【マラソン/トライアスロン/クメジマホタル】久米島で開催されるイベント|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 【マラソン/トライアスロン/クメジマホタル】久米島で開催されるイベント

【マラソン/トライアスロン/クメジマホタル】久米島で開催されるイベント

2017.07.19更新

歴史

  • 久米島
  • マラソン
  • トライアスロン
  • クメジマホタル

久米島は豊かな自然と、古くからの歴史を感じさせてくれる沖縄の離島です。那覇からも非常にアクセスしやすく、飛行機であればおよそ30分、フェリーであれば3時間少々でアクセスできます。透明度が抜群の海や白い砂浜はもちろんのこと、森には南国ならではの植物や生態系を見ることができ、毎年全国各地から観光客が訪れる島です。久米島の『はての浜』は沖縄全体でみても有名な観光スポットになっていますので、名前を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。そんな久米島はイベントも盛りだくさん。このイベントのためだけに訪れる観光客も多く、開催時期になると大きな賑わいを見せています。これから久米島を初めて訪れるという方でも楽しめるようなイベントを取り上げていきます。

久米島マラソンとは?

コラム記事イメージ1

久米島マラソンとは、毎年秋に行われているマラソン大会です。フルマラソンとハーフマラソン以外にも、10キロマラソンや5キロマラソンといった短距離コースも設置されています。いずれも全国各地から参加者が来る有名な大会です。マラソンのルートはフルマラソンの場合、仲里野球場をスタート地点として、観光スポットにもなっている島尻集落とミーフガーの2カ所で折り返します。一方、ハーフマラソンはホタルドームを折り返し地点として仲里野球場に戻ってくるコースを走ります。参加料はフルマラソン、ハーフマラソンともに4,000円、10キロや5キロマラソンの場合には3,500円となっています。 ゴール地点でもある仲里野球場では、ふれあいパーティーというイベントが開催され、沖縄名産の泡盛が無料で振る舞われます。このマラソンの特徴は久米島の美しい景色の中を走れることでしょう。コースはどこをとっても絶景が広がっており、都会から参加した場合には日本とは思えないほどの景観を楽しみながら走ることができます。また、コースの高低差が少ないことでも有名です。久米島は比較的平坦な場所が多く、マラソンコースの高低差は20メートル未満です。そのため、子供や女性、お年寄りでも楽しめるマラソン大会になっています。

「マラソン」など沖縄で開催されるイベントをさらに詳しく調べる

久米島トライアスロンとは?

コラム記事イメージ2

久米島トライアスロンはまだまだ歴史の浅いトライアスロン大会ですが、久米島の絶景や自然がコースになっていることから注目されており、全国各地から参加者が多数集まります。毎年5月頃に開催されて参加者は毎年500名前後となり、参加費用は個人の部の場合、JTU会員で23,000円、一般で24,000円です。コース概要は、水泳2キロ、バイク47キロ、ラン20キロの総距離69キロとなっています。マラソン大会と違い、本格的に厳しいコースが用意されていますので、参加者は基本的に日々トレーニングを積んで来た競技者たちです。それでも制覇する人は全体の50%以下と、過酷なコースになっています。久米島の5月の気温は暖かいながらも海に長時間入っていると体は冷えてきてしまいます。さらに、コースになっている海は波や水温の変化が激しいところでもあるため、体力に相当自信がないと制覇することは難しいのです。まさにトレーニングを重ねているトライアスロンの中級者以上の人には自分の腕を試す絶好の大会です。

その他久米島でおすすめのお祭りやイベント

コラム記事イメージ3

ここまでで取り上げた2つの大きなイベントの他にも、久米島にはさまざまなイベントがあります。そのなかでもクメジマホタルはぜひ見てみたいもののひとつです。クメジマホタルは久米島にしかいない固有種、つまり世界中ここでしか鑑賞することができないのです。夏に入る前のシーズンに見ることができ、4月中旬から5月上旬くらいまでホタルの鑑賞イベントが開かれています。クメジマホタルのスポットとしては、白瀬川中流やしいな橋上流の橋の周辺が有名です。また、綺麗な海でしか出会うことのできないウミガメとふれあえるイベントも開催されます。こちらも4月中旬から5月上旬に開催され、久米島にあるうみがめ館にて、えさやりや甲羅磨きの体験ができます。なかなか間近で見ることのできないウミガメとのふれあい体験は、毎年子供連れの家族でにぎわいます。この他にも、8月に開催される久米島まつりでは沖縄民謡やエイサーなどが披露され、花火を鑑賞することもできます。入場料が無料ということもあり、夏に久米島を訪れる際には是非立ち寄ってみるといいでしょう。

久米島をさらに詳しく調べる

久米島 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

記事のジャンル
女子
旅行
海水浴
国内
おすすめ
一人旅
パワースポット
家族
景色
子連れ
離島
ホテル
石垣島
宮古島
久米島
与那国島
与論島
西表島
人気記事

右カラム1

沖縄県にある与那国島は八重山諸島を構成する島で、日本の最西端に位置しています。与那国島の面積は28.95平方キロメートル、人口は約1,700人と小さな島ですが、自然豊かで南国の海を思…

右カラム2

沖縄県の八重山郡に位置する、日本最西端の地としても知られる与那国島。沖縄本島からは約509km、石垣島からは約127kmも離れており、台湾の方が近いというこの島には温暖な気候と…

右カラム3

日本最西端の島「与那国島(よなぐにじま)」。地元の人々には「どぅなんちま」と呼ばれています。一説では、渡航が難しい(渡難)という意味で「どぅなん」と呼ばれ始めたといわれていま…

右カラム4

旅行で楽しみなのは、観光だけではありません。その土地でなければ食べられない名物料理を食べたいと楽しみにしているグルメが目的の人も多いのではないでしょうか。沖縄はグルメの宝庫で…

右カラム5

与那国島に行くには、沖縄本島から飛行機、石垣島から飛行機または船を利用します。1日の便数が少ないため、アクセス方法が限られていることから離島感満載といえるでしょう。絶海の孤島…

行先を選択する
本島リゾート
那覇市内
石垣島
小浜島・西表島
竹富島
宮古島
久米島
与那国島・与論島
Copyright (C) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.