観光地を回るような旅程では、体がついていかずに旅の予定を消化しきれないこともあります。まず、自分の体のことを第一に考えて、無理のない旅程を組むことが旅行を楽しむ秘訣です。
また、旅程を考える際は、移動時間のことにも気を配っておかなければなりません。沖縄はそこまで広くありませんが、それでも観光地を回るとなれば何度も移動することになります。移動に時間を費やすことになれば、その分だけ疲れが増すだけでなく、観光する時間も短くなってしまいます。観光する場所をなるべく近場でそろえるなど、移動時間が長くなりすぎないように気を付けましょう。
旅行中は各観光地でお土産を買う機会も増えます。道中、荷物が重くなると、持ち運ぶのは大変です。そのため、荷物が多いときは持ち運ばなくても良いように手配しましょう。購入したものはそのまま自宅に配送するなどして、いつでも身軽でいられるようにすればより沖縄を満喫できます。もちろん、外出中は荷物を宿泊施設に預けておくというのもひとつの手です。シニアの方に向けてのサービスが充実している宿泊施設なら、旅行中もリラックスできる環境で過ごせるので、宿泊先を選ぶ際もシニア向けサービスがないか調べてから決めると良いでしょう。

シニア向けおすすめのホテルはここ!

コラム記事イメージ2

沖縄には、シニアの方がゆっくりと過ごせるホテルがとても充実しています。たとえば、名護市にある「ザ・ブセナテラス」はゆったりとした極上の客室がシニアの方々から高い人気を集めるホテルです。ホテルの各部屋からは名護市喜瀬の青い海の絶景を望むことができ、自然豊かな沖縄の風土の中で落ち着きのある時間を過ごすことができます。控えめな装飾でそろえられた客室は、シンプルかつナチュラルな雰囲気が特徴で、旅の疲れをやさしく癒してくれます。また、宿泊客の要望に24時間対応で答えてくれるバトラーサービスもあり、ゆったりとした施設だけでなく上質なもてなしまで提供してくれる一級品のホテルです。
客室から沖縄の絶景を満喫したいなら、「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」もシニアの方に最適なホテルのひとつです。恩納村にあるこのホテルは、とにかくロケーションが最高です。美しい白浜とエメラルドグリーンの海を一望でき、沖縄の定番観光スポットである万座毛もホテルから見ることができます。もちろん、客室も上品な色彩を基調としており、絶景を思う存分楽しめるように設計されています。美しい景色で心が癒されたあとは、サウナやマッサージなどのサービスで旅で疲れた身体をほぐして癒されるのもおすすめです。
愛犬と一緒に沖縄旅行したいときは、「カフーリゾートフチャク コンド・ホテル」を選んでみると良いでしょう。このホテルには愛犬と一緒に宿泊できる部屋があり、2つの寝室を配した広々とした客室で、愛犬が走り回って遊ぶこともできる作りになっています。もちろん、愛犬だけでなく、海に沈む美しい夕日など、沖縄ならではの景色をゆっくり楽しめるホテルでもあります。また、屋外プールを完備しているため、海で泳ぐのは気が引けるというシニアの方でも楽しめる設備が満載です。

ザ・ブセナテラス

ザ・ブセナテラス

  • 住所:沖縄県名護市字喜瀬1808
  • アクセス:那覇空港から車で約75分(高速道路利用)
  • CHECK IN/OUT:14:00/11:00

このホテルに泊まるプランを見る

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

  • 住所:沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣2260
  • アクセス:那覇空港から車で約50分(高速道利用)
  • CHECK IN/OUT:15:00/11:00

このホテルに泊まるプランを見る

カフーリゾートフチャク コンド・ホテル

カフーリゾートフチャク コンド・ホテル

  • 住所:沖縄県国頭郡恩納村冨着志利福地原246-1
  • アクセス:那覇空港から車で約50分(高速道路利用)
  • CHECK IN/OUT:14:00/11:00

このホテルに泊まるプランを見る

シニア世代でも楽しめるおすすめ観光地5選!

コラム記事イメージ3

海で思い切り遊んだり、リゾート地でアクティビティを楽しんだりというのは、シニアにもなるとなかなか難しくなってくるものです。なるべく落ち着いた観光地で、ゆっくりスポットを巡るほうが、体への負担が少ないのでより楽しめます。たとえば、動物や植物と触れ合える「ビオスの丘」はシニア世代も楽しめるおすすめ観光地のひとつです。ここには、沖縄由来の動物が飼育されており、あまりなじみのない珍しい動物に直接触れ合えるスポットです。また、沖縄ならではの植物が生い茂る自然公園は、ゆったりと散策するのに最適なスポットとなっており、園内にはカフェもあるので休憩をはさみながら施設内を回ることができます。
貴重な古民家や天然記念物の鍾乳石を鑑賞できる「おきなわワールド」もおすすめです。5万4千坪もの広大な敷地内には、熱帯フルーツ園や琉球王国城下町などもあり、沖縄のさまざまな自然や文化をいっぺんに楽しむことができます。ゆっくり自然を満喫するなら、「東南植物楽園」も訪れたい観光地のひとつです。東南植物楽園には、水上楽園と植物園があり、水上楽園では亜熱帯気候特有のなかなかお目にかかれない植物を鑑賞できます。植物園にはハーブ園や果樹園などがあり、特にトックリヤシの並木通りは南国情緒あふれる注目スポットです。
沖縄には、足の不自由な方や車いすの方のために配慮が施された観光地も充実しています。定番観光地の「万座毛」もそのひとつです。万座毛入口には歩きやすいように遊歩道が整備されています。高低差もなく平坦な道になっており、それが絶景ポイントまで続いているので、車いすで旅行する場合も安心して移動できます。沖縄の代表的な観光地「沖縄美ら海水族館」は、館内がバリアフリー設計になっているため、車いすのでもストレスなく自由に移動できます。館内の併設されたレストランも、テーブルを車いす仕様にしてあるため、そのまま食事を楽しむことができるでしょう。

シニア世代の旅行は移動手段も考えておこう!

コラム記事イメージ4

どこかへ旅行へ出かけたとき、移動するだけで疲れてしまったというシニア世代も多いのではないでしょうか。沖縄の観光地を十分に楽しむためにも、あらかじめ移動手段を考えておけると安心です。
那覇市の市街地を走る「ゆいレール」をご存知ですか?那覇空港駅〜首里駅間を走る(注1)モノレールで那覇市内の散策に便利な移動手段の一つです。しかし、本土の交通系ICカードが利用できない(注2)、通勤・退勤時間帯は車内の混雑が厳しいなど、いくつか気を付ける点があるので事前に下調べをするなどして対策をすると良いでしょう。沖縄県内にはゆいレールを除いて電車がないため、公共交通機関はバスが中心となります。ただ、県内を自由に移動したいなら、レンタカーを借りるなど車で移動したほうが何かと便利です。実際、沖縄旅行では、車を借りて自分で運転するという人も少なくありません。
とはいえ、慣れない土地で運転するのは意外と神経を使うものです。運転することに集中して、せっかくの観光地を疲れた状態で回るのはもったいないことでもあります。車で沖縄を自由に回りたいなら、観光タクシーを利用するのもいいでしょう。観光タクシーなら、自分で車を運転せずに済むので、体力の心配をせず自由に移動することができます。また、運転手から現地の人しか知らないような情報を得ることもできるので、よりディープな沖縄を楽しみたいというシニアの方にもおすすめです。

(注1)現在ゆいレールは首里駅から「てだこ浦西駅」まで延伸工事を行っており、2019年10月に運航を開始する予定です。
(注2)2020年の春から、「Suicc」サービスの導入・利用開始予定です。

しっかり準備して快適な旅を楽しもう!

コラム記事イメージ5

シニア世代が快適な沖縄旅行を満喫するためには、事前の準備を万全にしておくことが何より大切です。観光地やホテルの情報を事前に得ておくだけでなく、移動する時間や手段についてもしっかり調べてから旅行に出かけるようにしましょう。沖縄には、バリアフリーに対応したホテルや観光スポットもたくさんあります。しっかり準備して、快適な沖縄の旅を楽しみましょう。

今回紹介したおすすめホテル・おすすめスポットはこちら!


ビオスの丘
住所:沖縄県うるま市石川嘉手苅961-30
アクセス:那覇空港から車で約45分(高速道路使用)
おきなわワールド
住所:沖縄県南城市玉城前川1336
アクセス:那覇空港から車で約30分(高速道路使用)
東南植物楽園
住所:沖縄県沖縄市知花2146
アクセス:那覇空港から車で約1時間(高速道路使用)
万座毛
住所:沖縄県国頭郡恩納村恩納
アクセス:那覇空港から車で約1時間(高速道路使用)
美ら海水族館
住所:沖縄県国頭郡本部町石川424
アクセス:那覇空港から車で約2時間(高速道路使用)

家族 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

観光庁長官登録旅行業第155号/日本旅行業協会正会員
(c) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.