宮古島旅行で訪れたいおすすめビーチ|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 宮古島旅行で訪れたいおすすめビーチ

宮古島旅行で訪れたいおすすめビーチ

2018.03.22更新

一人旅

  • 宮古島
  • ビーチ
  • おすすめ

東洋随一ともいわれる宮古島のビーチ。宮古島へ旅行に行くなら、ビーチでのアクティビティを思う存分に楽しみたいですよね。白浜のビーチから眺める海は感動ものの美しさ。宮古島への旅行を考えているすべての人に、おすすめのビーチをご紹介します。

宮古島のビーチの特徴、楽しめるアクティビティ

コラム記事イメージ1

宮古島のビーチの特徴は、なんといっても手つかずの美しい自然が残っていることです。景観を損なうことなく人々と共生してきた自然の姿は、長い歴史と穏やかな南国の時間を感じさせてくれます。沖縄本島の人気のあるビーチと比較して混雑していないこともトラベラーにはうれしいポイントですね。そんな宮古島のビーチではアクティビティも充実しています。天候が良ければシュノーケルはもちろん、クルーズやパラセーリング、ジェットスキー、バナナボートなどのマリンスポーツを楽しめます。早朝は人も少なく、ヨガやビーチコーミングもおすすめです。海の表情は時間によって刻々と変化していきます。その様子を眺めるだけでも宮古島のすばらしさを堪能できるでしょう。

宮古島のビーチと言えばここ!

コラム記事イメージ3

それでは宮古島を代表するビーチについて見ていきましょう。
「砂山ビーチ」は砂の丘を越えた先に広がる美しい海が特徴のビーチです。特徴的な岩のトンネルは、宮古島に行くなら押さえておきたいフォトスポット。丘の上から眺める海も格別です。
東洋一美しいともいわれる海岸「与那覇前浜ビーチ」は、トライアスロン宮古島大会のスタート地点としても有名です。広大な白い砂浜は、7kmの長さを誇り、エメラルドグリーンの海とのコントラストもとても鮮やか。宮古島へ行くなら必ず足を運びたいビーチです。
珊瑚礁を見たいのなら「吉野海岸」がおすすめ。熱帯魚の種類と数は宮古島一といわれているので、シュノーケルで海の世界のすばらしさを楽しみたいですね。

プライベート感を楽しむなら「長間浜」、アクセス良好「新城海岸」、地元民に人気「パイナガマビーチ」

コラム記事イメージ2

宮古島には有名なビーチ以外にも、魅力的なビーチがたくさんあります。
「長間浜」は、さとうきび畑を抜けた先に広がるどこまでも青い海と、離島らしい静けさが特徴のビーチです。アダンのアーチをくぐり抜け、白砂の坂を駆け下りれば、プライベート感たっぷりの時間を満喫できるでしょう。
「新城海岸」は、シーズン中は10万人以上が訪れるという人気のビーチです。人気の理由はアクセスの良さと遠浅の海で楽しむシュノーケル。クマノミに会えるポイントもあるので、お子様連れの家族旅行にもおすすめです。
より宮古島の空気を感じたいという人は「パイナガマビーチ」に行ってみましょう。このビーチは地元の人が多く、マリンスポーツや散歩などを思い思いに楽しんでいます。市街地から歩いて行けるほどの距離でありながら、喧騒とは無縁の静かな時間を楽しめます。

宮古島をさらに詳しく調べる

宮古島 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

記事のジャンル
女子
旅行
海水浴
国内
おすすめ
一人旅
パワースポット
家族
景色
子連れ
離島
ホテル
石垣島
宮古島
久米島
与那国島
与論島
西表島
天気
グルメ
人気記事

右カラム1

沖縄から飛行機でわずか35分のフライトで着いてしまう与論島。鹿児島県の最南端に位置し、奄美群島の一つに含まれているこの島は、まるで奇跡のような透明度の高さを誇る海が最大の魅力…

右カラム2

与論島は、鹿児島県最南端の、海に囲まれた小さな離島です。風景がとにかく綺麗で、海、夕日、星空、どれも感動的な美しさです。与論島では特徴的なイベントやお祭りも開催されています。

右カラム3

癒しの島として知られる与論島。日本とは思えないほどの美しい景色にもかかわらず、観光地化し過ぎていない、ゆったりとした時間が流れる島として独特の魅力を誇っています。鹿児島の奄美…

右カラム4

東洋の真珠と形容され、ヨロンブルーと呼ばれる鮮烈な美しい海を誇る与論島。与論島でマリンスポーツを堪能した後は、おしゃれなカフェや居心地の良い居酒屋で時間を過ごし、一休みするの…

右カラム5

沖縄や沖縄周辺の離島に行く場合、心配なのは天気ではないでしょうか。雨や台風などの悪天候で、予定していたことができなくなってしまうケースもあることを頭に入れて計画を立てましょ…

行先を選択する
本島リゾート
那覇市内
石垣島
小浜島・西表島
竹富島
宮古島
久米島
与那国島・与論島
Copyright (C) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.