北部に行くなら立ち寄りたい!スマイルタグで入場できる観光施設|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 北部に行くなら立ち寄りたい!スマイルタグで入場できる観光施設

北部に行くなら立ち寄りたい!スマイルタグで入場できる観光施設

2018.08.31更新

歴史

  • スマイルタグ
  • 本島北部
  • 観光スポット

沖縄美ら海水族館や古宇利島など有名な観光スポットが数多くある本島北部エリア。せっかく足を運んだのなら1ヶ所のみではなく、ほかの観光地にも立ち寄りたいですよね。今回はらんらんツアーでお申込みのお客様についてくるスマイルタグで入場できる北部エリアにあるおすすめの観光施設をご紹介します。

フルーツのことが楽しく学べる「OKINAWAフルーツらんど」

コラム記事イメージ1

名護市にあるOKINAWAフルーツらんどはビビッドな看板が目印の全天候型体験施設。雨が降っても安心なのもうれしいポイントです。オリジナル絵本「トロピカル王国物語」をもとに進んでいく施設内には、19のスタンプ台があり、フルーツにまつわるクイズに正解するとスタンプが押される仕組み。お子様はもちろん大人も楽しみながらそれぞれのフルーツについて学ぶことができます。スタンプをすべて集めたら、ショッピングゾーンにてオリジナルのプレゼントがもらえるのでぜひ挑戦してみましょう。
ほかにもOKINAWAフルーツらんどに行ったらぜひ足を運んでいただきたいのが、施設内にあるフルーツカフェ。沖縄ならではのフルーツを使ったスイーツが盛り沢山!人気のブルーシールとコラボしたスイーツはボリューム満点。グループやご家族で食べてもお腹いっぱいになる量なので、みんなでシェアするのがおすすめです。

OKINAWAフルーツらんどの詳細
住所:沖縄県名護市字為又1220-71
アクセス:沖縄高速自動車道 許田ICから車で約20分

どこもかしこもパイナップル!「ナゴパイナップルパーク」

コラム記事イメージ2

入口にある大きなパイナップルが目を引くナゴパイナップルパークは、その名の通り園内をパイナップルが埋め尽くす植物園で、園内には食用・観賞用合わせて約200種類のパイナップルが栽培されています。駐車場から入口へ向かうバスからもパイナップル畑を見学することができ、苗から実が生るまでを観ることができます。園内は自動で動くカート パイナップル号に乗って見学。たくさんのカラフルな植物が栽培されているので、カートを降りたら歩いてじっくり見て回るのも良いでしょう。
また、見学だけではなくお買い物もパイナップル尽くし!パイナップルワインやジュース、パイナップルケーキなどパイナップル関連の商品がたくさん。試飲や試食も充実しているので、お気に入りを探してみてください。

ナゴパイナップルパークの詳細
住所:沖縄県名護市字為又1195
アクセス:沖縄高速自動車道 許田ICから車で約20分

蝶々と一緒に写真が撮れる「琉宮城蝶々園」

コラム記事イメージ3

大人気の観光スポット沖縄美ら海水族館から車で約3分の距離にある竜宮城のような外観の建物が印象的な琉宮城蝶々園。展望レストランやお土産店の入る建物の向こうにはたくさんの植物が植えられています。その園内にある蝶々ハウスには、日本最大級の蝶「オオゴマダラ」をはじめ、たくさんの蝶が生息しています。時期によって見られる蝶の種類は様々ですが、1年を通して何度も産卵、ふ化を繰り返すオオゴマダラはいつ行ってもその姿を見ることができます。そしてこの蝶々ハウスの1番のポイントは蝶々との写真撮影ができること!蝶の集まる不思議なブーケや帽子が置いてあるので手に取ってみましょう。蝶との写真は記念になること間違いなし。

琉宮城蝶々園の詳細
住所:沖縄県国頭郡本部町字山川390-1
アクセス:那覇空港から車で約120分

スマイルタグをさらに詳しく調べる

スマイルタグ 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

Copyright (C) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.