ダイビング器材のご案内 | 沖縄ツーリストは格安ツアー・プランをご案内します!

沖縄旅行・ツアー沖縄ダイビングツアー特集>ダイビング器材のご案内

ダイビング器材のご案内

海を楽しむために絶対必要なダイビングの装備をご紹介。

マスク

マスク

目と水の間に空気の層を作り、水中での視界を確保するための器材です。1眼タイプや複眼タイプがあります。視力の弱い人は2眼タイプのマスクで左右のレンズを交換することができます。

シュノーケル

シュノーケル

水面移動に欠かせない物です。マウスピースもサイズがあるので、自分の口の大きさに合わせて選びましょう。

フィン

フィン

フィンには大きく分けて2種類あり、1つはブーツを履いてからストラップで調節するものと、素足でも履けるフルフットタイプがあります。フィンは脚力に合わせて、堅さと材質を選ぶことにより、余計な体力をつかわず快適泳げます。詳しくはインストラクターに相談しましょう。

BCD(ボイランシーコントロールデバイス)

BCD(ボイランシーコントロールデバイス)

水面、水中で浮力のコントロールをする器材です。サイズもさまざまあります。小さすぎると空気を入れると窮屈になり、大きすぎると身体に合わず水中でバランスが取りにくくなりますので、身体にフィットするものを選びましょう。メーカーによって空気に抜き方など違うものもありますので、ダイビング前にチェックしましょう。

レギュレーター・オクトパス

レギュレーター・オクトパス

レギュレーターは、水中で呼吸するための器材。購入時は呼吸しやすいものを選びましょう。オクトパスは、水中で自分のレギュレーターに不具合があったり、一緒に潜っている人に空気を分けてあげるときに使います。使わないことがいいのですが、もしもの為に必ずつけておきましょう。

ゲージ(コンソールゲージ)

ゲージ(コンソールゲージ)

水中での空気の残量を記すものと、深度、コンパスが一体になったものをゲージといいます。空気の残量を水中で頻繁に見るため見やすいものを選びましょう。

ダイブコンピュータ

ダイブコンピュータ

体内に溶け込んだ窒素が気泡化して減圧症にかからないように、潜水時間などを計算してくれる機能がついたものです。水深や潜水時間、水温なども計測し浮上する速度がはやすぎないかを警告してくれます。手首に巻く時計タイプとゲージについているコンソールタイプがあります。

スーツ

スーツ

水中に長い時間いると、体温が奪われるため、スーツを着用します。スーツには大きく分けてウエットスーツとドライスーツがあります。ウエットスーツはスーツと肌の間に水が入り、体温で温められます。ぶかぶかのスーツだと保温効果がありません。選ぶときは身体にフィットするものを選びましょう。生地は伸縮性に優れたものや、起毛したものもあります。生地の厚みも3mmや5mmとさまざまです。ドライスーツはブーツ一体型で、スーツ内には水が入らない優れもの。洋服を着たままスーツを着ることができ、ぬれないので冬場や寒い地域で使用されます。

グローブ

グローブ

保温や手の保護のために使います。 グローブをしているからといって、水中生物を触っていいわけではありませんよ。

ブーツ

ブーツ

ビーチでは、エントリー前の岩場なども滑らず歩くことができます。 ブーツは、フィンを履くために必要な物でもあります。

タンク

タンク

タンクにはスチールタンクとアルミタンクの2種類が現在の主流となっています。金属の比重や厚みが違う為、タンクの種類でウエイトの重さが変わるので気をつけましょう。


ページTOPへ