ダイビングやシュノーケリングなど、石垣島でやってみたいアクティビティまとめ|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > ダイビングやシュノーケリングなど、石垣島でやってみたいアクティビティまとめ

ダイビングやシュノーケリングなど、石垣島でやってみたいアクティビティまとめ

2017.05.22更新

ビーチ

  • 石垣島
  • ダイビング
  • シュノーケリング
  • アクティビティ

石垣島でのアクティビティで有名なのはマリンスポーツです。石垣島の海水の透明度は非常に高く、色とりどりの魚に出会うことができます。また、石垣島は年間通して温かい気候であるため、海水温は少し低くなりますが冬でも海に入ることができるのも特徴です。真夏の暑い日差しのなかで入る海も格別ですが、冬の海水は透明度が夏よりも高く、魚や海底をよく観察することができます。さらに、誰もいないビーチを満喫できたり、手つかずの自然と広がる鮮やかなサンゴや特異な地形をみることができたり、魅力が満載です。そのなかでも今回は、シュノーケリング、ダイビング、釣り、サーフィンについて、それぞれのスポットや出会える魚、海の特徴をご紹介いたします。

石垣島ではシュノーケリングがおすすめ

コラム記事イメージ1

まず石垣島で楽しめるアクティビティとしておすすめなのは、シュノーケリングです。シュノーケリングは、誰でも気軽に楽しめるアクティビティです。たとえ泳げなくても太陽の光が入る浅瀬を歩くことができ、別世界に入り込んだ気分を味わうことができます。免許取得の必要はなく、初めてでもすぐに慣れることができますよ。ツアーを利用すれば、水着だけ用意すれば手ぶらで良い、インストラクターがつくなどのメリットがあります。石垣島のシュノーケリングスポットは、川平湾や真栄里ビーチ、フサキビーチなどになります。石垣島北部東海岸にある伊野田海域へは、ツアーを利用して行くことが可能です。伊野田海域は、広い面積に広がるサンゴが特に美しく、色とりどりの熱帯魚を見ることができます。見ることのできる魚は、ルリスズメダイ、カクレクマノミやハマクマノミなどのさまざまなクマノミ、デバスズメダイ、ノコギリダイなどです。

石垣島ではダイビングも楽しめる

コラム記事イメージ2

石垣島で楽しめるもうひとつのアクティビティとして次におすすめのは、ダイビングです。ダイビングでは、シュノーケリングよりも深い海の中を楽しむことができます。特に、色とりどりの熱帯魚だけではなくウミガメ、マンタにも出会うことができます。石垣島のダイビングスポットは無数にありますが、そのなかでも特に代表的なスポットをご紹介しましょう。まず、川平ではマンタに出会うことができます。世界屈指のスポットで、高確率でマンタの群れを見ることができると有名です。次に荒川スポットでは、ヨスジフエダイなどのカラフルな魚や、バラクーダといった回遊魚にも出会えます。御神崎灯台スポットでは、性転換をする珍しい魚キンギョハナダイや、熱帯魚の代表カスミチョウチョウウオの群れ、また、ユニークな地形を楽しむこともできます。大崎スポットでは、赤と白の縞模様が美しいハナミノカサゴの群れを見られます。

ダイビングツアーをさらに詳しく調べる

釣りやサーフィンのおすすめポイント

コラム記事イメージ3

石垣島でのアクティビティは、シュノーケリングやダイビングだけではありません。釣りとサーフィンもおすすめです。特に石垣島は手つかずのビーチが多く、小型ボートで誰もいないプライベートビーチを訪れることもできます。釣りを楽しみたい場合は、漁港や防波堤周辺などがスポットとなります。ミーバイ(ハタ)やタマン(ハマフエフキ)、沖縄の青い魚で有名なイラブチャー(アオブダイ)が釣れます。ボートをチャーターして沖に出ると、カンパチやイソマグロなどを釣ることもできます。石垣島でのサーフィンは、海底が岩の「リーフブレイク」になります。そのため、慣れない場合はガイドを利用するのがおすすめです。ANAインターコンチネンタル石垣リゾート前がポイントとして知られており、岸からロングパドル(15分前後)で行くことになります。水の透明度は非常に高いので、サンゴを楽しみながらポイントまで行くことができます。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

記事に登場するホテルはこちら

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

  • 住所:沖縄県石垣市真栄里354-1
  • アクセス:石垣空港から車で約20分
  • CHECK IN/OUT:14:00/11:00

このホテルに泊まるプランを見る

石垣島をさらに詳しく調べる

石垣島 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

記事のジャンル
女子
旅行
海水浴
国内
おすすめ
一人旅
パワースポット
家族
景色
子連れ
離島
ホテル
石垣島
宮古島
久米島
与那国島
与論島
西表島
人気記事

右カラム1

沖縄県にある与那国島は八重山諸島を構成する島で、日本の最西端に位置しています。与那国島の面積は28.95平方キロメートル、人口は約1,700人と小さな島ですが、自然豊かで南国の海を思…

右カラム2

沖縄県の八重山郡に位置する、日本最西端の地としても知られる与那国島。沖縄本島からは約509km、石垣島からは約127kmも離れており、台湾の方が近いというこの島には温暖な気候と…

右カラム3

日本最西端の島「与那国島(よなぐにじま)」。地元の人々には「どぅなんちま」と呼ばれています。一説では、渡航が難しい(渡難)という意味で「どぅなん」と呼ばれ始めたといわれていま…

右カラム4

旅行で楽しみなのは、観光だけではありません。その土地でなければ食べられない名物料理を食べたいと楽しみにしているグルメが目的の人も多いのではないでしょうか。沖縄はグルメの宝庫で…

右カラム5

与那国島に行くには、沖縄本島から飛行機、石垣島から飛行機または船を利用します。1日の便数が少ないため、アクセス方法が限られていることから離島感満載といえるでしょう。絶海の孤島…

行先を選択する
本島リゾート
那覇市内
石垣島
小浜島・西表島
竹富島
宮古島
久米島
与那国島・与論島
Copyright (C) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.