沖縄のパワースポットを巡って女の一人旅を満喫|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 沖縄のパワースポットを巡って女の一人旅を満喫

沖縄のパワースポットを巡って女の一人旅を満喫

2017.01.27更新

ファミリー

  • 旅行
  • 女子
  • パワースポット
  • 一人旅

一人で旅行をする魅力は、とにかく自分の心の赴くままに行動できることです。現地の人と交流してディープな場所を訪れてみるのもよし、複数人で行くと断られそうなアクテイビティに思いっきり挑戦してみるもよし、ゆっくり寝てゆっくり過ごして…普段の疲れを思いっきり癒やすでもよし。一人旅の過ごし方は自由です。そこでぜひ検討していただきたいのが、「パワースポット巡り」です。もし、沖縄への一人旅で目的が決まっていなかったり、予定に空きのある人は、ぜひ運気をあげに沖縄パワースポットを訪れてみてください。沖縄には琉球王国の史跡や自然豊かな森があります。看板や案内が整っていない程の、隠れたパワースポットもあり、必見です。

厳かな気分になれる!世界遺産の斎場御嶽へ行く

知念岬公園

かつて琉球王国があり、日本とは異なる歴史を歩んできた沖縄県には独特の景観や史跡が多く残ります。2000年に世界遺産に登録された斎場御嶽(せいふぁーうたき)もその一つです。御嶽(うたき)とは沖縄本島を中心に信仰されてきた琉球神道の聖域の総称で、神々が来訪したり先祖の魂を祀ったりする神聖な場所です。琉球王国時代にはひとつの集落につきひとつの御嶽があったと考えられており、御嶽は沖縄の各地に多く残されています。その中でも斎場御嶽は沖縄の始祖である「アマミキヨ」により作られたと信じられており、琉球神道においては最も神聖な御嶽として重視されてきました。かつて琉球王朝の最高位の神官によって管理され、庶民は入口までしか入ることが許されず、男子禁制であったため国王でも入るためには女装が必要とされました。現在では観光地として整備されており、入館料を払えば誰でも入ることができます。斎場御嶽には亜熱帯植物に覆われた幻想的な森林の中に、かつて神事が行われていた神域が点在しています。自然や人ならざるもののエネルギーが集まる場所と考えられており、現在では沖縄随一のパワースポットとして旅行客の人気を集めています。自然の中を歩いていくので、履きなれた靴で行った方が賢明でしょう。

神の島の久高島をじっくり一人で堪能する

川平湾

そして斎場御嶽のシンボルである三庫裏(さんぐーい)からは「神の島」と崇められる久高島を見ることができます。久高島は、天から降りてきたアマミキヨが初めに降り立ち、国づくりを始めたといわれる島です。島の北東にはアマミキヨが降臨したといわれるカベール岬があり、岬へ続く道には原生のビロウの木が生い茂り神秘的な雰囲気を作り出しています。また、久高島は、海の底にあるとされる神界「ニライカナイ」に繋がる場所と考えられています。島の東にあるイシキ浜は、ニライカナイから穀物の種がもたらされたとされる五穀発祥の地としても知られます。イシキ浜は琉球王国の歴代国王も参詣した場所で、現在でも神聖視され遊泳は禁止されています。浜にあるものはたとえ小石ひとつでも外に持ち出してはいけないと言われているほど、沖縄の人にとっては神聖な場所なのです。久高島は観光地としての整備はあまり進んでおらず、聖地や名所には標識がないことも多く、島民に聞きながらでないとこれらのパワースポットを探し出すのはなかなか難しいかもしれません。聖地の中には立ち入り禁止の場所もありますので、島ののどかな雰囲気を壊さないためにもパワースポット巡りをする際にはよく確認するようにしましょう。

久高島の詳細
アクセス:本島南部から船で約15分

久高島旅行イメージ

久高島に行くプランはこちら

沖縄離島の久高島旅行

  • 琉球の始祖アマミキヨが降り立ったと言い伝えられている“神の島”久高島にて、
    島の方に取材をしたコラムをご紹介します。

詳細を見る

洞窟のカフェもある!ガンガラーの谷で癒されよう

残波岬灯台

沖縄本島の南城市には、ガンガラーの谷と呼ばれる自然豊かな森があります。ここは数十万年前に鍾乳洞が崩れてできた森で、広大な自然の中に長い年月をかけて生まれた洞窟や鍾乳石と亜熱帯植物が広がります。ガンガラーの谷には、日本人のルーツではないかと考えられている港川原人の居住跡が残されており、考古学的にも大変貴重な場所です。そのため谷には専任ガイド付きの体験ツアーでしか入ることができません。ツアーは出発時間の決まっている定員制で、約1kmの行程には背の高いガジュマルの樹や、高台から見渡すサトウキビ畑など見所が満載です。ガイドの話に耳を傾けながら太古の世界を進んでいけば、日常を忘れてリフレッシュすることができます。谷の歩道は整地されていますが、自然の中を進んでいくので歩きやすい靴の方がいいでしょう。子供から大人まで誰でも楽しみやすい道のりですが、途中階段がいくつかあり、バリアフリーにはなっていません。ツアーは予約制ですが、鍾乳洞入口の「ケイブカフェ」は無料で入場することができます。ここでは貸し切りパーティーや夜間にコンサートを開催することもできるので、さまざまな楽しみ方ができるでしょう。

ガンガラーの谷の詳細
住所:〒91-0616 沖縄県南城市玉城字前川202番地
アクセス:那覇から車で約30分

サザンビーチホテル&リゾート

ガンガラーの谷近くのホテルはこちら

サザンビーチホテル&リゾート

  • 住所:沖縄県糸満市西崎町1-6-1
  • アクセス:那覇空港から車で約20分
  • CHECK IN/OUT:14:00/11:00

このホテルに泊まるプランを見る

パワースポット「ガンガラーの谷」ツアー付きプランをさらに詳しく調べる

旅行 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

記事のジャンル
女子
旅行
海水浴
国内
おすすめ
一人旅
パワースポット
家族
景色
子連れ
離島
ホテル
石垣島
宮古島
久米島
与那国島
人気記事

右カラム1

沖縄本島から南西に約290kmにある宮古島は、亜熱帯海洋性気候で1年を通して温かい島です。沖縄県にはたくさんの島が点在していますが、そのなかでも宮古島には、日本とは思えないような絶景スポットが数多くあるため、観光客でにぎわいます。

右カラム2

沖縄本島から飛行機に搭乗して約50分で行ける、沖縄のなかでも旅行先として人気のある宮古島。この島の透き通った水の海や真っ白できれいなビーチは、人々の心を和ませてくれます。

右カラム3

旅先として沖縄の離島は、老若男女を問わずとても人気があります。数ある離島のなかでも、代表的な場所として知られているスポットが宮古島ではないでしょうか。

右カラム4

国内旅行で夏場に人気のリゾート地といえば沖縄でしょう。すてきな観光地はたくさんありますが、沖縄は陽気な人々と解放的な空気がいっぱいで、とにかく自由な気分を味わうことができます。

右カラム5

沖縄旅行に行く人は、本島にある首里城や美ら海水族館などを目当てに観光することが多いかもしれませんが、沖縄の自然の美しさを楽しむのであれば周囲にある数々の島も最適です。

行先を選択する
本島リゾート
那覇市内
石垣島
小浜島・西表島
竹富島
宮古島
久米島
与那国島・与論島
Copyright (C) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.