海底遺跡、日本最西端の碑、Dr.コトー診療所ロケ地…与那国島旅行の観光スポットまとめ|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 海底遺跡、日本最西端の碑、Dr.コトー診療所ロケ地…与那国島旅行の観光スポットまとめ

海底遺跡、日本最西端の碑、Dr.コトー診療所ロケ地…与那国島旅行の観光スポットまとめ

2017.08.04更新

ファミリー

  • 与那国島
  • 海底遺跡
  • 最西端
  • コトー

日本最西端の島「与那国島(よなぐにじま)」。地元の人々には「どぅなんちま」と呼ばれています。一説では、渡航が難しい(渡難)という意味で「どぅなん」と呼ばれ始めたといわれていますが、現在では一般の交通機関を利用して誰でも行くことができます。那覇市からは飛行機で1時間半ほど、石垣島を経由してフェリーで向かうと5時間半ほどで到着します。料金的にみればフェリーの方が安く済みますが、「ゲロ船」とのあだ名がつくほど酔いやすいので、酔いやすい人は少々高くついても飛行機での移動を検討した方が良いでしょう。 与那国島には、一度は行く価値がある魅力的なスポットがたくさんあります。ここでは、与那国島の観光スポットについてご紹介します。

古代遺跡!?ミステリアスな与那国島の海底遺跡

コラム記事イメージ1

沖縄やその離島へ行くなら、マリンスポーツなど海に関する体験をしてみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。そのような人にオススメできるのが、与那国島の最南端にある「新川鼻(あらかわばな)」です。新川鼻の最大の魅力は、岬からわずか100メートル沖合の海底に東西約250メートル、南北150メートルの遺跡が眠っていることです。ピラミッドのような巨大な外観で、石の形が壁やテラス、通路のように見え、宗教的な儀式に用いられたかのようなレリーフが散見されます。さらに十字状の刻印のある石板が発見されており、この刻印は意図的につけられたものだとする鑑定結果も出されています。このようなさまざまな事情から2000〜3000年前には古代都市として陸上に存在していたものが海底に沈んだのではないかと分析されています。一方では、自然に作られたものだとする見方も有力であり、2017年時点で「遺跡」とは認定されていません。新川鼻の海底遺跡では、ダイビングツアーなどを楽しむことができます。

西崎にある最西端の碑と絶景

コラム記事イメージ2

最西端の島、与那国島の中でも最も西にあるのが「西崎(いりざき)」です。太陽が沈むことを「日の入り」というように、「いり」とは沖縄の言葉で「太陽が沈む方向」、つまり西を意味します。日本の最端部の中で唯一誰でも自由に行くことができ、西崎の岬の西埼灯台や碑、展望台は有名な観光地として知られています。最西端を訪れた記念に何か思い出の品が欲しい人は、ホテルや民芸品店で「日本最西端の証」を発行してもらうことができます(1枚500円)。最西端を訪れた日付や碑の写真、与那国町の町花であるテッポウユリのイラストも掲載されている名前入りの豪華な証明書です。 与那国空港から西へ車で10分走行すると西崎展望台があり、坂を上ると碑が設置されています。碑があるのはかなりの高台ですが、そこから見える景色は絶景で、天候に恵まれれば台湾の山々を見渡すことができます。日本で最後に沈みゆく夕日をゆっくりと眺めてみてはいかがでしょうか。

他にも魅力がいっぱいの観光スポット、Dr.コトー診療所ロケ地など

コラム記事イメージ3

美しい自然の多い与那国島は、ドラマ「Dr. コトー」のロケ地としても使用されました。南部に位置する「比川」と呼ばれる集落のはずれに、志木那島診療所のロケ地があります。ドラマ撮影用に建てられたセットのメンテナンスが続けられており、ドラマの雰囲気をそのまま楽しむことができます。ドラマをよく見ていた人はもちろん、作り込まれたセットにドラマを見たことない人でも楽しめるはずです。ほかにもフェリー乗り場や小学校、比川浜などドラマでおなじみの場所に足を運ぶことができます。 また、最西端にある浜「ナーマ浜」も捨てがたい観光スポットです。きらきら輝く白い砂浜、エメラルドグリーンの透明な海の美しさにきっと感動するはずです。西崎の近くにあるので、移動時間を無駄にすることもありません。もちろん、ここから夕陽を眺めることもできるので、坂を上がるのがつらい人はビーチから夕陽を眺めてみてはいかがでしょうか。波も比較的穏やかで静かなビーチなので、心が洗われるのを感じられます。 数多くの観光スポットのある与那国島。少々行くのは大変ですが、実際に行ってみればそれだけの価値があると感じられるでしょう。

与那国島をさらに詳しく調べる

与那国島 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

記事のジャンル
女子
旅行
海水浴
国内
おすすめ
一人旅
パワースポット
家族
景色
子連れ
離島
ホテル
石垣島
宮古島
久米島
与那国島
与論島
人気記事

右カラム1

久米島は沖縄本島からおよそ100キロメートルの場所に位置し、那覇空港から飛行機で気軽に行くことができる沖縄県の離島です。久米島本島をはじめ、奥武島やオーハ島の有人離島、鳥島、硫…

右カラム2

久米島は豊かな自然と、古くからの歴史を感じさせてくれる沖縄の離島です。那覇からも非常にアクセスしやすく、飛行機であればおよそ30分、フェリーであれば3時間少々でアクセスできます。

右カラム3

久米島は沖縄本島から西に100キロメートルの位置にあり、島全体が1983年に県の自然公園として指定されるなど、自然豊かな場所です。那覇空港から1日数便の飛行機が通っており、所要時…

右カラム4

沖縄県本島のほぼ西に位置する「久米島(くめじま)」は、神々に選ばれし島と呼ばれるほど美しい自然に囲まれた離島です。1983年には島全体が県立自然公園に指定されています。

右カラム5

沖縄諸島の最も西に位置する久米島は、亜熱帯性気候の暖かい島です。南の島独特の気候をしており、海水浴やダイビングなど海のレジャーに打ってつけの場所です。久米島にはさまざまな観光…

行先を選択する
本島リゾート
那覇市内
石垣島
小浜島・西表島
竹富島
宮古島
久米島
与那国島・与論島
Copyright (C) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.