居酒屋やカフェも!宮古島旅行で食べたいおすすめグルメ|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 居酒屋やカフェも!宮古島旅行で食べたいおすすめグルメ

居酒屋やカフェも!宮古島旅行で食べたいおすすめグルメ

2017.06.05更新

一人旅

  • 宮古島
  • グルメ
  • 居酒屋
  • カフェ

国内旅行で夏場に人気のリゾート地といえば沖縄でしょう。すてきな観光地はたくさんありますが、沖縄は陽気な人々と解放的な空気がいっぱいで、とにかく自由な気分を味わうことができます。都会で疲れた人の気分転換には最適だといえるでしょう。なかでも沖縄本島から離れた宮古島は、ありのままの自然とリゾート施設が共存していて、過ごしやすいスポットです。青い海と白い砂浜を眺めているだけで心が癒されていくような気分になります。そして、宮古島に来たら景色だけでなくグルメもチェックして周りたいところです。宮古島では魚も肉もお酒も、口にしたい物が盛りだくさんです。ここでは、新鮮な素材と沖縄のお酒文化が彩る宮古島のグルメについてガイドしていきます。

宮古島でおすすめのグルメ

コラム記事イメージ1

宮古島のグルメといえば、定番は海の幸です。近海で獲れた海の幸を、お店ごとにこだわりの形で調理してくれるので、同じ魚でもお店によって全く違うメニューになっています。宮古島の居酒屋めぐりでは、お店ごとの特色を味わうのも楽しみ方のひとつです。魚だけではなく、海ぶどうなどの海産物も宮古島について語るなら外せないメニューです。また、宮古島といえば宮古牛やお酒なども代表的なグルメです。クセのある泡盛は苦手に思う人もいますが、ジュースや炭酸水で割れば初心者でも十分に堪能できるでしょう。さらにお酒が飲めない人にも朗報!宮古島を堪能できるグルメといえば、本州では貴重なとれたてのトロピカルフルーツです。マンゴー、パパイヤ、パッションフルーツ、バナナなどはジュースにしてもよし、パフェに入れてもよしで、視覚と味覚の両方を満足させてくれるでしょう。彩り豊かな宮古島のグルメは、家族や友達とワイワイ盛り上がりながら食べたい品々です。

宮古島で人気の居酒屋スポット

コラム記事イメージ2

宮古島で一番人気の居酒屋ストリートは西里大通です。郷土料理はもちろん、焼肉屋、洋食屋、静かなバーなどさまざまなお店がひしめき合っており、仲間とのはしご酒にもってこいです。「泡盛と沖縄料理郷家(ごーや)」は、特に地元色が強く、観光客向けのお店です。毎日新鮮な海の幸を、泡盛に合う調理法で提供してくれます。三線ライブも連日開催されており、店がひとつになって盛り上がれます。予約必須の人気店は「ぽうちゃたつや」です。海の幸はもちろん、宮古牛の牛刺しは絶品です。落ち着いた雰囲気で沖縄のお酒と料理を味わいたい人におすすめです。老舗として地元民に愛されてきた居酒屋は「海鮮酒家中山本店」です。お店に近付いてくると大きなシーサーの置物が出迎えてくれて、思わず笑顔になってしまうでしょう。明るく広いスペースは団体客にぴったりで、海産物や宮古牛を楽しめます。おすすめの一品は宮古牛の炙り寿司で、のりきった脂が食欲をそそる絶品です。

ランチにも使える宮古島で人気のカフェ

コラム記事イメージ3

スイーツを味わいたいなら平良字松原にあるカフェ「taka's parlor(たかずぱーらー)」がおすすめです。美しい自然を眺めながら、簡単な料理や飲み物片手に沖縄の空気を思い切り吸い込んでみましょう。かけらの大きい冷凍キューブマンゴーは、美味しさに自信があるからこそのメニューだといえます。パフェを味わうなら下地来間にあるカフェ「楽園の果実」でしょう。このお店ではフルーツを大胆に使ったゴージャスなパフェが好評を博していて、普通のパフェよりも少し高価ですが、値段に見合った格別の美味しさがあるのでおすすめです。平良下里にあるカフェ「パイナガマカフェ」は、なんといっても景色が最高です。ビーチを眺めながらかき氷やジュースで涼むことができる、素晴らしいロケーションで夏場の観光客から支持を集めています。もちろん、カフェメニューも充実しており、バナナやスイカなどの南国のフルーツを使ったスムージーは健康的で美味しい一品です。

宮古島をさらに詳しく調べる

宮古島 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

記事のジャンル
女子
旅行
海水浴
国内
おすすめ
一人旅
パワースポット
家族
景色
子連れ
離島
ホテル
石垣島
宮古島
久米島
与那国島
与論島
西表島
人気記事

右カラム1

沖縄県にある与那国島は八重山諸島を構成する島で、日本の最西端に位置しています。与那国島の面積は28.95平方キロメートル、人口は約1,700人と小さな島ですが、自然豊かで南国の海を思…

右カラム2

沖縄県の八重山郡に位置する、日本最西端の地としても知られる与那国島。沖縄本島からは約509km、石垣島からは約127kmも離れており、台湾の方が近いというこの島には温暖な気候と…

右カラム3

日本最西端の島「与那国島(よなぐにじま)」。地元の人々には「どぅなんちま」と呼ばれています。一説では、渡航が難しい(渡難)という意味で「どぅなん」と呼ばれ始めたといわれていま…

右カラム4

旅行で楽しみなのは、観光だけではありません。その土地でなければ食べられない名物料理を食べたいと楽しみにしているグルメが目的の人も多いのではないでしょうか。沖縄はグルメの宝庫で…

右カラム5

与那国島に行くには、沖縄本島から飛行機、石垣島から飛行機または船を利用します。1日の便数が少ないため、アクセス方法が限られていることから離島感満載といえるでしょう。絶海の孤島…

行先を選択する
本島リゾート
那覇市内
石垣島
小浜島・西表島
竹富島
宮古島
久米島
与那国島・与論島
Copyright (C) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.