ダイビングやシュノーケリング、久米島紬体験など、久米島でやってみたいアクティビティまとめ|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > ダイビングやシュノーケリング、久米島紬体験など、久米島でやってみたいアクティビティまとめ

ダイビングやシュノーケリング、久米島紬体験など、久米島でやってみたいアクティビティまとめ

2017.07.19更新

ビーチ

  • 久米島
  • ダイビング
  • シュノーケリング
  • アクティビティ

久米島は沖縄本島からおよそ100キロメートルの場所に位置し、那覇空港から飛行機で気軽に行くことができる沖縄県の離島です。久米島本島をはじめ、奥武島やオーハ島の有人離島、鳥島、硫黄鳥島などの無人島から成り立ち、沖縄本島、西表島、石垣島、宮古島に次いで県内で5番目の広さを誇っています。久米島の大きな魅力は島や周辺に広がる豊かな自然です。島全域が県立自然公園として指定され、いたるところで美しい景観を楽しむことができます。また、豊かな自然の中で生まれた島の特産物をつかった伝統工芸「久米島紬」も久米島の魅力のひとつです。1年を通して温暖な気候の久米島を満喫するためにおすすめのアクティビティをまとめてご紹介します。

久米島ではダイビングがおすすめ

コラム記事イメージ1

美しい海に囲まれた久米島はダイバーたちを魅了するダイビングスポットが点在する人気の離島です。エリアごとに特色があるため、好みに合わせてさまざまな場所でいろいろな楽しみ方ができます。一番人気のあるスポットは砂浜だけで作られている無人島「はての浜」周辺です。久米島から東に向かって5キロほど移動すると姿を現す「はての浜」は、久米島から一番離れた場所にある細長い形をした「はての浜」、その手前にある「ナカノ浜」、最も久米島寄りに位置する「メーヌ浜」の3つの砂浜でできています。周辺に広がるエメラルドグリーンの海と真っ白い砂浜は東洋一の美しさを持つともいわれ、多くのダイバーたちを魅了しています。また、島の南東に向かって沖合2キロほどのところにある「トンバラ」と呼ばれるポイントも人気のダイビングスポットです。トンバラとは海にそびえ立った大きな岩で、周辺では大型回遊魚と遭遇する可能性が高く、イソマグロやギンガメアジの群れ、バラクーダ、ロウニンアジ、運が良ければジンベイザメを目にすることもできます。

ダイビングツアーをさらに詳しく調べる

久米島ではシュノーケリングも楽しめる

コラム記事イメージ2

ダイビングのように資格を取得していなくても、年齢性別を問わずに久米島の自然を満喫できるアクティビティといえば、シュノーケリングです。実は透明度が高くエメラルドグリーンが美しいダイビングの人気スポットである「はての浜」は、シュノーケリングを楽しめる人気スポットでもあります。浅瀬では熱帯魚を見ることができる上、運が良ければウミガメに出会えることもあります。久米島の東部にあるイーフビーチもまたシュノーケリングのおすすめスポットです。イーフビーチは久米島の中でもさまざまなマリンスポーツを体験できる場所として人気があります。およそ2キロにも延びる真っ白い砂浜が美しい日本の渚100選にも選ばれたイーフビーチでは、南国を感じさせる熱帯魚を見ることができるところです。イーフビーチは遠浅で干潮になると膝上くらいの浅さになることもあります。このため、シュノーケリング初心者でも気軽にチャレンジすることが可能となっているのです。

マリンスポーツ以外も!久米島紬の織物や染め物体験ができる

コラム記事イメージ3

久米島の伝統工芸である久米島紬は、インドを起源とし15世紀後半に中国で広がった養蚕産業から発展した製織法により作られ、日本の紬文化の発祥といわれている織物です。伝統ある製法は2004年に国の指定重要無形文化財としての指定され、高く評価されています。糸づくりから始まる久米島紬の製織は、図案からきぬた打ちの仕上げの工程までについて、すべてをひとりの織子さんが行っているという点が特徴的です。また久米島紬は化学染料を使用せず、天然の草木染めによって染められている織物なので、独特の風合いを持っています。そんな久米島の歴史ある織物を実際に自分で織る体験ができるスポットが「久米島紬の里ユイマール館」です。絹や草木染めをした糸を使用して贅沢な素材のコースターを作ったり、綿のバンダナに自分で草木染めをしたりできます。工芸体験が初めての人でも職人さんたちが丁寧に教えてくれるため安心して楽しむことが可能です。

久米島イーフビーチホテル

久米島のおすすめホテルはこちら

久米島イーフビーチホテル

  • 住所:沖縄県島尻郡久米島町字謝名堂548
  • アクセス:久米島空港から車で約25分
  • CHECK IN/OUT:14:00/11:00

このホテルに泊まるプランを見る

久米島をさらに詳しく調べる

久米島 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

記事のジャンル
女子
旅行
海水浴
国内
おすすめ
一人旅
パワースポット
家族
景色
子連れ
離島
ホテル
石垣島
宮古島
久米島
与那国島
人気記事

右カラム1

沖縄本島から南西に約290kmにある宮古島は、亜熱帯海洋性気候で1年を通して温かい島です。沖縄県にはたくさんの島が点在していますが、そのなかでも宮古島には、日本とは思えないような絶景スポットが数多くあるため、観光客でにぎわいます。

右カラム2

沖縄本島から飛行機に搭乗して約50分で行ける、沖縄のなかでも旅行先として人気のある宮古島。この島の透き通った水の海や真っ白できれいなビーチは、人々の心を和ませてくれます。

右カラム3

旅先として沖縄の離島は、老若男女を問わずとても人気があります。数ある離島のなかでも、代表的な場所として知られているスポットが宮古島ではないでしょうか。

右カラム4

国内旅行で夏場に人気のリゾート地といえば沖縄でしょう。すてきな観光地はたくさんありますが、沖縄は陽気な人々と解放的な空気がいっぱいで、とにかく自由な気分を味わうことができます。

右カラム5

沖縄旅行に行く人は、本島にある首里城や美ら海水族館などを目当てに観光することが多いかもしれませんが、沖縄の自然の美しさを楽しむのであれば周囲にある数々の島も最適です。

行先を選択する
本島リゾート
那覇市内
石垣島
小浜島・西表島
竹富島
宮古島
久米島
与那国島・与論島
Copyright (C) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.