透きとおる海が美しい!沖縄で有名なパワースポット|沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄観光コラム一覧 > 透きとおる海が美しい!沖縄で有名なパワースポット

透きとおる海が美しい!沖縄で有名なパワースポット

2017.01.27更新

ビーチ

  • 旅行
  • パワースポット

旅行に出かける目的としてリフレッシュを考えている人は多いのではないでしょうか。そこで旅行先でのリフレッシュも兼ねて、その土地のパワースポットを巡って運気をあげてみてはいかがでしょうか。沖縄には豊かな自然があります。また、日本の本島とは異なり琉球王国として独自に反映してきた文化があり、パワースポットと呼ばれる場所が多くあります。パワースポットは沖縄本島だけではなく、古宇利島や浜比嘉島など離島にもあります。パワースポット巡りとして沖縄を訪れる方も、マリンスポーツや観光をメインに沖縄やその離島を訪れる方も、ぜひ一度訪れたい魅力的なパワースポットを紹介します。

海やカフェも楽しめる離島!古宇利島を訪ねる

宮古島の与那覇前浜ビーチ

沖縄には宮古島や石垣島、久米島などダイビングなどのマリンスポーツで人気のある島がある一方、まだ広く知られていない隠れリゾートがあります。そのうちの一つが沖縄本島北部にある古宇利島です。古宇利大橋が2005年に開通したため、隣の屋我島から車で行ける島となりました。この島の魅力の一つは、美しいエメラルドグリーンの海に架かる古宇利大橋の上を車で駆け抜けられることです。360度青い海に囲まれた中を車で走るのはなんて爽快なことでしょう。この景観の素晴らしさに魅了され、たくさんの観光客がこの小さな島を訪れます。観光客の中に、カップルで訪れる人たちが多いのも特徴です。その訳は、「こうりじま」の語源が「恋島(くいじま)」ではないかという説があり、転じて恋の島と伝えられているためです。また、この島にはアダムとイヴのような神話伝説があり、恋する二人の象徴、パワースポットいうイメージもあります。恋人たちだけのパワースポットだけではなく、島の入り口には美しいビーチがあり、海水浴を楽しんだりシュノーケリングで鮮やかな魚たちを見たりすることもできます。さらに、島の北側にはハートロックという岩もあります。夕暮れ時にはきれいなサンセットにうっとりすることでしょう。宿泊施設や、オシャレなカフェなどもあるので、のんびり南国のリゾートを満喫できること間違いなしです。

綺麗な砂浜と海が見渡せる浜比嘉島でパワーをもらう

波照間島

浜比嘉島は、那覇空港から約1時間半、本島と島を結ぶ浜比嘉大橋を車で渡って行ける人口約530人の小さな島です。かつては船でしか行けなかった浜比嘉島も、大橋ができたので気軽に訪れることができるようになりました。この島の大きな魅力は、手付かずのありのままの自然と、「神の島」とも言われるパワースポットです。アマミチュ(アマミキヨ)とシルミチュ(シネリキヨ)という二人の女と男の神が浜比嘉島に来て、亡くなるまで生活し、沖縄の人達の祖先にあたる子供を設けたという伝説が残っています。島には30以上の拝所があり、神を祀る行事が年中行われているため、まるで島全体がパワースポットのようです。徒歩で拝所をめぐり、島の歴史や成り立ち、人々の生活に根ざした信仰の深さを感じてみてはいかがでしょうか。もちろん浜比嘉島の美しいビーチもぜひ訪れてみたい場所です。石垣や赤瓦の屋根と、昔ながらの雰囲気を色濃く残した浜比嘉島は、本島に近いのに離島らしさを残す島でもあります。本島からちょっと足を伸ばして、離島の人々の生活に根ざした神が息づく島・浜比嘉島を訪れてみませんか。

海を見下ろすパワースポット!今帰仁城跡に行こう

水納島

沖縄本島の北部、本部半島にある今帰仁城跡は、世界遺産にも登録された13世紀頃の王の城跡です。那覇市から車で約1時間半で訪れることができます。正確にいつ誰によって築かれたのかは不明ですが、歴史は13世紀までさかのぼるといわれています。北山王(ほくざんおう)の居城として高台に築かれたこの今帰仁城跡は、広大で広さは4ヘクタールもあります。堅牢な城壁は全長1.5キロにわたり、かつて要塞としての機能を持たせていたことが分かります。標高100メートルの高台にあることから、絶景ポイントとしても知られています。城跡からの海と城壁のコントラストや眺めが素晴らしいのでぜひ訪れてみたい場所です。なぜここがパワースポットとして注目されているのかというと、今帰仁城跡には火神の祠があり、1600年代には今帰仁城跡は御嶽と呼ばれる聖地として精神的拠り所となりました。そのため、広く県内から参拝者が訪れた背景から、今でも多くの人にパワースポットとして訪れられているからです。また、城内にてウェディングを行うことも可能です。歴史ある神聖な城跡で愛を誓うことができるのです。絶景と歴史と神々とが集うパワースポットの今帰仁城跡は、旅行で沖縄本島を訪れたなら立ち寄りたい地の一つと言えるでしょう。

ホテルマハイナウェルネスリゾート

今帰仁城跡近くのホテルはこちら

ホテルマハイナウェルネスリゾート

  • 住所:沖縄県国頭郡本部町山川1456
  • アクセス:那覇空港から車で約100分
  • CHECK IN/OUT:15:00/11:00

このホテルに泊まるプランを見る

」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

記事のジャンル
女子
旅行
海水浴
国内
おすすめ
一人旅
パワースポット
家族
景色
子連れ
離島
ホテル
石垣島
宮古島
久米島
与那国島
与論島
西表島
天気
グルメ
人気記事

右カラム1

沖縄から飛行機でわずか35分のフライトで着いてしまう与論島。鹿児島県の最南端に位置し、奄美群島の一つに含まれているこの島は、まるで奇跡のような透明度の高さを誇る海が最大の魅力…

右カラム2

与論島は、鹿児島県最南端の、海に囲まれた小さな離島です。風景がとにかく綺麗で、海、夕日、星空、どれも感動的な美しさです。与論島では特徴的なイベントやお祭りも開催されています。

右カラム3

癒しの島として知られる与論島。日本とは思えないほどの美しい景色にもかかわらず、観光地化し過ぎていない、ゆったりとした時間が流れる島として独特の魅力を誇っています。鹿児島の奄美…

右カラム4

東洋の真珠と形容され、ヨロンブルーと呼ばれる鮮烈な美しい海を誇る与論島。与論島でマリンスポーツを堪能した後は、おしゃれなカフェや居心地の良い居酒屋で時間を過ごし、一休みするの…

右カラム5

沖縄や沖縄周辺の離島に行く場合、心配なのは天気ではないでしょうか。雨や台風などの悪天候で、予定していたことができなくなってしまうケースもあることを頭に入れて計画を立てましょ…

行先を選択する
本島リゾート
那覇市内
石垣島
小浜島・西表島
竹富島
宮古島
久米島
与那国島・与論島
Copyright (C) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.